AFCチャンピオンズリーグ


AFCチャンピオンズリーグ
AFC Champions League
開始年 1967年
主催 AFC
地域 アジア
参加チーム数 32
前回優勝 蔚山現代
(2回目)
最多優勝 アル・ヒラル
浦項スティーラース
(3回)
サイト 公式サイト(英語)
テンプレートを表示

AFCチャンピオンズリーグ: AFC Champions League)は、国際サッカー連盟(FIFA)が主管し、アジアサッカー連盟(AFC)が主催する、クラブチームによるサッカーの大陸選手権大会である。略称はACL。 大抵は年度を付加して“AFCチャンピオンズリーグ [年度]”(: AFC CHAMPIONS LEAGUE [year])などのように呼称される。記事によっては、“アジアチャンピオンズリーグ(Asian Champions League)“と表記されている。ここでは同大会の前身の一つでもあるアジアクラブ選手権についても記述する。

アジアのクラブチームにとっては最も権威のある大会であり、本大会に優勝したクラブには400万USドルの賞金と勝利ボーナスなどが贈られると同時にFIFAクラブワールドカップへの出場権が与えられる[1]

目次

概要


各国・地域に割り当てられた枠内で、それぞれのリーグ戦またはカップ戦の上位チーム(クラブ)が出場する。

1967年12月にアジアチャンピオンクラブズトーナメント: Asian Champion Clubs Tournament、当時の朝日新聞紙面では「アジア・チャンピオン・チーム選手権大会」と紹介[2])として第1回大会が開かれ[3]、以後1969年1月、1970年4月、1971年4月と4度開催された[3] 大会が前身であり、14年の中断期間を経て1985-86年にアジアクラブ選手権: Asian Club Championship)として再開された[3]

その後、2002年にアジアの実力ナンバー1クラブを決定する事を目的[4] に、これまで開催されていたアジアクラブ選手権、アジアカップウィナーズカップアジアスーパーカップの3大会を発展的に解消して発足[4] したのがAFCチャンピオンズリーグである。またAFCチャンピオンズリーグの下位の大会として、2004年よりAFCカップが、2005年よりAFCプレジデンツカップが開始されている。

ACLとして衣替えをした第1回大会は、SARS問題やイラク戦争の影響もあって決勝戦が当初予定から半年延期されたが、アル・アイン(UAE)がBECテロ・サーサナ(タイ)を得失点差の末に下して記念すべき初代王者の座を獲得している。

大会のテーマ曲と言うべきアンセムも存在しており、2010年に一新された。ただし、入場曲はFIFA公式戦同様「FIFA Anthem」を使用する例が多い(近年はACLアンセム使用例が多くなっている)。

2014年大会より、前年大会覇者にチャンピオンエンブレムが着用された (2014年大会で広州恒大が着用していたものと2015年大会でウェスタン・シドニーが着用していたものは形が異なっている)。

開催方式


出場条件

出場枠の基本

2017年-2020年の制度に基づく[5]

出場枠の変遷

2002-03年大会
2004年大会から2008年大会まで
2009年大会から2011年大会まで

インド、シンガポールは2008年度までのACLに参戦しておらず、新規の参戦となる。またタイ、ベトナムは1〜2枠から実質0.25枠へと大きく減枠されることとなった。これらの国々はそれまでのACLでの実績の有無にかかわらず、リーグ運営の点において問題点が多いとAFCに指摘されている。また、イラククウェートシリアは直接の出場枠がなくなった(出場のためにはAFCカップを勝ち抜かなければいけない)。

ACLへの出場を満たす条件として、「アジアにおいて一定の実力を有すること」、「国内リーグがプロリーグであること」、「昇降格制度があること(韓国Kリーグはこの制度が有名無実化していたことから、AFCから昇降制導入を勧告されている)」などが挙げられる。これを満たさない国は、出場枠が大幅に少なく、満たせていれば一定の出場枠が与えられるといえる。その例として、2008年のカタールの出場枠が増加したことも、カタールの国内リーグがプロ化を行った結果である。

2012年大会から2014年大会まで
2015年大会以降
2021年大会以降(予定)

その他の変更

対戦方式

2002-03年大会
  • グループステージは4チームずつ4組(東アジア・西アジア2組ずつ)に分かれ、集中開催方式で行われた。各組1位のチームがノックアウトステージへ進出。
  • ノックアウトステージは4チームによるホーム・アンド・アウェー(H&A)方式で行われた。
2004年大会 - 2008年大会
  • 28チームを東部と西部に分けてグループステージを実施。東部地区(東アジア・東南アジア地域)では12チームを3グループに、西部地区(中央アジア・西アジア・中東地域)では16チームを4グループにそれぞれ抽選によって振り分けた。それぞれのグループでH&Aによる総当たり戦を行い、各組1位がノックアウトステージへ進出。
  • ノックアウトステージでは、各組1位の7チームに前回の優勝チームを加え、決勝まで一貫してH&Aでのトーナメント方式で行われる。
2009年大会・2010年大会
  • グループステージは東アジアが1組増(全8グループ)となった。また、各組上位2チームの計16チームがノックアウトステージに進出することとなった。
  • ノックアウトステージ1回戦(ラウンド16)はグループステージ各組1位チームのホームでの一発勝負、準々決勝から東西を混合して行う。準々決勝と準決勝は従来通りホーム・アンド・アウェー方式で、決勝は中立地での一発勝負となる。
2011年大会・2012年大会
  • 基本的に2010年までと同様だが、決勝戦は準々決勝以降の抽選時にあらかじめ指定したトーナメント表の「山」側から決勝に進出したクラブのホームで一発勝負となった。
2013年大会
  • ノックアウトステージ1回戦(ラウンド16)が東西別にグループステージ各組1位対別組2位のホーム・アンド・アウェー方式に変更され、決勝戦もホーム・アンド・アウェー方式となった。
2014年大会 - 2020年大会
  • 準決勝までが東西地域別で行われ、それぞれの準決勝勝利クラブ同士によって決勝戦を争う方式となった。(全試合ホームアンドアウェーは変更なし)
2021年大会(予定)
  • グループステージ出場チームが40に拡大されることに伴い、グループステージは東西地域ごとで4チーム×5グループとし、ノックアウトステージには東西地域ごとで「各組1位チーム(5チーム)と、各組2位チームのうち成績上位3チーム」が進出する。準決勝までが東西地域別で行われることは従来通り。[9]
  • 当初は従来通り、全試合をホームアンドアウェーで実施する予定であった[9] ものの、2021年については新型コロナウイルス感染症の世界的流行の影響による日程・開催方式調整の結果、グループステージは集中開催とすること、ノックアウトステージのうちラウンド16と準々決勝は1試合勝負とすることが決定された[10][11]

結果


年度 優勝 結果 準優勝 会場
アジアクラブ選手権
1967 ハポエル・テルアビブ 2 - 1 セランゴール スパチャラサイ国立競技場バンコク
1969 マッカビ・テルアビブ 1 - 0 aet 陽地 スパチャラサイ国立競技場バンコク
1970 タージ 2 - 1 ハポエル・テルアビブ シャヒード・シロウディ(テヘラン
1971 マッカビ・テルアビブ 不戦勝 アル・ショルタ スパチャラサイ国立競技場バンコク
1985-86 大宇ロイヤルズ 3 - 1 アル・アハリ アブドゥッラー・アル・ファイサルジッダ
1986 古河電工 (RR) アル・ヒラル -
1987 読売クラブ 不戦勝 アル・ヒラル -
1988-89 アル・サッド 2 - 3 AG
1 - 0 AG
アル・ラシード アル・カルフ(バグダード
ジャシム・ビン・ハマドドーハ
1989-90 遼寧東葯 2 - 1
1 - 1
日産自動車 三ツ沢公園球技場横浜
瀋陽五里河体育場瀋陽
1990-91 エステグラル 2 - 1 遼寧東葯 バンガバンドゥダッカ
1991 アル・ヒラル 1 - 1 aet
(PK 4 - 3)
エステグラル ハリーファ国際ドーハ
1992-93 パース 1 - 0 アル・シャバブ アル・アハリ(バーレーン
1993-94 タイ・ファーマーズ・バンク 2 - 1 オマーン・クラブ スパチャラサイ国立競技場バンコク
1994-95 タイ・ファーマーズ・バンク 2 - 1 アル・アラビ スパチャラサイ国立競技場バンコク
1995 一和天馬 1 - 0 aet アル・ナスル キング・ファハドリヤド
1996-97 浦項スティーラース 2 - 1 GG 天安一和天馬 ブキット・ジャリル国立競技場クアラルンプール
1997-98 浦項スティーラース 0 - 0 aet
(PK 6 - 5)
大連万達 香港スタジアム香港
1998-99 ジュビロ磐田 2 - 1 エステグラル アザディテヘラン
1999-00 アル・ヒラル 3 - 2 GG ジュビロ磐田 キング・ファハドリヤド
2000-01 水原三星ブルーウィングス 1 - 0 ジュビロ磐田 水原ワールドカップ競技場水原
2001-02 水原三星ブルーウィングス 0 - 0 aet
(PK 4 - 2)
安養LGチータース アザディテヘラン
AFCチャンピオンズリーグ
2002-03 アル・アイン 2 - 0
0 - 1
BECテロ・サーサナ タハヌーン・ビン・モハメドアル・アイン
ラジャマンガラバンコク
2004 アル・イテハド 1 - 3
5 - 0
城南一和天馬 アブドゥッラー・アル・ファイサルジッダ
炭川総合運動場城南
2005 アル・イテハド 1 - 1
4 - 2
アル・アイン タハヌーン・ビン・モハメドアル・アイン
アブドゥッラー・アル・ファイサルジッダ
2006 全北現代モータース 2 - 0
1 - 2
アル・カラーマ 全州ワールドカップ競技場全州
ハーリド・イブン・アル・ワリードホムス
2007 浦和レッズ 1 - 1
2 - 0
セパハン フーラッドシャフルエスファハーン
埼玉スタジアムさいたま
2008 ガンバ大阪 3 - 0
2 - 0
アデレード・ユナイテッド 万博記念競技場吹田
ハインドマーシュアデレード
2009 浦項スティーラース 2 - 1 アル・イテハド 国立霞ヶ丘競技場東京
2010 城南一和天馬 3 - 1 ゾブ・アハン 国立霞ヶ丘競技場東京
2011 アル・サッド 2 - 2 aet
(PK 4 - 2)
全北現代モータース 全州ワールドカップ競技場全州
2012 蔚山現代 3 - 0 アル・アハリ 蔚山文殊サッカー競技場蔚山
2013 広州恒大 2 - 2 AG
1 - 1 AG
FCソウル ソウルワールドカップ競技場ソウル
天河体育中心体育場広州
2014 ウェスタン・シドニー 1 - 0
0 - 0
アル・ヒラル パラマタ・スタジアムパラマタ
キング・ファハドリヤド
2015 広州恒大 0 - 0
1 - 0
アル・アハリ アール・ラーシド・スタジアムドバイ
天河体育中心体育場広州
2016 全北現代モータース 2 - 1
1 - 1
アル・アイン 全州ワールドカップ競技場全州
ハッザーア・ビン・ザーイドアル・アイン
2017 浦和レッズ 1 - 1
1 - 0
アル・ヒラル キング・ファハドリヤド
埼玉スタジアムさいたま
2018 鹿島アントラーズ 2 - 0
0 - 0
ペルセポリス 県立カシマサッカースタジアム鹿嶋
アザディテヘラン
2019 アル・ヒラル 1 - 0
2 - 0
浦和レッズ キングサウード大学スタジアムリヤド
埼玉スタジアムさいたま
2020 蔚山現代 2 - 1 ペルセポリス アル・ジャヌーブアル=ワクラ

統計


クラブ別成績

クラブ名 優勝年度 準優勝年度
アル・ヒラル 3 4 1992,2000,2019 1987,1988,2014,2017
浦項スティーラース 3 0 1997,1998,2009
エステグラル 2 2 1970,1991 1992,1999
城南FC 2 2 1996,2010 1997,2004
アル・イテハド 2 1 2004,2005 2009
全北現代モータース 2 1 2006,2016 2011
浦和レッズ 2 1 2007,2017 2019
マッカビ・テルアビブ 2 0 1969,1971
アル・サッド 2 0 1989,2011
タイ・ファーマーズ・バンク 2 0 1994,1995
水原三星ブルーウィングス 2 0 2001,2002
蔚山現代 2 0 2012,2020
広州FC 2 0 2013,2015
ジュビロ磐田 1 2 1999 2000,2001
アル・アイン 1 2 2003 2005,2016
ハポエル・テルアビブ 1 1 1967 1970
遼寧宏運 1 1 1990 1991
釜山アイパーク 1 0 1986
古河電工 1 0 1987
読売クラブ 1 0 1988
パース 1 0 1993
ガンバ大阪 1 0 2008
ウェスタン・シドニー 1 0 2014
鹿島アントラーズ 1 0 2018
アル・アハリ 0 2 1986,2012
FCソウル 0 2 2002,2013
ペルセポリス 0 2 2018,2020
セランゴール 0 1 1967
陽地 0 1 1969
アル・ショルタ 0 1 1971
アル・カルフ 0 1 1989
日産自動車 0 1 1990
アル・シャバブ 0 1 1993
オマーン・クラブ 0 1 1994
アル・アラビ 0 1 1995
アル・ナスル 0 1 1996
大連実徳 0 1 1998
BECテロ・サーサナ 0 1 2003
アル・カラーマ 0 1 2006
セパハン 0 1 2007
アデレード・ユナイテッド 0 1 2008
ゾブ・アハン 0 1 2010
アル・アハリ 0 1 2015

注1:前身のアジアクラブ選手権時代も含む。
注2:優勝年度及び準優勝年度は、優勝が決定した年を並べている。例えば、1985-86年度王者は1986年としている。
注3:斜数字はアジアクラブ選手権時代の年度。

クラブ所在国別成績

国・地域名
韓国 12 6
日本 7 4
サウジアラビア 5 9
イラン 3 6
中国 3 2
イスラエル 3 1
カタール 2 1
タイ 2 1
アラブ首長国連邦 1 3
オーストラリア 1 1
イラク 0 2
マレーシア 0 1
オマーン 0 1
シリア 0 1

注:前身のアジアクラブ選手権時代も含む。

表彰


大会最優秀選手

年度 選手 所属クラブ
2007 永井雄一郎 浦和レッズ
2008 遠藤保仁 ガンバ大阪
2009 盧炳俊 浦項スティーラース
2010 サーシャ・オグネノヴスキ 城南一和天馬
2011 李東国 全北現代モータース
2012 李根鎬 蔚山現代
2013 ムリキ 広州恒大
2014 アンテ・コヴィッチ ウェスタン・シドニー
2015 リカルド・グラール 広州恒大
2016 オマル・アブドゥッラフマーン アル・アイン
2017 柏木陽介 浦和レッズ
2018 鈴木優磨 鹿島アントラーズ
2019 バフェティンビ・ゴミス アル・ヒラル
2020 尹ビッカラム 蔚山現代

得点王

年度 選手 所属クラブ 得点数
2003 郝海東 大連実徳 9
2004 金度勲 城南一和天馬 9
2005 モハメド・カロン アル・イテハド 6
2006 マグノ・アウベス ガンバ大阪 8
2007 モタ 城南一和天馬 7
2008 ナンタワット・タエンソパ クルン・タイ・バンク 9
2009 レアンドロ ガンバ大阪 10
2010 ジョゼ・モタ 水原三星ブルーウィングス 9
2011 李東国 全北現代モータース 9
2012 リカルド・オリヴェイラ アル・ジャジーラ 12
2013 ムリキ 広州恒大 13
2014 アサモア・ギャン アル・アイン 12
2015 リカルド・グラール 広州恒大 8
2016 アドリアーノ FCソウル 13
2017 オマル・フリービーン アル・ヒラル 10
2018 バグダード・ブーンジャー アル・サッド 13
2019 バフェティンビ・ゴミス アル・ヒラル 11
2020 アブデルラザク・ハムダラー アル・ナスル 7

フェアプレー賞

年度 受賞クラブ
2007 浦和レッズ
2008 ガンバ大阪
2009 浦項スティーラース
2010 城南一和天馬
2011 全北現代モータース
2012 蔚山現代
2013 FCソウル
2014 アル・ヒラル
2015 広州恒大
2016 アル・アイン
2017 浦和レッズ
2018 ペルセポリス
2019 浦和レッズ
2020 蔚山現代

日本の出場クラブ


日本での中継


民放での中継

NHKでの中継

インターネット配信

協賛企業


オフィシャルグローバルパートナー

オフィシャルグローバルサプライヤー

脚注


  1. ^ プロ野球日本シリーズに巨人が出場し、放送前日に第6戦を放送することとなり、さらに延長となった場合は時差放送となる可能性があった(実際には巨人未出場)。
  2. ^ 2009年の回は日本から出場している4チームの代表者1名ずつ(鹿島・大岩剛、川崎・寺田周平、名古屋・小川佳純、G大阪・播戸竜二)が自ら戦った試合を、NHK地元各局のアナウンサーを聞き手役にしたインタビューという形で解説した。進行はスポーツキャスターの山岸舞彩が務めた。
  3. ^ 2010年の回は前半でG大阪・平井将生宇佐美貴史、広島・槙野智章西川周作が自ら出場した試合を解説(聞き手はそれぞれ地元のNHKアナウンサー)したものを含めた日本勢の振り返り、後半はノックアウトステージの戦いについて早野宏史小島伸幸杉澤僚アナウンサーの解説で紹介したものだった。なお進行は前年に続き山岸が担当。

出典


  1. ^ http://www.the-afc.com/competitions/afc-champions-league/latest/news/afc-increases-prize-money-for-2018-club-competitions
  2. ^ “日本から東洋工業”. 朝日新聞. (1968年12月18日) 
  3. ^ a b c 『J.LEAGUE YEARBOOK 1999』トランスアート、1999年、292頁。ISBN 4-88752-099-9。
  4. ^ a b 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2003』NTT出版、2003年、32-35頁。ISBN 4-7571-8134-5。
  5. ^ “Entry Manual: AFC Club Competitions 2017-2020” (プレスリリース), AFC, http://res.cloudinary.com/deltatreafcprod/image/upload/gvwuaoq7r4jwg7bobcdp.pdf 2018年1月3日閲覧。 (第12節を参照)
  6. ^ More Member Associations to benefit from inclusive AFC Champions League ”. アジアサッカー連盟 (2019年11月23日). 2019年12月9日閲覧。
  7. ^ List of Licensed Clubs for the 2018 AFC Champions League ”. アジアサッカー連盟. 2018年10月17日閲覧。
  8. ^ ACLルール厳格化 川崎F等々力1階席は無観客に (日刊スポーツ)
  9. ^ a b COMPETITION REGULATIONS AFC CHAMPIONS LEAGUE 2021 ”. アジアサッカー連盟. 2021年1月28日閲覧。(第2章第8節・第9節を参照)
  10. ^ AFC Club Competitions' Group Stages to be played in centralised venues ”. アジアサッカー連盟 (2021年1月25日). 2021年1月28日閲覧。
  11. ^ ACLの日程が発表!グループステージなどは集中開催に。C大阪が出場のプレーオフは4月14日に決定! ”. サッカーダイジェストWeb. 日本スポーツ企画出版社 (2021年1月26日). 2021年1月28日閲覧。
  12. ^ プレスリリース サッカーAFCチャンピオンズリーグ放送権(地上波・衛星波)新規獲得 2012年11月12日閲覧。
  13. ^ a b c d 日本テレビ アジアチャンピオンズリーグ 2013年2月24日閲覧。
  14. ^ BS日テレ サッカー・フットサル放送スケジュール 2013年2月19日閲覧
  15. ^ 日テレG+ 2013 AFCチャンピオンズリーグ 2013年2月19日閲覧。
  16. ^ 日テレプラス 2013 AFCチャンピオンズリーグ 2013年2月19日閲覧
  17. ^ アジア最強クラブを決める戦い さらなる日本サッカーの強化・発展に向けた新コンテンツ! AFCチャンピオンズリーグ 独占放映権獲得 2021年より8シーズンの独占契約を締結 DAZN JAPAN 2021年6月18日
  18. ^ 「DAZN」が2021年から8シーズン分のACL独占放映権を獲得、今月22日から日本勢4クラブがGLに臨む ゲキサカ 2021年6月18日

関連項目


外部リンク











カテゴリ: AFCチャンピオンズリーグ | AFCサッカー大会 | クラブによる国際サッカー大会 | 1967年開始のスポーツイベント




データム: 26.07.2021 11:22:08 CEST

出典: Wikipedia (著作者 [歴史表示])    ライセンスの: CC-BY-SA-3.0

変化する: すべての写真とそれらに関連するほとんどのデザイン要素が削除されました。 一部のアイコンは画像に置き換えられました。 一部のテンプレートが削除された(「記事の拡張が必要」など)か、割り当てられました(「ハットノート」など)。 スタイルクラスは削除または調和されました。
記事やカテゴリにつながらないウィキペディア固有のリンク(「レッドリンク」、「編集ページへのリンク」、「ポータルへのリンク」など)は削除されました。 すべての外部リンクには追加の画像があります。 デザインのいくつかの小さな変更に加えて、メディアコンテナ、マップ、ナビゲーションボックス、および音声バージョンが削除されました。

ご注意ください: 指定されたコンテンツは指定された時点でウィキペディアから自動的に取得されるため、手動による検証は不可能でした。 したがって、jpwiki は、取得したコンテンツの正確性と現実性を保証するものではありません。現時点で間違っている情報や表示が不正確な情報がある場合は、お気軽に お問い合わせ: Eメール.
を見てみましょう: 法的通知 & 個人情報保護方針.