柴村直弥


柴村 直弥
名前
愛称 Shei(シェイ)
カタカナ シバムラ ナオヤ
ラテン文字 SHIBAMURA Naoya
基本情報
国籍 日本
生年月日 1982年9月11日(38歳)
出身地 広島県広島市
身長 179cm
体重 78kg
選手情報
在籍チーム TOKYO CITY F.C.
ポジション DF
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2006 アルビレックス新潟S 26 (0)
2007 アビスパ福岡 6 (0)
2008 徳島ヴォルティス 18 (0)
2009-2010 ガイナーレ鳥取 13 (1)
2010 藤枝MYFC (loan) 4 (1)
2011 FKヴェンツピルス 16 (1)
2012 FCパフタコール 1 (0)
2012-2014 FKブハラ 38 (0)
2014-2015 ストミール・オルシュティン 38 (0)
2016 ヴァンフォーレ甲府 0 (0)
2017 Criacao
2018-2019 南葛SC
2020- TOKYO CITY F.C.
1. 国内リーグ戦に限る。2018年2月6日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説)■サッカー選手pj

柴村 直弥(しばむら なおや、1982年9月11日 - )は、広島県広島市出身のサッカー選手。ポジションはディフェンダー

目次

来歴


広島皆実高校時代(2年先輩に朝日大輔、1年先輩に瀬戸彬仁秦賢二、同級生に田村和也堀健人ら)は、2年時に全国高校総体で同校初優勝に貢献。千葉県立八千代高等学校との決勝戦では試合を延長戦に持ち込む同点ゴールを決めている。試合は延長戦の末決着が着かず、3−3の引き分けで総体サッカー競技史上初めての両校優勝となり、日本一に輝く。森崎和幸浩司兄弟・駒野友一寺内良太らと広島県選抜のメンバーとして1999年熊本国体で全国3位。翌年2000年とやま国体では全国5位。同年全国高等学校サッカー選手権大会に出場するも、2回戦で東北高等学校に敗れる。

中央大学時代は2年時に2年先輩の中村憲剛らと共に関東大学2部リーグ優勝に貢献。リベロのポジションでリーグ最少失点となる堅守を構築し、攻撃でも最終戦の中村のFKを頭で押し込んだ先制点を含む3得点をあげ同リーグベストイレブンを受賞。

大学卒業後、アルビレックス新潟シンガポールに入団し、初年度から両サイドバックで主力として活躍し、2007年アビスパ福岡へ移籍。ピエール・リトバルスキー監督のもと同チームでJリーグデビューを飾る。同じポジションには監督がシドニーFCから連れて来た元オーストラリア代表のチェッコリがいたが、チェッコリ不在時に出場したときには安定したプレーを見せる。その後2008年の徳島ヴォルティスではチーム史上初めて移籍1年目で主将に抜擢され、センターバック、左サイドバックを務める。

2009年ガイナーレ鳥取に移籍。ヴィタヤ・ラオハクル監督の元、開幕2戦目でアシスト、3戦目ではゴールを決めるなど、序盤戦首位を独走するチームに大きく貢献する活躍を見せるが、シーズン中盤にケガのため戦線離脱。それ以降チームも調子を落とし、最終的に5位でシーズンを終え昇格可能な4位以内確保にはならなかった。 2010年シーズン、ヴィタヤ・ラオハクル監督の交通事故により突然監督が交代。出場機会を失う。そして2010年7月、藤枝MYFCへの期限付き移籍が発表される。同クラブでは移籍以降すべての公式戦に先発出場するも同年シーズン終了後に藤枝MYFCを退団。保有権を持つガイナーレ鳥取も退団し、自身のブログでかねてからの夢である欧州に挑戦することを明らかにする[1]

2011年3月7日、練習参加していたラトビアリーグFKヴェンツピルスと契約した事を発表した[2]

2011年ラトビアカップでは決勝戦に出場しチームの優勝に貢献。チームメイトの佐藤穣と共に日本人初のラトビアカップ優勝の快挙を成し遂げる。バルト三国の頂点を決める、三か国の上位チームで行うバルティックリーグでは準々決勝以降チーム内でただ一人5試合すべての試合にフル出場し、準々決勝のエストニアFCフローラ・タリン戦、準決勝のリトアニアのFCシャウリャイ戦では4試合すべてを完封勝利。スコント・リガとの決勝戦では延長前半に先制されるも、延長後半にCKから3人のDFに競り勝ち、ヘディングで同点ゴールを決める。その後のPK戦でもきっちりゴールを決めるも、9人目までもつれるバルティックリーグ史に残る死闘の末敗退。チームの準優勝に大きく貢献した[3]

UEFAヨーロッパリーグ2011-2012では2回戦でベラルーシFCシャフティオール・ソリゴルスクを倒し、3回戦セルビアレッドスター・ベオグラードに敗戦。ホーム&アウェー4試合すべてにフル出場する[4]

2011年、コパ・アメリカ2011に海外組のみで出場する案が出たときに日本代表候補になった(最終的に日本は参加を辞退[5])。

2011年11月、FKヴェンツピルスで日本人初のラトビアヴィルスリーガ優勝。ラトビアカップに続き2冠を達成。シーズンを通して主力選手として活躍し、2冠に大きく貢献する。[6]

2012年2月、ウズベキスタン国内リーグ、カップ共に最多優勝回数を誇り、ACLでは開幕以来すべての大会に出場しているウズベキスタントップリーグの名門クラブFCパフタコール・タシュケントに移籍。同国初の日本人選手となる[7][8]。キャンプからレギュラーポジションを獲得し、チーム内で唯一2,3月の練習試合やトルコでの大会など全試合にフル出場していたが開幕直前の最後の練習試合で負傷。ACL初戦アル・イテハド戦に強行出場しフル出場するも怪我が悪化、復帰できないまま前半戦を終了する。[9] 同年7月、2004年にはウズベキスタン最優秀監督賞も受賞した名将タチュムラド・アガムラドフ監督からの熱烈オファーにより同リーグのFKブハラへ移籍[10]FKブハラ加入後は契約の条項の上出場できない古巣パフタコール戦を除くすべての公式戦に出場しホームでは6勝2分と無敗。前半戦で13位と降格圏内にいたチームを見事に救い、最終順位は7位にまで上昇した。また、パフタコールは柴村が在籍した2012シーズン、リーグ最多の9回目のリーグ優勝を果たした。

2013シーズン、ウズベキスタン1部リーグ、PFLにおいてFKブハラ内全選手の中で唯一全試合にスタメン出場、ウズベキスタンカップも含め同シーズンのすべての公式戦にスタメン出場する。そのうち2試合を除いてすべてにフル出場。前年度リーグ優勝クラブである古巣パフタコールとの対戦もフル出場し、1-0で勝利。チームの最終順位も昨シーズンを上回る6位となり、チームの躍進に貢献する。尚、同シーズンの出場時間数もチームでNo.1である。

2014年7月、ポーランド・Iリガのストミール・オルシュティンへ移籍[11]

2015年12月、Jリーグ合同トライアウトに無所属扱いで出場[12]

2016年1月、ヴァンフォーレ甲府へ移籍[13]、5年ぶりの日本復帰となった。しかし、契約満了により1年で退団。

2017年、選手兼コーチ兼エグゼクティブマネージャーとして東京都社会人サッカーリーグ1部のCriacao Shinjukuに加入[14][15]

2018年、南葛SCへの移籍が発表された[16]

2020年2月10日、東京都社会人サッカーリーグ2部のTOKYO CITY F.C.に加入[17]

人物・エピソード


所属クラブ


個人成績


国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
シンガポール リーグ戦 リーグ杯シンガポール杯 期間通算
2005 新潟S 5 Sリーグ 20 0 3 0 - 23 0
2006 6 0 0 0 - 6 0
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2007 福岡 32 J2 6 0 - 0 0 6 0
2008 徳島 4 18 0 - 0 0 18 0
2009 鳥取 JFL 13 1 - 0 0 13 1
2010 0 0 - - 0 0
2010 藤枝 13 東海1部 4 1 - - 4 1
ラトビア リーグ戦 リーグ杯ラトビア杯 期間通算
2011 ヴェンツピルス 18 ヴィルスリーガ 16 1 5 1 2 0 23 2
ウズベキスタン リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
2012 パフタコール 33 PFL 1 0 0 0 1 0
ブハラ 2 12 0 3 0 15 0
2013 26 0 1 0 27 0
ポーランド リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
2014-15 オルシュティン 6 Iリガ
2015-16
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2016 甲府 24 J1 0 0 1 0 0 0 1 0
2017 Criacao 44 東京都1部 - -
2018 南葛 14 - -
通算 シンガポール Sリーグ 26 0 3 0 - 29 0
日本 J1 0 0 1 0 0 0 1 0
日本 J2 24 0 - 0 0 24 0
日本 JFL 13 1 - 0 0 13 1
日本 東海1部 4 1 - 0 0 4 1
日本 東京都1部 -
ラトビア ヴィルスリーガ 16 1 5 1 2 0 23 2
ウズベキスタン PFL 39 0 4 0 43 0
ポーランド Iリガ
総通算 122 3 9 1 6 0 137 4
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
UEFAUEFA ELUEFA CL
2011-12 ヴェンツピルス 18 4 0 -
通算 UEFA 4 0 -
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2012 パフタコール 33 1 0
通算 AFC 1 0

タイトル


関連情報


テレビ・ラジオ番組

脚注


[脚注の使い方]
  1. ^ SHEI日記 「欧州挑戦 」 2011年1月20日掲載
  2. ^ SHEI日記 「契約 」 2011年3月7日掲載
  3. ^ クロアチアサッカーニュース|スポーツナビ「フォトレポート/バルティック・リーグ決勝「ヴェンツピルスvs.スコント・リガ」 」 2011年6月21日掲載
  4. ^ クロアチアサッカーニュース|スポーツナビ「フォトレポート/新興と名門の対決〜EL予選「ヴェンツピルスvs.ツルヴェナ・ズヴェズダ」 」 2011年8月2日掲載
  5. ^ コパ・アメリカの参加を断念 ”. 日本サッカー協会 (2011年5月17日). 2014年10月5日閲覧。
  6. ^ “柴村のFKベンツピルスがラトビアリーグ優勝、CL予備予選の出場権獲得” . スポーツナビ. (2011年11月7日). http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20111107-00000010-spnavi-socc.html 
  7. ^ “柴村直弥がウズベキスタンの強豪パフタコールに移籍 初の日本人選手” . スポーツナビ. (2012年2月16日). http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20120216-00000006-spnavi-socc.html 2012年3月19日閲覧。 
  8. ^ “パフタコール入団の柴村「すべての大会で優勝するために最善を尽くす」” . スポーツナビ. (2012年2月22日). http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20120222-00000011-spnavi-socc.html 2012年3月19日閲覧。 
  9. ^ “2012年5月22日放送スカパー「フットボールクラッキ 海を渡ったサムライたち特別編 UCL決勝を夢見てウズベキスタンへ渡った男」より” 
  10. ^ “柴村がウズベクリーグの FKブハラに移籍”. スポーツナビ. (2012年8月1日). http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20120801-00000014-spnavi-socc.html 
  11. ^ SHEI日記 「移籍のご報告 」 2014年7月9日掲載
  12. ^ 【Jリーグ】トライアウトで垣間見えた"ベテランの価値と矜持" サッカーダイジェストweb(2015年12月12日)
  13. ^ “柴村 直弥選手 OKSストミール・オルシティン(ポーランド)より加入内定のお知らせ” (プレスリリース), ヴァンフォーレ甲府, (2016年1月8日), http://www.ventforet.jp/news/press_release/510511 
  14. ^ “柴村 直弥選手 CRIACAO(東京都1部リーグ)へ移籍のお知らせ” (プレスリリース), ヴァンフォーレ甲府, (2017年2月7日), http://www.ventforet.jp/news/press_release/513224 2020年2月10日閲覧。 
  15. ^ “2月付で株式会社Criacaoへ柴村直弥が入社しました” (プレスリリース), 株式会社Criacao, https://criacao.co.jp/?p=656 2020年2月10日閲覧。 
  16. ^ “TOP 柴村直弥選手と契約” (プレスリリース), 南葛SC, (2018年2月6日), http://www.nankatsu-sc.com/12602.html 2020年2月10日閲覧。 
  17. ^ “【加入情報】柴村直弥選手 加入のお知らせ” (プレスリリース), TOKYO CITY F.C., (2020年2月10日), https://tcfc.jp/news/detail/id/13576 2020年2月10日閲覧。 
  18. ^ SHEI日記 「移籍 」 2007年12月27日掲載
  19. ^ https://www.footballchannel.jp/2015/08/08/post100846/
  20. ^ https://news.yahoo.co.jp/byline/shibamuranaoya/
  21. ^ https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201410270007-spnavi
  22. ^ http://shei.info/blog2/20160311.shtml
  23. ^ http://viri-dari.jp/ambassador/naoya-shibamura/

関連項目



外部リンク











カテゴリ: 日本のサッカー選手 | アルビレックス新潟シンガポールの選手 | アビスパ福岡の選手 | 徳島ヴォルティスの選手 | ガイナーレ鳥取の選手 | 藤枝MYFCの選手 | FKヴェンツピルスの選手 | パフタコール・タシュケントの選手 | FKブハラの選手 | ポーランドのクラブに所属するサッカー選手 | ヴァンフォーレ甲府の選手 | Criacao Shinjukuの選手 | 南葛SCの選手 | 広島市出身の人物 | 広島県立広島皆実高等学校出身の人物 | 中央大学出身の人物 | 1982年生 | 存命人物




データム: 15.03.2021 09:15:49 CET

出典: Wikipedia (著作者 [歴史表示])    ライセンスの: CC-BY-SA-3.0

変化する: すべての写真とそれらに関連するほとんどのデザイン要素が削除されました。 一部のアイコンは画像に置き換えられました。 一部のテンプレートが削除された(「記事の拡張が必要」など)か、割り当てられました(「ハットノート」など)。 スタイルクラスは削除または調和されました。
記事やカテゴリにつながらないウィキペディア固有のリンク(「レッドリンク」、「編集ページへのリンク」、「ポータルへのリンク」など)は削除されました。 すべての外部リンクには追加の画像があります。 デザインのいくつかの小さな変更に加えて、メディアコンテナ、マップ、ナビゲーションボックス、および音声バージョンが削除されました。

ご注意ください: 指定されたコンテンツは指定された時点でウィキペディアから自動的に取得されるため、手動による検証は不可能でした。 したがって、jpwiki は、取得したコンテンツの正確性と現実性を保証するものではありません。現時点で間違っている情報や表示が不正確な情報がある場合は、お気軽に お問い合わせ: Eメール.
を見てみましょう: 法的通知 & 個人情報保護方針.