W


Ww Ww
ラテン文字
  Aa Bb Cc Dd  
Ee Ff Gg Hh Ii Jj
Kk Ll Mm Nn Oo Pp
Qq Rr Ss Tt Uu Vv
  Ww Xx Yy Zz  

Wは、ラテン文字アルファベット)の 23 番目の文字。小文字は w

字形(Vを二重化したもの)はUとともにVに由来する[注釈 1]。形の類似した文字にギリシャ文字ω(オメガ)があるが、全く異なる文字であり、Wは下が尖っているのに対してωは丸い。

英語名ダブリュー(double U)は「二重のU」の意味だが、ロマンス系の言語などでは「二重のV」の名で呼んでいる(下記参照)。 その名のとおり、古英語で使われはじめた二重音字「vv」または「uu」に由来する文字である[注釈 2]

目次

字形


Vを横に2つ連ねた形であり、大文字、小文字同形である。しばしば2つのVを重ねて(左のVの右斜線と右のVの左斜線を交差させて)書く。V同様、筆記体では下部を丸めて書き、右上で折り返す。フラクトゥールは\({\displaystyle {\mathfrak {W\ w}}}\)。

呼称


音価


国際音声記号としては、小文字 [w]有声両唇軟口蓋接近音

言語においてこの文字が表す音価は、

歴史


古代ローマ人の時代のラテン語では、W の文字は存在せず、/w/音素V の文字を使って表記していた。しかし、V の文字は/w/と同時に母音/u/を表しており、さらに英語などのゲルマン語には、元来のラテン語にない/v/の音素があったため、V は一文字で 3 音素を表すことになった。そこで、/w/の音素を表す場合は V を重ねてVVと表記する慣習が生まれ、やがて二つのVが繋がって一つの文字になり、Wとなった。一方で母音の/u/を表すにはVの字の底を丸くしたUを用いるようになり、これが各地域に定着した。さらにドイツ語では /w/ の音素が消滅したため、新しく作られたWの字は/v/の音素を示すようになった。

語頭に /w/ を含むゲルマン語の語彙がロマンス諸語に伝わると、werra→guerra のように /gw/ に変化した。

W の意味


一般的な略語

科学分野

固有名詞

符号位置


大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
W U+0057 1-3-55 W
W
w U+0077 1-3-87 w
w
U+FF37 1-3-55 W
W
U+FF57 1-3-87 w
w
全角
U+24CC Ⓦ
Ⓦ
U+24E6 1-12-55 ⓦ
ⓦ
丸囲み
🄦 U+1F126 🄦
🄦
U+24B2 ⒲
⒲
括弧付き
𝐖 U+1D416 𝐖
𝐖
𝐰 U+1D430 𝐰
𝐰
太字

他の表現法


フォネティックコード モールス符号
Whiskey ・--
信号旗 手旗信号 点字

脚注


[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ さらに言えば、VはYとともにギリシャ文字Υ(ウプシロン)に由来し、キリル文字Уは同系の文字である。Υ(ウプシロン)の別形に由来するFとも同系といえる。
  2. ^ 当時 v と u の峻別は存在しなかったと言ってよく、したがって「vv」と「uu」のどちらであったと定めることも難しい。
  3. ^ ポルトガル語では「dâblio」(ダブリォ)と呼称されることもある。また、ブラジルポルトガル語での呼称は「dáblio」(ダブリォ)である。

出典

  1. ^ 東西で違うどん兵衛の味 ”. 日清食品. 2012年9月17日閲覧。
  2. ^ 三省堂国語辞典第七版、項目「ダブリュー」
  3. ^ a b 「草生える」「大草原不可避」 あなたは「草」ちゃんと生やせてますか? ”. ねとらぼ (2017年10月1日). 2020年3月3日閲覧。

関連項目











カテゴリ: ラテン文字




データム: 06.05.2022 12:39:12 CEST

出典: Wikipedia (著作者 [歴史表示])    ライセンスの: CC-BY-SA-3.0

変化する: すべての写真とそれらに関連するほとんどのデザイン要素が削除されました。 一部のアイコンは画像に置き換えられました。 一部のテンプレートが削除された(「記事の拡張が必要」など)か、割り当てられました(「ハットノート」など)。 スタイルクラスは削除または調和されました。
記事やカテゴリにつながらないウィキペディア固有のリンク(「レッドリンク」、「編集ページへのリンク」、「ポータルへのリンク」など)は削除されました。 すべての外部リンクには追加の画像があります。 デザインのいくつかの小さな変更に加えて、メディアコンテナ、マップ、ナビゲーションボックス、および音声バージョンが削除されました。

ご注意ください: 指定されたコンテンツは指定された時点でウィキペディアから自動的に取得されるため、手動による検証は不可能でした。 したがって、jpwiki は、取得したコンテンツの正確性と現実性を保証するものではありません。現時点で間違っている情報や表示が不正確な情報がある場合は、お気軽に お問い合わせ: Eメール.
を見てみましょう: 法的通知 & 個人情報保護方針.