郷土出版社 - ja.LinkFang.org

郷土出版社


株式会社郷土出版社
種類 株式会社
本社所在地 日本
399-0035
長野県松本市村井町北一丁目4番6号
設立 1975年7月1日
業種 情報・通信業
法人番号 8100001013000
事業内容 出版
代表者 神津良子(代表取締役、廃業時)
資本金 1000万円(廃業時)
従業員数 3名[1]
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

郷土出版社(きょうどしゅっぱんしゃ)は、長野県松本市に本社を置いていた日本出版社

目次

年表


沿革


1998年(平成10年)に刊行した『職員会議に…』は長野県松本深志高等学校で飼われていた黒犬の話であり、2003年公開の映画『さよなら、クロ』の原作となった[3]。ピーク時の1990年代には約8億円の売上高があったが、2015年4月期には約2億円にまで減少していた[3]。年間の新刊発行点数は約120冊から約25冊にまで減少していた[3]

2016年(平成28年)2月29日をもって閉業した[4][2][3]。40年間で4,000点以上の出版物を刊行したが、売上高はピーク時の1/4にまで落ち込んでいた[2]。最後の刊行物は『資料で読み解く真田一族』だった[3]

主な刊行物


全国47都道府県展開シリーズ

信州版シリーズ

信州版読み物

社史

受賞


脚注


  1. ^ 郷土出版社2月末で閉業 神津良子社長に聞く 松本平タウン情報Web、2016年9月27日閲覧
  2. ^ a b c d 長野 松本の郷土出版社、40年の歴史に幕 朝日新聞デジタル、2016年2月22日、2016年9月27日閲覧
  3. ^ a b c d e f g 「出版不況 地方直面 松本で歴史文化発信40年超 『郷土出版社』廃業へ」中日新聞、2016年2月4日
  4. ^ 会社紹介 郷土出版社、2016年9月27日









カテゴリ: 郷土史に関する出版社 | 長野県のマスメディア | 松本市の企業 | 1975年設立の企業 | かつて存在した日本の出版社 | かつて存在した長野県の企業




データム: 15.03.2021 03:04:52 CET

出典: Wikipedia (著作者 [歴史表示])    ライセンスの: CC-by-sa-3.0

変化する: すべての写真とそれらに関連するほとんどのデザイン要素が削除されました。 一部のアイコンは画像に置き換えられました。 一部のテンプレートが削除された(「記事の拡張が必要」など)か、割り当てられました(「ハットノート」など)。 スタイルクラスは削除または調和されました。
記事やカテゴリにつながらないウィキペディア固有のリンク(「レッドリンク」、「編集ページへのリンク」、「ポータルへのリンク」など)は削除されました。 すべての外部リンクには追加の画像があります。 デザインのいくつかの小さな変更に加えて、メディアコンテナ、マップ、ナビゲーションボックス、および音声バージョンが削除されました。

ご注意ください: 指定されたコンテンツは指定された時点でウィキペディアから自動的に取得されるため、手動による検証は不可能でした。 したがって、jpwiki は、取得したコンテンツの正確性と現実性を保証するものではありません。現時点で間違っている情報や表示が不正確な情報がある場合は、お気軽に お問い合わせ: Eメール.
を見てみましょう: 法的通知 & 個人情報保護方針.