東京外国語学校 (旧制) - ja.LinkFang.org

東京外国語学校 (旧制)


(東京外国語学校 から転送)
東京外国語学校
(東京外語)
創立 1899年
所在地 東京市神田区
(現・東京都千代田区)
初代校長 神田乃武
廃止 1951年
後身校 東京外国語大学
同窓会 東京外語会

旧制東京外国語学校(きゅうせいとうきょうがいこくごがっこう)は、1899年明治32年)4月東京市に設立された旧制専門学校である。略称は「東京外語」。

この項では前身である1873年設立の「(旧)東京外国語学校」(旧外語)および改称(1944年)後の「東京外事専門学校」(東京外専)も含め記述する。

目次

概要


旧外語

新外語

沿革


源流諸校

旧東京外語時代

高商併合時代

(新)東京外語時代

東京外専時代

歴代校長


(旧)東京外国語学校長

高等商業学校附属外国語学校主事

東京外国語学校長

東京外事専門学校長

校地の変遷と継承


一ツ橋校舎

1873年設立の旧外語の校地は第一大学区東京第四大区二小区一ツ橋通町1番地(現東京都千代田区一ツ橋2丁目)に置かれた(一ツ橋校舎)。一ツ橋校地は旧外語と東京商業学校との合併により後者の校地となったため、当時の外語学生は「庇を貸して母屋を取られる」と評した。一ツ橋校舎は東京商業学校の後身たる東京高等商業学校 - 東京商科大学に継承されたが、関東大震災後の1927年、東京商大の施設の大半は国立小平に移転(現在の一橋大国立・小平キャンパス)したため、同校地は南半が一橋大神田キャンパス(一橋講堂(現・一橋記念講堂および学術総合センター)および如水会館)となり北半は共立女子大学キャンパス(共立講堂など)に分割され現在に至っている。また如水会館の隣には「東京外国語学校発祥の地」の碑が建立された。

錦町校舎

1897年に設置された高等商業学校附属外国語学校は東京市神田区錦町3丁目3番地の高商運動場に設けられ、1899年に新外語が東京高商より分離して設立されると、その校舎は同じ錦町3丁目14番地(錦町校舎 / 現千代田区神田錦町3丁目)に設置された。錦町校舎は1913年2月20日の神田大火による校舎全焼などを経ながらも基本的には1921年4月10日麹町区元衛町1番地(現千代田区大手町1丁目)の旧近衛騎兵連隊跡地に新校舎が建設(元衛町校舎)され、ここに移転するまで使用された。

元衛町校舎・竹平町校舎

ところが新しい元衛町校舎は1923年9月1日関東大震災で附属建物を除き全焼、このため被災直後には牛込区市ヶ谷の陸軍士官学校の一部を仮校舎として使用、さらに翌24年3月3日以降は麹町区竹平町1番地の文部省跡地に仮校舎が新築された(竹平町校舎)。この校舎はあくまで、新校地への移転までの一時的使用に供されるため設けられたものであったが、実際には新校舎建設・移転のための国家予算がつかなかったためその後長期間にわたり使用された。元衛町校舎・竹平町校舎の跡地には現在気象庁および毎日新聞社本社社屋がそれぞれ建てられている。

西ヶ原校舎と戦災

竹平町仮校舎の時代を経て東京外語は最終的に1940年7月24日滝野川区西ヶ原町(現北区)の元海軍爆薬部跡に木造校舎を新築、1944年5月31日までに竹平町から書庫を除き西ヶ原新校舎への移転が完了した(西ヶ原校舎)。しかし西ヶ原校地は早くも翌45年4月13日の戦災で校舎等が全焼、このため板橋区上石神井1丁目79番地の智山中学校校舎および東京工業専門学校の電波兵器技術専修学校跡地を仮校舎として借用(石神井校舎)し、前者を「本館」、後者を「旧館」と称した。このような苦労を経て学制改革による新制移行直前の1949年3月23日ようやく西ヶ原校地に木造校舎が新築され復帰を果たすことができた。西ヶ原校地は東京外大西ヶ原キャンパスとして継承され戦後長く使用されたが、2000年以降の府中キャンパスへの移転により現在は廃止されている(2007年4月現在、跡地には防災公園および福祉施設の設置が計画されており、後者の建設は既に着手され2008年完成予定である)。また石神井仮校舎の跡地には、現在かつての本館跡に早稲田大学高等学院・中学部、旧館跡に東京学芸大学生寮が建てられている。

著名な出身者・教員


出身者

旧外語
新外語・外専

教員

出身者および校長在任者は除く。

旧外語
新外語・外専

脚注


[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 日本の外国語学校[要出典]対馬藩1727年享保12年)、雨森芳洲の建議により対馬府中(対馬市厳原)に設立した朝鮮語学校「朝鮮通詞養成所」に遡る[1]。同校は明治維新後の1872年明治5年)、廃藩置県により新政府に移管されて「外務省厳原韓語学所」(のち釜山草梁倭館に移転)となり、後述の通り1880年外務省から文部省への移管で東京外国語学校(旧外語)「朝鮮語学科」に改編、閉鎖された[2][3]

出典

  1. ^ 東京対馬館 2006.
  2. ^ 東京外大の『交隣須知』 ”. 東京対馬館 THE TSUSHIMA RESIDENCE OF TOKYO (2006年3月11日). 2012年2月9日時点のオリジナル よりアーカイブ。2012年10月22日閲覧。
  3. ^ 伊藤英人 (東アジア課程朝鮮語) (2000年6月). “明治14年版外務省蔵版「交隣須知」浦瀬裕校正増補(明治14(1881)年印行) ”. 貴重図書・コレクション紹介. 東京外国語大学附属図書館. 2005年11月26日時点のオリジナル よりアーカイブ。2012年10月22日閲覧。
  4. ^ 正三位勲一等男爵辻新次勲章加授ノ件 」10コマ(国立公文書館所蔵「叙勲裁可書・大正四年・叙勲巻五」、アジア歴史資料センター Ref.A10112795100)。
  5. ^ 東京開成学校年報 」(『文部省第二年報』)。
  6. ^ 中江篤介 」(国立公文書館所蔵「職務進退・元老院 勅奏任官履歴原書 転免病死ノ部」)。
  7. ^ 『文部省雑誌』第13号、明治8年7月 同誌第19号、明治8年12月
  8. ^ 『文部省雑誌』第16号、明治8年9月
  9. ^ 吉野作造編輯代表 『明治文化全集 第十四巻 翻訳文芸篇』 日本評論社、1927年10月、解題8頁。
  10. ^ 非職元統計院大書記官従五位杉享二外十一名特旨ヲ以テ陞叙ノ件 」(国立公文書館所蔵 「官吏進退・明治二十一年官吏進退二十三」)。
  11. ^ 今村嘉雄「学校体育に寄與した人々(六)―可兒 德―」『学校体育』第3巻第1号、日本体育社、1950年1月、 12-15頁、 NAID 40000490225

関連書籍


関連項目


外部リンク











カテゴリ: 日本の旧制専門学校 | 東京都の旧制教育機関 | 語学 | 日本のアジア研究史 | 東京外国語大学 | 一橋大学の歴史 | 旧制第一高等学校 | 神田 | 1899年設立の教育機関 | 1951年廃止の教育機関




データム: 15.03.2021 11:11:45 CET

出典: Wikipedia (著作者 [歴史表示])    ライセンスの: CC-by-sa-3.0

変化する: すべての写真とそれらに関連するほとんどのデザイン要素が削除されました。 一部のアイコンは画像に置き換えられました。 一部のテンプレートが削除された(「記事の拡張が必要」など)か、割り当てられました(「ハットノート」など)。 スタイルクラスは削除または調和されました。
記事やカテゴリにつながらないウィキペディア固有のリンク(「レッドリンク」、「編集ページへのリンク」、「ポータルへのリンク」など)は削除されました。 すべての外部リンクには追加の画像があります。 デザインのいくつかの小さな変更に加えて、メディアコンテナ、マップ、ナビゲーションボックス、および音声バージョンが削除されました。

ご注意ください: 指定されたコンテンツは指定された時点でウィキペディアから自動的に取得されるため、手動による検証は不可能でした。 したがって、jpwiki は、取得したコンテンツの正確性と現実性を保証するものではありません。現時点で間違っている情報や表示が不正確な情報がある場合は、お気軽に お問い合わせ: Eメール.
を見てみましょう: 法的通知 & 個人情報保護方針.