C


Cc Cc
ラテン文字
  Aa Bb Cc Dd  
Ee Ff Gg Hh Ii Jj
Kk Ll Mm Nn Oo Pp
Qq Rr Ss Tt Uu Vv
  Ww Xx Yy Zz  

Cは、ラテン文字アルファベット)の3番目の文字。小文字は cギリシア文字Γ(ガンマ)に由来し、キリル文字Гは同系である。

キリル文字のСは別字で、ラテン文字のSに相当する文字である。

目次

字形


大文字、小文字とも半円形ないし不完全な円である。

フラクトゥールでは\({\displaystyle {\mathfrak {C\ c}}}\)のようである。

歴史


ギリシア文字のΓ(ガンマ)が「く」の字の角度で書かれたものを丸めた形に由来する[1]古ラテン語期には /k/ 音および /g/ 音の双方をこの文字で表していたが、のちにやや変形した G が別文字として分化し /g/ 音を担うようになるとともに、C はもっぱら /k/ を表すようになった。

ラテン語期を経て俗ラテン語期に入ると前舌母音の前に位置する場合に限り軟音化が進んだ(音価節参照)。

いっぽうラテン文字を使う西/南スラブ系の言語などでは C を [ts] と発音する用法が発達した。19世紀にサンスクリットの研究が進むと、サンスクリットの持つ子音 [c] および [cʰ] (いずれも日本語のチャ行に近い音)を( ch および chh ではなく)c および ch で表すことが定着し、c を常にこのような音価に用いる用法は、後にはインドネシア語の正書法などに受け継がれた。

呼称


音価


現代では多くの言語の正書法や音標記号などにおいて用いられるが、その流儀は大きく2つに分類できる。

Cの置かれた位置によって2種類の音を表す正書法

元々のラテン語c は常に [k] で発音されるものだった[2]が、俗ラテン語時代になると転訛しはじめ、c の直後に“前舌母音”( e · i · y · æ )が来る場合に限り、その影響を受けて、c[c]「ティ」と「キ」の間のような子音)や [ʧ]「チャチュチョ」のような子音)で発音するようになった。これを軟音化と呼ぶ。 [k]と発音するのを「固い (hard) c」、摩擦音 (/s/) や破擦音で発音するのを「柔らかい (soft) c」と呼ぶ (en:Hard and soft C)。

時代が下りロマンス諸語が分化するにつれ、この音はさらに多様な音へと分化した。現在のロマンス諸語の正書法は、こうした自然の音変化を受け継いだものである。また、フランス語の影響を大きく受けた英語でも、同様の読み方をする[3]

どの言語においても、a · o · u · l · r などの前の c はラテン語時代と変わらない [k] 音を保っている[5]。 また、フランス語やルーマニア語などでは語末に c を置く単語がいくらかあり、これらも [k] で発音する[6]

(例) フランス語: lac [ラック] 「湖」、ルーマニア語: bec [ベック] 「電球」

英仏語のCとヨーロッパの言語

上記以外のヨーロッパ圏の言語では c をこのように使い分けることはないが、ラテン語やフランス語、英語などから c を含む単語を借用する場合、e · i · y ( · ä [7] ) の前の cz, c, s などに、a · o · u · l · r の前の ck に、それぞれ置き換えて用いるのが伝統的であった。一例を挙げれば:

いずれも英語やフランス語の concert 「コンサート、演奏会」の借用で、各言語の規則にしたがって字を置き換えたものである。

ベトナム語

ベトナム語の正書法「クオック・グー」では c はつねに [k] を表すが、その位置は a, o, u などの前[8]や音節末[9]に限られる。 その他の場所では [k] 音に kq を用いる。 わかりやすく言うと、ka, kê, ki, kô, ku, kwôk などと書けば済みそうなところ、わざわざ cq を持ち込んで、ca, kê, ky, cô, cu, quôc などと表記するルールだが、もともとクオック・グーはフランス人宣教師によって考案されたものであり、考案の際にロマンス諸語的な表記法を大いに参考にしたことがこうした部分にもよく表れているといえる。

Cの位置にかかわらず破擦音などを表す用法

正書法

その他

記号付き文字、多重音字などについて

Cの意味


学術的な記号・単位

その他の記号

商品名・作品名

符号位置


大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
C U+0043 1-3-35 C
C
c U+0063 1-3-67 c
c
半角
U+FF23 1-3-35 C
C
U+FF43 1-3-67 c
c
全角
U+24B8 Ⓒ
Ⓒ
U+24D2 1-12-35 ⓒ
ⓒ
丸囲み
🄒 U+1F112 🄒
🄒
U+249E ⒞
⒞
括弧付き
𝐂 U+1D402 𝐂
𝐂
𝐜 U+1D41C 𝐜
𝐜
太字
𝐶 U+1D436 𝐶
𝐶
𝑐 U+1D450 𝑐
𝑐
イタリック体
𝑪 U+1D46A 𝑪
𝑪
𝒄 U+1D484 𝒄
𝒄
イタリック体太字
𝒞 U+1D49E 𝒞
𝒞
𝒸 U+1D4B8 𝒸
𝒸
筆記体
𝓒 U+1D4D2 𝓒
𝓒
𝓬 U+1D4EC 𝓬
𝓬
筆記体太字
U+212D ℭ
ℭ
𝔠 U+1D520 𝔠
𝔠
フラクトゥール
U+2102 ℂ
ℂ
𝕔 U+1D554 𝕔
𝕔
黒板太字
𝕮 U+1D56E 𝕮
𝕮
𝖈 U+1D588 𝖈
𝖈
フラクトゥール太字
𝖢 U+1D5A2 𝖢
𝖢
𝖼 U+1D5BC 𝖼
𝖼
サンセリフ
𝗖 U+1D5D6 𝗖
𝗖
𝗰 U+1D5F0 𝗰
𝗰
サンセリフ太字
𝘊 U+1D60A 𝘊
𝘊
𝘤 U+1D624 𝘤
𝘤
サンセリフイタリック
𝘾 U+1D63E 𝘾
𝘾
𝙘 U+1D658 𝙘
𝙘
サンセリフイタリック太字
𝙲 U+1D672 𝙲
𝙲
𝚌 U+1D68C 𝚌
𝚌
等幅フォント
U+216D 1-3-35 Ⅽ
Ⅽ
U+217D 1-3-67 ⅽ
ⅽ
ローマ数字100
記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+1D04 ᴄ
ᴄ
LATIN LETTER SMALL CAPITAL C
U+1D9C ᶜ
ᶜ
MODIFIER LETTER SMALL C
🄲 U+1F132 🄲
🄲
SQUARED LATIN CAPITAL LETTER C
🅒 U+1F152 🅒
🅒
NEGATIVE CIRCLED LATIN CAPITAL LETTER C
🅲 U+1F172 🅲
🅲
NEGATIVE SQUARED LATIN CAPITAL LETTER C
🄫 U+1F12B 🄫
🄫
CIRCLED ITALIC LATIN CAPITAL LETTER C

他の表現法


フォネティックコード モールス符号
Charlie -・-・
信号旗 手旗信号 点字

関連項目


脚注


[脚注の使い方]
  1. ^ ギリシア文字のΓは元々様々な角度で書かれていた。
  2. ^ ただし、G が発明されるより前の最初期のラテン語では、[k · g] の両音兼用だった。
  3. ^ オランダ語も同様。ただしラテン語やフランス語由来の語彙自体が英語よりはずっと少ない。
  4. ^ a b c フランス語・英語以外では cy の組み合わせは稀。
  5. ^ ただし cl の組み合わせは言語によって変形を被っていることが多い。例: ラテン語: clavis 「鍵」 [クラウィス] > フランス語: clé [クレ] / イタリア語: chiave [キァーヴェ] / スペイン語: llave [リャベ] / ポルトガル語: chave [シャヴィ]
  6. ^ フランス語では無音の場合もある。 (例) blanc [ブラン] 「白い」。
  7. ^ ドイツ語ではラテン語の æä に置き換える。
  8. ^ 正確には、a · o · ô · u · ơ · ư · ă · â の前。
  9. ^ 正確には音節末では若干違った音になる。









カテゴリ: ラテン文字




データム: 12.05.2022 10:04:49 CEST

出典: Wikipedia (著作者 [歴史表示])    ライセンスの: CC-BY-SA-3.0

変化する: すべての写真とそれらに関連するほとんどのデザイン要素が削除されました。 一部のアイコンは画像に置き換えられました。 一部のテンプレートが削除された(「記事の拡張が必要」など)か、割り当てられました(「ハットノート」など)。 スタイルクラスは削除または調和されました。
記事やカテゴリにつながらないウィキペディア固有のリンク(「レッドリンク」、「編集ページへのリンク」、「ポータルへのリンク」など)は削除されました。 すべての外部リンクには追加の画像があります。 デザインのいくつかの小さな変更に加えて、メディアコンテナ、マップ、ナビゲーションボックス、および音声バージョンが削除されました。

ご注意ください: 指定されたコンテンツは指定された時点でウィキペディアから自動的に取得されるため、手動による検証は不可能でした。 したがって、jpwiki は、取得したコンテンツの正確性と現実性を保証するものではありません。現時点で間違っている情報や表示が不正確な情報がある場合は、お気軽に お問い合わせ: Eメール.
を見てみましょう: 法的通知 & 個人情報保護方針.