桜井順


桜井さくらい じゅん
出生名 櫻井さくらい 峯夫みねお
別名 水木 ひろし
のう 吉利人きりひと
生誕 1934年
出身地 日本東京都麻布
死没 2021年9月25日(87歳没)
学歴 慶應義塾大学経済学部卒業
ジャンル CMソング、童謡、歌謡曲
職業 作詞家、作曲家
共同作業者 大森昭男

桜井 順(さくらい じゅん、1934年3月14日 - 2021年9月25日)は、日本の作曲家作詞家東京都麻布[1]出身。本名は櫻井 峯夫。作詞の際のペンネームに「水木 ひろし」「能 吉利人(のう きりひと)」。櫻井 順と表記される場合もある。貴族院議員慶應義塾長を務めた小幡篤次郎の曾孫。幼稚舎より慶應義塾で学び、慶應義塾大学経済学部を卒業。祖父、父、自身と3代続けて幼稚舎〜経済(理財)を卒業した[2]

目次

来歴


慶應義塾大学経済学部卒業。就職先が決まった頃には朝日放送主催の『ABCミュージカルスポット・コンクール』[1]に応募し、2位に入賞していた(1位は越部信義[3]。商社に勤める傍ら、夜は三木鶏郎主宰の「冗談工房」に音楽スタッフとして参加。希望していた海外勤務の夢が叶わないことを知ったこともあり、音楽に専念する道を選び、1年後に商社を退社した[1]

1964年、同じ三木鶏郎のもとで働いていた音楽プロデューサー大森昭男と個人事務所「ブレーンJACK」を設立。資生堂のコマーシャルを多く手がける。そのほか、和田誠「オフ・オフ・マザー・グース」「またまた・マザー・グース」の作曲、冗談工房の同門にあたる野坂昭如のための楽曲、童謡「とんでったバナナ」など、作品ジャンルは多岐にわたる。

2007年には、CM用の楽曲を中心に、これまでの作品を収録したCD『桜井順 CM WORKS』(ソリッドレコード)を発売している。

近年はSuicaのCMソングやカゴメサウンドロゴを手掛けるなど、幅広い年代で活動した[4][5]

2021年9月25日、心不全のため、東京都港区の自宅で死去。87歳没[6][7][8]

主な作品


CMソング

童謡

歌謡曲

ピアノ曲

テレビ番組

著作


脚注


  1. ^ a b c 田家秀樹『みんなCM音楽を歌っていた』(2007年、徳間書店)p.31
  2. ^ 桜井 順 作品リスト: ”. paperzz.com. 2022年1月8日閲覧。
  3. ^ 今井和也『テレビCMの青春時代』(中公新書、1995年)p.47
  4. ^ 桜井順CM関連映像リンク
  5. ^ みなさんのお声でカゴメ「サウンドロゴ」が決定しました! - &KAGOME
  6. ^ “桜井順さん死去” . 朝日新聞社. (2021年9月26日). https://www.asahi.com/articles/DA3S15056167.html 2021年9月26日閲覧。 
  7. ^ 作曲家の桜井順さん死去 富士フイルム「お正月を写そう」 - 時事ドットコム 2021年9月26日
  8. ^ 作曲家の桜井順さん87歳死去、代表作に富士フイルム「お正月を写そう」 - 日刊スポーツ 2021年9月26日

関連人物


外部リンク











カテゴリ: 日本の作曲家 | 日本の作詞家 | 慶應義塾大学出身の人物 | 東京都区部出身の人物 | 1934年生 | 2021年没




データム: 28.04.2022 11:03:02 CEST

出典: Wikipedia (著作者 [歴史表示])    ライセンスの: CC-BY-SA-3.0

変化する: すべての写真とそれらに関連するほとんどのデザイン要素が削除されました。 一部のアイコンは画像に置き換えられました。 一部のテンプレートが削除された(「記事の拡張が必要」など)か、割り当てられました(「ハットノート」など)。 スタイルクラスは削除または調和されました。
記事やカテゴリにつながらないウィキペディア固有のリンク(「レッドリンク」、「編集ページへのリンク」、「ポータルへのリンク」など)は削除されました。 すべての外部リンクには追加の画像があります。 デザインのいくつかの小さな変更に加えて、メディアコンテナ、マップ、ナビゲーションボックス、および音声バージョンが削除されました。

ご注意ください: 指定されたコンテンツは指定された時点でウィキペディアから自動的に取得されるため、手動による検証は不可能でした。 したがって、jpwiki は、取得したコンテンツの正確性と現実性を保証するものではありません。現時点で間違っている情報や表示が不正確な情報がある場合は、お気軽に お問い合わせ: Eメール.
を見てみましょう: 法的通知 & 個人情報保護方針.