高知市


こうちし
高知市
高知市旗 高知市章
1920年2月15日制定
日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 高知県
市町村コード 39201-4
法人番号 7000020392014
面積 309.00km2
総人口 324,848[編集]
推計人口、2021年5月1日)
人口密度 1,051人/km2
隣接自治体 南国市土佐市土佐郡土佐町吾川郡いの町
市の木 センダン
市の花 トサミズキ
市の鳥 セグロセキレイ
高知市役所
市長
[編集]
岡﨑誠也
所在地

780-8571
高知県高知市本町五丁目1番45号
北緯33度33分31.8秒東経133度31分52.4秒


外部リンク 公式ウェブサイト (日本語)

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示 ウィキプロジェクト

高知市(こうちし)は、高知県の中部に位置する。高知県の県庁所在地で、中核市に指定されている。

土佐郡長岡郡吾川郡

目次

概要


長宗我部元親の大高坂山城改城に端を発し、山内一豊の入府以来土佐藩城下町として発展した都市である。

高知県中部の中心都市であると同時に、四国太平洋側の中心都市ともなっている。県内最大の商業地を持つと同時に、県内の人口の47.4%を占めるプライメイトシティ(一極集中型都市)でもある。戦後の昭和の大合併までは県内唯一の市であった。昭和の大合併が始まる1953年の時点で、市制を施行した市の数が1つしか存在しない県は高知県が唯一であった。

国内では、類の消費量が多い都市の一つ。名物にはカツオたたきよさこい鳴子踊りなどがある。高知市民の気風とされている要素は、女性はちきん(八金: 「『男4人分』より強い」とも言われる、勝気な女衆)、男性いごっそう(偉骨相: 頑固者。ただし敬意の念も含まれる)などである。

日曜市を初めとする定期(いわゆる「街路市」。開催場所、形態や運営方法は異なるものの、月曜日を除く毎日、市内で開かれている)が有名であり、「スローライフ」志向が強いとする見方もある。1998年(平成10年)に市の中心部に開設された「ひろめ市場」は、地元資本が運営しており、コンパクトな造りに比して多様な店舗(飲食店、食料品店が多い)の利用を楽しむことができるため、休日を中心に市内外からの来店者で賑わっている。

地名の由来

高知城の周辺は、鏡川などの川に挟まれた地形であった。 このため、高知城は当初、「河中山城」(こうちやまじょう)と呼ばれていたが、 音を借りて「高智山城」と改め、やがてこれが略されて「高知城」となった。

地理


高知平野の西部に位置し、平野部は鏡川沿いの市中央部から南東部に開けている。市の南西部は丘陵地で北部は山林である。南部は太平洋に臨み、市のほぼ中央付近に浦戸湾が切れ込んでいる。

地形

山地

主な山

河川

主な川

湖沼

主な湖
主な池

気候

典型的な太平洋側気候に属し、年中温暖多雨かつ多照な気候様式である。日本の都道府県庁所在地の中で最も降水量が多く、日照時間も2位である。気象台のある高知市街は三方を山に囲まれている(南側は一部浦戸湾)ために、内陸の気候様式である。冬は晴天が続き、降雪はまれである。地形の影響で放射冷却が強くなるために朝晩の冷え込みが厳しいが、よく晴れるために日中は暖かくなる。夏は梅雨や台風、太平洋高気圧の季節風などの影響で雨が多い。

高知 (1981-2010)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C°F 23.5
(74.3)
25.2
(77.4)
26.3
(79.3)
30.0
(86)
32.3
(90.1)
34.7
(94.5)
38.3
(100.9)
38.4
(101.1)
36.9
(98.4)
32.2
(90)
28.0
(82.4)
23.5
(74.3)
38.4
(101.1)
平均最高気温 °C°F 11.9
(53.4)
12.9
(55.2)
15.9
(60.6)
20.8
(69.4)
24.4
(75.9)
27.0
(80.6)
30.7
(87.3)
31.9
(89.4)
29.3
(84.7)
24.5
(76.1)
19.3
(66.7)
14.3
(57.7)
21.9
(71.4)
日平均気温 °C°F 6.3
(43.3)
7.5
(45.5)
10.8
(51.4)
15.6
(60.1)
19.7
(67.5)
22.9
(73.2)
26.7
(80.1)
27.5
(81.5)
24.7
(76.5)
19.3
(66.7)
13.8
(56.8)
8.5
(47.3)
17.0
(62.6)
平均最低気温 °C°F 1.6
(34.9)
2.7
(36.9)
6.0
(42.8)
10.7
(51.3)
15.2
(59.4)
19.4
(66.9)
23.5
(74.3)
24.0
(75.2)
21.0
(69.8)
14.9
(58.8)
9.2
(48.6)
3.8
(38.8)
12.7
(54.9)
最低気温記録 °C°F −7.6
(18.3)
−7.9
(17.8)
−6.5
(20.3)
−0.9
(30.4)
3.8
(38.8)
9.1
(48.4)
14.6
(58.3)
15.9
(60.6)
10.0
(50)
2.5
(36.5)
−1.9
(28.6)
−6.6
(20.1)
−7.9
(17.8)
雨量 mm (inch) 58.6
(2.31)
106.3
(4.19)
190.0
(7.48)
244.3
(9.62)
292.0
(11.50)
346.4
(13.64)
328.3
(12.93)
282.5
(11.12)
350.0
(13.78)
165.7
(6.52)
125.1
(4.93)
58.4
(2.30)
2,547.6
(100.32)
平均降雨日数 13.1 13.5 16.5 14.7 15.9 19.1 20.1 18.8 18.5 13.7 12.0 12.3 188.2
湿度 60 59 62 64 70 77 78 75 73 68 67 63 68
平均月間日照時間 188.4 173.1 184.1 191.7 185.6 142.4 175.7 205.8 162.0 182.4 170.3 192.7 2,154.2
出典1:平年値(年・月ごとの値)
出典2:観測史上1~10位の値(年間を通じての値)

地域

町名一覧

町名に「○」がつくものは全域で住居表示を実施、「△」は一部で住居表示を実施、無印は住居表示未実施を表す。

上街
  • 上町一-五丁目 (かみまち)
  • 本丁筋 (ほんちょうすじ)
  • 水通町 (すいどおちょう)
  • 通町 (とおりちょう)
高知街
  • ○唐人町 (とうじんまち)
  • ○与力町 (よりきまち)
  • ○鷹匠町一・二丁目 (たかじょうまち)
  • ○本町一-五丁目 (ほんまち)
  • ○升形 (ますがた)
  • ○帯屋町一・二丁目 (おびやまち)
  • ○追手筋一・二丁目 (おおてすじ)
  • ○廿代町 (にじゅうだいまち)
  • ○永国寺町 (えいこくじちょう)
  • 丸ノ内一・二丁目 (まるのうち)
南街
  • ○中の島 (なかのしま)
  • ○九反田 (くたんだ)
  • ○菜園場町 (さえんばちょう)
  • ○農人町 (のうにんまち)
  • ○城見町 (しろみちょう)
  • ○堺町 (さかいまち)
  • ○南はりまや町一・二丁目 (みなみはりまやちょう)
  • ○弘化台 (こうかだい)
北街
下知(しもぢ)
  • ○宝永町 (ほうえいちょう)
  • ○弥生町 (やよいちょう)
  • ○小倉町 (おぐらちょう)
  • ○東雲町 (しののめちょう)
  • ○日の出町 (ひのでちょう)
  • △知寄町一-三丁目 (ちよりちょう)
  • 青柳町 (あおやぎちょう)
  • △稲荷町 (いなりちょう)
  • △若松町 (わかまつちょう)
  • ○高埇 (たかそね)
  • ○杉井流 (すぎいる)
  • ○北金田 (きたかなだ)
  • ○南金田 (みなみかなだ)
  • ○札場 (ふだば)
  • ○南御座 (みなみござ)
  • ○北御座 (きたござ)
  • ○南川添 (みなみかわぞえ)
  • ○北川添 (きたかわぞえ)
  • △北久保 (きたくぼ)
  • △南久保 (みなみくぼ)
  • △海老ノ丸 (えびのまる)
  • ○中宝永町 (なかほうえいちょう)
  • ○南宝永町 (みなみほうえいちょう)
  • ○二葉町 (ふたばちょう)
江ノ口(えのくち)
  • ○入明町 (いりあけちょう)
  • ○洞ヶ島町 (ほらがしまちょう)
  • ○寿町 (ことぶきちょう)
  • ○中水道 (なかすいどう)
  • ○幸町 (さいわいちょう)
  • ○伊勢崎町 (いせざきちょう)
  • ○相模町 (さがみちょう)
  • ○吉田町 (よしだちょう)
  • ○愛宕町一-四丁目 (あたごまち)
  • ○大川筋一・二丁目 (おおかわすじ)
  • ○駅前町 (えきまえちょう)
  • ○相生町 (あいおいちょう)
  • ○江陽町 (こうようちょう)
  • ○北本町一-四丁目 (きたほんまち)
  • ○新本町一・二丁目 (しんほんまち)
  • ○昭和町 (しょうわまち)
  • ○和泉町 (いずみちょう)
  • ○塩田町 (しおたちょう)
  • ○比島町一-四丁目 (ひじまちょう)
  • ○栄田町一-三丁目 (さかえだちょう)
小高坂(こだかさ)
  • 井口町 (いぐちちょう)
  • 平和町 (へいわちょう)
  • 三ノ丸 (さんのまる)
  • 宮前町 (みやまえちょう)
  • 西町 (にしまち)
  • △大膳町 (だいぜんちょう)
  • 山ノ端町 (やまのはなちょう)
  • ○桜馬場 (さくらばば)
  • ○城北町 (じょうほくちょう)
  • 北八反町 (きたはったんちょう)
  • ○宝町 (たからまち)
  • ○小津町 (おづちょう)
  • ○越前町一・二丁目 (えちぜんまち)
  • 新屋敷一・二丁目 (しんやしき)
  • ○八反町一・二丁目 (はったんちょう)
旭街
  • 東城山町 (ひがしじょうやまちょう)
  • 城山町 (じょうやまちょう)
  • 東石立町 (ひがしいしたてちょう)
  • 石立町 (いしたてちょう)
  • 玉水町 (たまみずちょう)
  • 縄手町 (なわてちょう)
  • 鏡川町 (かがみがわちょう)
  • 下島町 (しもじまちょう)
  • 旭町一-三丁目 (あさひまち)
  • 赤石町 (あかいしちょう)
  • 中須賀町 (なかすかちょう)
  • 旭駅前町 (あさひえきまえちょう)
  • 元町 (もとまち)
  • 南元町 (みなみもとまち)
  • 旭上町 (あさひかみまち)
  • 水源町 (すいげんちょう)
  • 本宮町 (ほんぐうちょう)
  • 上本宮町 (かみほんぐうちょう)
  • 大谷 (おおたに)
  • 岩ヶ淵 (いわがぶち)
  • 鳥越 (とりごえ)
  • 塚ノ原 (つかのはら)
  • 西塚ノ原 (にしつかのはら)
  • 長尾山町 (ながおやまちょう)
  • 旭天神町 (あさひてんじんちょう)
  • 佐々木町 (ささきちょう)
  • 北端町 (きたばたちょう)
  • 山手町 (やまてちょう)
  • 横内 (よこうち)
  • 口細山 (くちほそやま)
  • 尾立 (ひじ)
  • 蓮台 (れんだい)
  • 福井町 (ふくいちょう)
  • △福井扇町 (ふくいおうぎまち)
  • ○福井東町 (ふくいひがしまち)
潮江(うしおえ)
  • ○土居町 (どいまち)
  • ○役知町 (やくちちょう)
  • ○潮新町一・二丁目 (うしおしんまち)
  • ○仲田町 (なかたちょう)
  • ○北新田町 (きたしんたちょう)
  • ○新田町 (しんたちょう)
  • ○南新田町 (みなみしんたちょう)
  • ○梅ノ辻 (うめのつじ)
  • ○桟橋通一-六丁目 (さんばしどおり)
  • ○天神町 (てんじんちょう)
  • ○筆山町 (ひつざんちょう)
  • ○塩屋崎町一・二丁目 (しおやざきまち)
  • ○百石町一-四丁目 (ひゃっこくちょう)
  • 南ノ丸町 (みなみのまるちょう)
  • 南竹島町 (みなみたけしまちょう)
  • 竹島町 (たけしまちょう)
  • △北竹島町 (きたたけしまちょう)
  • 北高見町 (きたたかみちょう)
  • 高見町 (たかみちょう)
  • 六泉寺町 (ろくせんじちょう)
  • 孕東町 (はらみひがしまち)
  • 孕西町 (はらみにしまち)
  • 深谷町 (ふかだにちょう)
  • 南中山 (みなみなかやま)
  • 北中山 (きたなかやま)
  • 幸崎 (こうざき)
  • 小石木町 (こいしぎちょう)
  • 大原町 (おおはらちょう)
  • 河ノ瀬町 (ごうのせちょう)
  • 南河ノ瀬町 (みなみごうのせちょう)
  • ○萩町一・二丁目 (はぎまち)
三里(みさと)
  • 池 (いけ)
  • 仁井田 (にいだ)
  • 種崎 (たねざき)
  • △十津一-六丁目 (とおづ)
五台山
高須
  • 高須 (たかす)
  • ○葛島一-四丁目 (かづらしま)
  • ○高須新町一-四丁目 (たかすしんまち)
  • 高須砂地 (たかすすなぢ)
  • ○高須本町 (たかすほんまち)
  • ○高須新木 (たかすしんぎ)
  • ○高須一-三丁目 (たかす)
  • △高須東町 (たかすひがしまち)
  • ○高須西町 (たかすにしまち)
  • ○高須絶海 (たかすたるみ)
  • ○高須大谷 (たかすおおたに)
  • ○高須大島 (たかすおおたに)
布師田
一宮(いっく)
  • 一宮 (いっく)
  • 薊野 (あぞうの)
  • 重倉 (しげくら)
  • 久礼野 (くれの)
  • ○薊野西町一-三丁目 (あぞうのにしまち)
  • △薊野北町一-四丁目 (あぞうのきたまち)
  • ○薊野東町 (あぞうのひがしまち)
  • ○薊野中町 (あぞうのなかまち)
  • ○薊野南町 (あぞうのみなみまち)
  • ○一宮西町一-四丁目 (いっくにしまち)
  • ○一宮しなね一・二丁目 (いっくしなね)
  • ○一宮南町一・二丁目 (いっくみなみまち)
  • ○一宮中町一-三丁目 (いっくなかまち)
  • ○一宮東町一-五丁目 (いっくひがしまち)
  • ○一宮徳谷 (いっくとくだに)
秦(はだ)
  • 愛宕山 (あたごやま)
  • 前里 (まえざと)
  • 東秦泉寺 (ひがしじんぜんじ)
  • 中秦泉寺 (なかじんぜんじ)
  • 三園町 (みそのちょう)
  • 西秦泉寺 (にしじんぜんじ)
  • 北秦泉寺 (きたじんぜんじ)
  • 宇津野 (うつの)
  • 三谷 (みたに)
  • 七ツ淵 (ななつぶち)
  • ○加賀野井一・二丁目 (かがのい)
  • ○愛宕山南町 (あたごやまみなみまち)
  • ○秦南町一・二丁目 (はだみなみまち)
初月(みかづき)
  • 東久万 (ひがしくま)
  • 中久万 (なかくま)
  • 西久万 (にしくま)
  • 南久万 (みなみくま)
  • 万々 (まま)
  • 中万々 (なかまま)
  • 南万々 (みなみまま)
  • 柴巻 (しばまき)
  • 円行寺 (えんぎょうじ)
  • 一ツ橋町一・二丁目(ひとつばしちょう)
  • みづき一-三丁目
  • みづき山 (みづきやま)
朝倉
  • 朝倉 (あさくら)
  • 宗安寺 (そうあんじ)
  • 行川 (なめがわ)
  • 針原 (はりはら)
  • 上里 (じょうり)
  • 領家 (りょうけ)
  • 唐岩 (からいわ)
  • ○曙町一・二丁目 (あけぼのちょう)
  • ○朝倉本町一・二丁目 (あさくらほんまち)
  • ○若草町 (わかくさちょう)
  • ○若草南町 (わかくさみなみまち)
  • ○鵜来巣 (うぐるす)
  • ○槙山町 (まきやまちょう)
  • ○針木東町 (はりぎひがしまち)
  • ○大谷公園町 (おおたにこうえんちょう)
  • ○朝倉南町 (あさくらみなみまち)
  • ○朝倉横町 (あさくらよこまち)
  • ○朝倉東町 (あさくらひがしまち)
  • △朝倉西町一・二丁目 (あさくらにしまち)
  • △針木北一・二丁目 (はりぎきた)
  • ○針木本町 (はりぎほんまち)
  • △針木南 (はりぎみなみ)
  • 針木西 (はりぎにし)
鴨田
  • 鴨部 (かもべ)
  • 神田 (こうだ)
  • △鴨部高町 (かもべたかまち)
  • ○鴨部上町 (かもべかみまち)
  • ○鴨部一-三丁目 (かもべ)
長浜
  • 長浜 (ながはま)
  • 横浜 (よこはま)
  • 瀬戸 (せと)
  • 瀬戸西町一-三丁目 (せとにしまち)
  • 瀬戸東町一-三丁目 (せとひがしまち)
  • 長浜宮田 (ながはまみやた)
  • 横浜新町一-五丁目 (よこはましんまち)
  • ○横浜西町 (よこはまにしまち)
  • ○横浜東町 (よこはまひがしまち)
  • ○瀬戸一・二丁目 (せと)
  • ○瀬戸南町一・二丁目 (せとみなみまち)
  • ○横浜南町 (よこはまみなみまち)
  • 長浜蒔絵台一・二丁目 (ながはままきえだい)
御畳瀬
浦戸
大津
介良
  • 鏡大河内 (かがみおおがち)
  • 鏡小浜 (かがみこはま)
  • 鏡大利 (かがみおおり)
  • 鏡今井 (かがみいまい)
  • 鏡草峰 (かがみくさのみね)
  • 鏡白岩 (かがみしろいわ)
  • 鏡狩山 (かがみかりやま)
  • 鏡吉原 (かがみよしはら)
  • 鏡的渕 (かがみまとぶち)
  • 鏡去坂 (かがみさるさか)
  • 鏡竹奈路 (かがみたけなろ)
  • 鏡敷ノ山 (かがみしきのやま)
  • 鏡柿ノ又 (かがみかきのまた)
  • 鏡横矢 (かがみよこや)
  • 鏡増原 (かがみましわら)
  • 鏡葛山 (かがみかずらやま)
  • 鏡梅ノ木 (かがみうめのき)
  • 鏡小山 (かがみこやま)
土佐山
  • 土佐山菖蒲 (とさやましょうぶ)
  • 土佐山西川 (とさやまにしがわ)
  • 土佐山梶谷 (とさやまかじたに)
  • 土佐山 (とさやま)
  • 土佐山高川 (とさやまたかかわ)
  • 土佐山桑尾 (とさやまくわお)
  • 土佐山都網 (とさやまつあみ)
  • 土佐山弘瀬 (とさやまひろせ)
  • 土佐山東川 (とさやまひがしがわ)
  • 土佐山中切 (とさやまなかぎり)
春野
  • 春野町弘岡上 (はるのちょうひろおかかみ)
  • 春野町弘岡中 (はるのちょうひろおかなか)
  • 春野町弘岡下 (はるのちょうひろおかしも)
  • 春野町西分 (はるのちょうにしぶん)
  • 春野町芳原 (はるのちょうよしはら)
  • 春野町内ノ谷 (はるのちょううちのたに)
  • 春野町西諸木 (はるのちょうにしもろぎ)
  • 春野町東諸木 (はるのちょうひがしもろぎ)
  • 春野町秋山 (はるのちょうあきやま)
  • 春野町甲殿 (はるのちょうこうどの)
  • 春野町仁ノ (はるのちょうにの)
  • 春野町西畑 (はるのちょうさいばた)
  • 春野町森山 (はるのちょうもりやま)
  • 春野町南ヶ丘一-九丁目 (はるのちょうみなみがおか)

人口

高知市と全国の年齢別人口分布(2005年) 高知市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 高知市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

高知市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

本市の人口はここ数年減少傾向にあるが、県全体に比べれば小幅に留まっている。県内人口占有率は平成17年国勢調査で43.83%、平成22年調査で44.92%、高知県推計人口調査の平成23年2月1日付で45%を突破するなど、集積が進んでいる。平成24年5月1日現在、都道府県内人口占有率が45%を超えている市町村は、東京特別区を除けば京都府京都市宮城県仙台市と本市の3市のみである。

隣接自治体

高知県

歴史


沿革

行政区域の変遷

政治


行政

市長


県政機関

市政機関

市役所

議会

市議会

構成(定数34人)
会派 議席数 議席占有率
市民クラブ 9 24.47%
日本共産党高知市議団 7 20.58%
保守・中道クラブ 7 20.58%
高知市議会公明党 6 17.64%
新こうち未来 3 8.82%
山嶽会 1 2.94%
清和クラブ 1 2.94%

県議会

議員名 会派名 備考
大石宗 一燈立志の会 無所属
桑名龍吾 自由民主党
山崎正恭 公明党
上田貢太郎 自由民主党
三石文隆 自由民主党
坂本茂雄 県民の会 社会民主党推薦
土居央 自由民主党
中根佐知 日本共産党
黒岩正好 公明党
西森雅和 公明党
塚地佐智 日本共産党
田所裕介 県民の会 党籍は立憲民主党
米田稔 日本共産党
西内隆純 自由民主党
吉良富彦 日本共産党

衆議院

選挙区 議員名 党派名 当選回数 備考
高知県第1区(高知市の一部など) 中谷元 自由民主党 9 選挙区
高知県第2区(1区に属さない高知市の一部など) 広田一 立憲民主党 1 選挙区
山本有二 自由民主党 10 比例復活

国家機関


内閣府

警察庁

総務省

法務省

出入国在留管理庁
検察庁

財務省

国税庁

厚生労働省

日本年金機構

農林水産省

林野庁

国土交通省

気象庁
海上保安庁

防衛省

裁判所

施設


文化施設

科学館
コンサートホール
図書館

その他、市内各所のふれあいセンターにも図書室がある。

博物館
文学館
その他

医療施設

娯楽施設

スポーツ施設、動物園、屋台村
映画館

対外関係


姉妹都市・提携都市

海外

姉妹都市
友好都市
提携都市

国内

姉妹都市
その他

国際機関

領事館

名誉総領事館[5]
名誉領事館

経済


商業

高知城やはりまや橋を中心にして中心市街地が形成されており、その地域内に代表的な繁華街である帯屋町商店街(帯屋町アーケード)や京町新京橋商店街などがある[6]

主な商店街

百貨店については、かつてはとでん西武百貨店もあったが、高知西武に改称後の2002年12月に閉店したのちは高知大丸のみが立地している。

本社を置く企業

高知市に本店を置く金融機関はつい最近まで法人向けインターネットバンキングを提供していなかったが、2006年8月に四国銀行がサービスを開始した。

情報・通信


マスメディア

新聞社

放送局

主なテレビ局
主なラジオ局

中継局

主な発信局・中継局

教育


高知市には「高知市大学等奨学資金奨学生」という奨学金制度がある。なお、奨学金は返還義務がともなう。

大学

国立
公立
私立

短期大学

県立
私立
廃止・閉学

専修学校

高等学校

県立
市立
私立

中学校

国立
県立
市立
  • 高知市立西部中学校
  • 高知市立大津中学校
  • 高知市立介良中学校
  • 高知市立旭中学校
  • 高知市立横浜中学校
  • 高知市立鏡中学校
  • 高知市立春野中学校
私立

小学校

国立
市立
  • 高知市立はりまや橋小学校
  • 高知市立第四小学校
  • 高知市立第六小学校
  • 高知市立江ノ口小学校
  • 高知市立江陽小学校
  • 高知市立旭小学校
  • 高知市立旭東小学校
  • 高知市立潮江小学校
  • 高知市立潮江東小学校
  • 高知市立小高坂小学校
  • 高知市立昭和小学校
  • 高知市立秦小学校
  • 高知市立初月小学校
  • 高知市立横浜小学校
  • 高知市立長浜小学校
  • 高知市立浦戸小学校
  • 高知市立三里小学校
  • 高知市立五台山小学校
  • 高知市立高須小学校
  • 高知市立布師田小学校
  • 高知市立泉野小学校
  • 高知市立一宮東小学校
  • 高知市立十津小学校
  • 高知市立横浜新町小学校
  • 高知市立介良潮見台小学校
  • 高知市立横内小学校
  • 高知市立鏡小学校
  • 高知市立春野東小学校
  • 高知市立春野西小学校
私立

小中一貫校

市立

学校教育以外の施設

自動車学校
認定職業訓練施設

交通


空路

空港

市内には空港は存在しない。

最寄りの空港

鉄道

高知市近郊では、JR線を「汽車」、とさでん交通線を「電車」あるいは「とでん」といった呼び方が浸透している(高知県内のJR線は電化されていないため)。 市の中心となる駅:高知駅

四国旅客鉄道(JR四国)
とさでん交通路面電車

バス

バスターミナル

路線バス

全区間一般道路経由のバスはとさでん交通およびその地域子会社の県交北部交通高知東部交通の単一グループによる運行。なお、かつては土佐電気鉄道高知県交通(および上記地域子会社2社)の2グループによる運行であったが、2014年10月に両社が経営統合した。

高知空港連絡バスはとさでん交通が運行する高知東部自動車道または南国バイパス経由の路線と、高知駅前観光が運行する高知東部自動車道経由の路線がある。

高速バス

道路

高速道路

国道

市道

追手筋
追手筋(おおてすじ)は、高知駅からの目抜き通り、はりまや橋(国道32号)までの中間点より西方へ高知城の追手門へ至る、追手筋一丁目 - 追手筋二丁目間の約1キロメートル街路で、正式な路線名を高知市道高知街1号線という。幅員は27メートルあり、中央分離帯は4.7メートルある。1945年(昭和20年)7月の太平洋戦争での戦災と翌1946年(昭和21年)12月の南海大震災で壊滅的な被害を被ったことから、戦災復興事業により、緑道・防火帯の位置づけで完成した。市民のシンボルロードとしてさらに見直され、1986年度(昭和61年度)から電線の地中線化工事を行い、歩道の整備をして近代的な都市景観づくりを行った[7]。中央分離帯に植生されているクスノキは、戦前より残されているもので目通り3メートルあり、東方中央部にはカナリーヤシが植樹され、その下にはコグマササが植栽帯をつくっている。歩道側にはシマトネリコが7月上旬から白い花を咲かせ、ヒラドツツジが3月下旬ごろから白・赤・紫などの色の花を咲かせる[7]。「日曜市」の通りでも知られ、追手門から東へ1キロメートルの間、道路の南側を歩行者天国にして、出店数約600の店舗が向かい合ってテントを張り、様々な商品が並べられ市民の対話の場となっている[7]。市の歴史は元禄3年(1690年)に開設されていたものが、歴史の流れとともに市の開かれた場所も変遷し、1948年(昭和23年)に追手筋に定着した。出店される品は大半は農産物を中心に多種多様で、青果・塩干物・植木・盆栽・庭石などのほか、スイカ・カボチャ・ヒョウタン・アサガオの苗も出品され農家の方から栽培法を教わっている街路市の風情の一つとなっている[7]。また、8月9日から12日まで4日間開催される「よさこい祭り」の本部競演場としても有名である[7]。歴史性と親愛性を基準に“「市」と祭りの道”として、1986年(昭和61年)8月10日の道の日に、旧建設省と「道の日」実行委員会により制定された「日本の道100選」のひとつにも選定されている[8]
グリーンロード

航路

港湾

海の駅

観光


名勝・名所・旧跡

主な旧跡

観光スポット

博物館
史跡

坂本龍馬板垣退助後藤象二郎福岡孝弟山内容堂武市半平太植木枝盛大町桂月ら幕末期〜明治期に活躍した人物の生誕地、邸宅跡などがある。

文化・名物


祭事・催事

高知市には追手筋の日曜市、上町五丁目の火曜市、県庁前の木曜市、愛宕町の金曜市、高知港の土曜市があり、夏には帯屋町で「土曜夜市」も開かれている。

物産・郷土料理

スポーツ

主なスポーツチーム
名称 競技種目 所属リーグ 本拠地 運営会社・団体 設立
四国銀行硬式野球部 野球 JABA社会人野球 四国銀行総合グランド 四国銀行 1929年
昭和クラブ サッカー 高知県社会人サッカーリーグ 高知市長浜公園グランド 高知トヨペット 1969年
FC柳町 サッカー 高知県社会人サッカーリーグ 高知市長浜公園グランド auショップ天神店 1982年
Llamas高知FC サッカー 四国サッカーリーグ 高知県立春野総合運動公園運動広場 特定非営利活動法人llamas高知フットボールクラブ 1993年
ロッサライズKFC サッカー 高知県社会人サッカーリーグ スポーツパークさかわ 高知県立窪川高等学校OB 1994年
高知ファイティングドッグス 野球 四国アイランドリーグNPB 高知市野球場 高知ファイティングドッグス 2005年
KUFC南国 サッカー 四国サッカーリーグ 高知県立春野総合運動公園陸上競技場 高知大学サッカー部 2016年
高知ユナイテッドSC サッカー 四国サッカーリーグ 高知県立春野総合運動公園運動広場 株式会社高知ユナイテッドスポーツクラブ 2016年

娯楽・芸能

主なアマ劇団

出身有名人


政官界・実業界

明治期まで
大正期以後

文化・芸術

スポーツ

芸能

マスコミ

その他

出身有名「馬」

高知市を舞台にした作品


映画

テレビドラマ

小説

漫画

※高知市ではまんが甲子園が開催されている。前記の横山隆一まんが記念館が立地するほか、高知市出身の漫画家は後記の通りである。

ご当地ソング

脚注


[脚注の使い方]

注釈

出典

  1. ^ 「13人下敷き10人死ぬ 住宅密集地が埋まる」『朝日新聞』昭和47年9月16日夕刊、3版、11面
  2. ^ 土のう積の消防士が殉職 全市水浸しの高知『朝日新聞』1976年(昭和51年)9月14日朝刊、13版、23面
  3. ^ 市役所本庁舎が仮庁舎へ移転しました ”. 高知市. 2015年11月10日閲覧。
  4. ^ “都市間交流宣言:龍馬の絆で結ぶ協定 全国8市区、観光・防災で交流へ” . 毎日新聞. (2014年11月16日). http://mainichi.jp/area/kyoto/news/20141116ddlk26040311000c.html 
  5. ^ 高知県の領事館一覧
  6. ^ 高知の商店街|こじゃんとネット|高知県観光情報サイト(2015年7月6日閲覧)
  7. ^ a b c d e 「日本の道100選」研究会 2002, pp. 183–184.
  8. ^ 「日本の道100選」研究会 2002, p. 11.
  9. ^ 中日3位アマNO1捕手木下拓哉「成長できる球団」 nikkansports.com 2015年10月22日配信
  10. ^ アンジュルムの川村文乃(高知市出身)「自分に満足せず成長を」 11/16高知市でライブ (高知新聞、2019年11月4日)

窪田善太郎ほか 『土佐・人物ものがたり』 高知新聞社、1986年3月28日。

参考文献


関連項目


外部リンク











カテゴリ: 高知市 | 高知県の市町村 | 城下町 | 都道府県庁所在地 | 中核市




データム: 08.06.2021 10:59:00 CEST

出典: Wikipedia (著作者 [歴史表示])    ライセンスの: CC-BY-SA-3.0

変化する: すべての写真とそれらに関連するほとんどのデザイン要素が削除されました。 一部のアイコンは画像に置き換えられました。 一部のテンプレートが削除された(「記事の拡張が必要」など)か、割り当てられました(「ハットノート」など)。 スタイルクラスは削除または調和されました。
記事やカテゴリにつながらないウィキペディア固有のリンク(「レッドリンク」、「編集ページへのリンク」、「ポータルへのリンク」など)は削除されました。 すべての外部リンクには追加の画像があります。 デザインのいくつかの小さな変更に加えて、メディアコンテナ、マップ、ナビゲーションボックス、および音声バージョンが削除されました。

ご注意ください: 指定されたコンテンツは指定された時点でウィキペディアから自動的に取得されるため、手動による検証は不可能でした。 したがって、jpwiki は、取得したコンテンツの正確性と現実性を保証するものではありません。現時点で間違っている情報や表示が不正確な情報がある場合は、お気軽に お問い合わせ: Eメール.
を見てみましょう: 法的通知 & 個人情報保護方針.