PK戦 - ja.LinkFang.org

PK戦


PK戦(ピーケーせん)とは、サッカーにおいて、規定の試合時間を終了して決着がつかなかった際に行うものである。英語では公式には "Kicks from the penalty mark" (KFPM)、または "penalty shoot-out" (PSO) と呼ぶ。

大会によって異なるが、主にノックアウトトーナメントなど、勝ち上がりチームを必ず決めなければならない場合に行われる。

この方式が導入される以前は勝負が決まるまで再延長(再々延長)をくり返したり、後日の再試合またはコイントスなどの抽選で勝ち上がりチームを決定していた。

PK戦にまでもつれた試合は、PK戦の結果に関わらず公式記録上は引き分け扱いとなる[1]

目次

進め方


まずコイントスを行い、使用するゴールを選択する(2016年改正以前は選択は主審に一任されていた)。次にもう一度コイントスを行い、トスに勝った主将のチームが先に蹴るか後に蹴るかを決める。主審は行われたキックの記録をつける。下記条件に従って、両チームが5本ずつのキックを行う。

なお、大会によっては1人目からサドンデス方式のPK戦を行うことがある(1991年のコニカカップ1992年のヤマザキナビスコカップなど)。またビーチサッカーのPK戦はしばしば「1人目からサドンデス方式」で行われる(FIFAビーチサッカーワールドカップなど)。フットサルは「3人ずつのシュート」で決着を付ける(同点の場合は4人目からのサドンデス)。

歴史


1970年のワットニー杯、ハル・シティマンチェスター・ユナイテッドの試合において、初めてPK戦が行われ、マンチェスター・ユナイテッドが勝った。初めてのキッカーはジョージ・ベストであった。

主要な国際大会の決勝戦で優勝チームを決めるために、PK戦が初めて導入されたのは、1976年のUEFA欧州選手権1976におけるチェコスロバキア西ドイツの試合であった。5-3でチェコスロバキアが勝利した(2005年12月31日18:20の英語版より、一部翻訳)。

FIFAワールドカップでは1978年大会からPK戦が導入された[2][3]。1978年大会ではPK戦の機会がなく、初めてのPK戦は1982年大会準決勝の西ドイツ対フランス(西ドイツの勝利)だった[2]。なお地区予選では1978年大会アフリカ予選英語版チュニジアモロッコ(チュニジアの勝利)が初めてのPK戦だった。

名称の由来


PKという言葉は「ペナルティーキック (Penalty Kick)」の略称である。これは上述のように、ペナルティーキックと同じ位置および方法によってキックを行うことから来ていると考えられるが、PK戦におけるキックは反則によって与えられるものではないため、正確にはサッカーのルールにおけるPKを行っているわけではない。ルール上ではペナルティーマークからのキック (kicks from the penalty mark) と呼ぶ。

先攻有利説


イギリスの教育・研究機関ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス (LSE) により、以下のような研究結果が発表されている。

研究を主導した教授のイグナシオ・パラシオス・ウエルタは「ポイントを先行されることからくる精神的なプレッシャーが、後に蹴るチームのパフォーマンスに明らかに影響をおよぼしている」と分析している[4]

先攻有利を解消するため、従来の先攻後攻が交互に蹴る方式ではなく、先攻→後攻→後攻→先攻の順番でキックを行う「ABBA方式」でPK戦を行う方法もテストされ[5]、日本では2018年度のスーパーカップ、ルヴァンカップ決勝トーナメント、天皇杯でABBA方式によるPK戦が実施されたが、主要な国際大会では採用されなかったため、2019年には従来の方式に戻された[6]

よく似た趣旨の試合形式


脚注


[脚注の使い方]
  1. ^ ワールドカップの決勝トーナメントなど、ノックアウトトーナメント方式の説明の際、マスメディアが「決勝トーナメントに引き分けはありません、延長、PK戦で必ず決着を付けます。」と説明することがあるが、PK戦になった試合は試合結果としては引き分けになるため、この説明は厳密には誤りである。
  2. ^ a b 勝負の鍵を握るのは11メートルの戦い? W杯におけるPK戦のデータをおさらい ”. サッカーキング (2018年6月30日). 2020年2月18日閲覧。
  3. ^ イングランド、W杯史上初のPK戦勝利。4度目の挑戦で負の歴史に終止符【ロシアW杯】 ”. フットボールチャンネル (2018年7月4日). 2020年2月18日閲覧。
  4. ^ PKは先攻が圧倒的有利、ルール改正を研究機関が提唱(欧州通信) - livedoor スポーツ 欧州通信 2010年12月17日
  5. ^ ゲキサカ FUJIゼロックススーパーカップ特集ページ
  6. ^ JFA評議員会・理事会|2019度 第2回理事会 (19.02.07)報告事項

関連項目











カテゴリ: サッカーのルール




データム: 14.03.2021 06:57:36 CET

出典: Wikipedia (著作者 [歴史表示])    ライセンスの: CC-by-sa-3.0

変化する: すべての写真とそれらに関連するほとんどのデザイン要素が削除されました。 一部のアイコンは画像に置き換えられました。 一部のテンプレートが削除された(「記事の拡張が必要」など)か、割り当てられました(「ハットノート」など)。 スタイルクラスは削除または調和されました。
記事やカテゴリにつながらないウィキペディア固有のリンク(「レッドリンク」、「編集ページへのリンク」、「ポータルへのリンク」など)は削除されました。 すべての外部リンクには追加の画像があります。 デザインのいくつかの小さな変更に加えて、メディアコンテナ、マップ、ナビゲーションボックス、および音声バージョンが削除されました。

ご注意ください: 指定されたコンテンツは指定された時点でウィキペディアから自動的に取得されるため、手動による検証は不可能でした。 したがって、jpwiki は、取得したコンテンツの正確性と現実性を保証するものではありません。現時点で間違っている情報や表示が不正確な情報がある場合は、お気軽に お問い合わせ: Eメール.
を見てみましょう: 法的通知 & 個人情報保護方針.