吹奏楽


吹奏楽(すいそうがく、: Blasmusik)は、最も広義には、管楽器を主体として演奏される音楽の総称である。一般には、ヨーロッパ軍楽隊アメリカスクールバンド、すなわち西洋の木管楽器金管楽器を主体とし、弦楽器・特殊楽器・打楽器による編成で演奏される器楽を指す。軍隊国民士気を鼓舞するための実用音楽を背景に発達したものの、今では、コンサートホールにおける演奏会マーチングバンドなどの活動が中心となっている。

日本では、吹奏楽団は、ブラスバンドまたはブラバンと呼ばれることがある。これは、ドイツ語(blasは「吹く」の語幹)には沿うものの、ブラスバンドはbrass band(金管バンド)という英語に由来すると考えられており、木管楽器を編成に含まないため、吹奏楽団と同義ではない。

目次

概要


「吹奏楽」は、字義通りには、「吹いて奏する音楽」であり、演奏に用いられる楽器の発声方法、あるいは演奏主体の編成により定義される。実態としても、軍楽隊や吹奏楽団では、吹奏楽単体の楽曲に加えて有名曲の編曲も多用されている。最も広義には、管楽器を主体として演奏される音楽の総称とすることが適当である。

狭義の吹奏楽としては、管楽器による二桁の人数を規模とする楽団で、木管楽器金管楽器を含み、打楽器コントラバスを加える。チェロハープなどの弦楽器チェレスタピアノなどの特殊楽器を加える場合もある。ヴァイオリンヴィオラなどは使用しない場合が多い。

多くの国では消防・警察などの公的な機関に属する楽団や軍楽隊が中心であるものの、日本とアメリカでは学校などのアマチュアも多い。アメリカのプロフェッショナルでは1800年代後半から1900年代初頭にかけてギルモアスーザによる吹奏楽団が活躍し、今日でもダラス・ウインズ英語版やウィスコンシン・ウインド・オーケストラの活動が見られる。オランダベルギーフランスでは町や村の吹奏楽団が数多くある。イタリアスペインにもバンダと呼ばれる吹奏楽団がある。

広義の吹奏楽としては、イギリスなどで英国式ブラスバンドが結成されている。フランスドイツなどにも、町や村のブラスバンドが存在する。ジョヴァンニ・ガブリエーリによるファンファーレ18世紀以前の管楽器を中心とした楽曲、ハルモニームジークなどの室内楽的な管楽器による合奏も吹奏楽の一部をなす。これらの音楽は、しばしば管楽として区別される。

声楽管楽器独奏、ポピュラー音楽民族音楽、東欧における式典音楽、管弦楽については、広義の吹奏楽には含まれない。これらについては、本項では詳述しない。

他言語としては、ドイツではBlasmusik(ブラスムジーク、「吹く」の語幹と「音楽」)があり、フランスではharmonie(アルモニー)が用いられる。吹奏楽団を指すものとしては、ドイツではブラスオルケスター(Blasorchester)、ブラスカペレ(Blaskapelle)、ブラスバント(Blasband)などがあり、フランスではミュジック・ダルモニー(musique d'harmonie)やファンファール(fanfare)、イタリアやスペインではバンダ(banda)が用いられ、東欧諸国ではファンファーレ(fanfare)、ファンファーラ(fanfara)、オルケスタル(orkestar)などが用いられる。

英語としては、bandのみで吹奏楽団を指すこともあったものの、第一次世界大戦前後にジャズ第二次世界大戦前後にロックが一般化するに従って区別された。軍楽隊ではmilitary bandを用いることが多い。イギリスでは民間の吹奏楽団は独自の金管楽器による編成で発達し、brass bandの語が用いられている。brass bandは「金管楽器による楽団」の意味である。アメリカでも金管楽器が中心の編成が多く、brass band、silver bandなどがあり、territory band(領域の楽団)、service band(代用の楽団)、marching band(行進の楽団)、school band(学校の楽団)などが用いられ、concert band、symphonic band、wind band、wind orchestraも用いられている。吹奏楽を指すものとしては、wind musicを用いることが多い。なお、wind ensembleも吹奏楽を指すものであるものの、フェネルが提唱した編成を指すものとして区別される。

戦場などでの野外演奏、食事などでの室内演奏に加えて、19世紀以降はバルブが発明されており、楽器の操作性向上や価格の低廉化が進んだ。軍楽隊の活動が信号や式典などの演奏ではなく戦意高揚や慰安などの演奏に移行したこと、多くの聴衆を集めるようになったこと、アマチュアの演奏団体が管楽器を中心とした編成で結成されたことなどにより階級を超えて広まった。こうした状況は同時に、行進曲のほか、オペラの抜粋や軽音楽などにおける楽曲の編曲による演奏を一般化した。吹奏楽編成のために用いられる作品は「オリジナル作品」、編曲作品は「アレンジ作品」と呼ばれて区別される。また、東欧諸国ではオスマン帝国占領下で軍楽隊が組織され、西欧諸国では植民地でも軍楽隊が設置されたため、実用的な文明の産物から現地における文化への変容を遂げた事例も多い。

吹奏楽単体の楽曲に加えて有名曲の編曲も多用されており、吹奏楽が包摂する内容は極めて多様となっている。さらに、アマチュアにより占められ、楽団の運営や演奏など教育的な側面が強調される傾向もあって、吹奏楽の包括的な記述は困難であり、研究は十分に進んでいないのが現状である。

歴史


古代エジプト時代にはラッパ太鼓を主に、行進を伴奏する情景が当時の壁画に残されている[1]古代ローマ時代には楽団の編成が、中世には楽器の種類・数量が増した。オスマン帝国の侵攻に伴うトルコ軍楽隊メフテルとの接触はヨーロッパにおける吹奏楽の拡張に貢献した[2][3]。より多くのクラリネットピッコロが次第に加えられ、金管楽器が発達し、打楽器の素晴らしさ、そして劇的な効果が、大太鼓シンバルトライアングルなどの鼓笛隊における拡張を促した。17世紀にはドイツ、フランスなどで盛んとなり、芸術音楽にも多大な影響を与えた。行進曲として演奏されるレパートリーが出現する時代もこの頃からである。さらに、1789年フランス革命が起きると、吹奏楽の形態は大編成のものへと変わってゆく。革命を機に失業した宮廷音楽家らがフランス防衛軍に編成され、士気高揚の一翼を担った。1810年代には使用する楽器が国により異なってくるものの、既に現在とほぼ変わらない規模に達していた。ヘンデルハイドンモーツァルトベートーヴェンの影響も大きい。

軍楽も単に士気の鼓舞だけでなくなり、様々な種類の演奏ができるようになったものの、音量が大きいことと、移動して演奏するのに便利なことなどから、野外演奏が主体だった。やがて、演奏会場におけるキャパシティの拡張に伴い、吹奏楽が一つの演奏分野として認められるようになる[4]。アメリカでは、1892年ジョン・フィリップ・スーザがスーザバンドを設立したことなどから、吹奏楽は民間に広まってゆく。クラリネット中心の編成で、学校教育・社会教育に活用されたものの、現行の編成が作られたのは、ミシガン大学ウィリアム・レヴェリ英語版による。1929年にはアメリカ吹奏楽指導者協会英語版(ABA)がエドウィン・フランコ・ゴールドマン英語版によって設立され、アメリカにおける吹奏楽の発展が図られた。

楽曲


特に厳密な編成は定められていない。18世紀末にはゴセックカテルが数曲の序曲を作曲しており、19世紀に入ってからはベルリオーズマイアベーアワーグナーサン=サーンスも吹奏楽曲を作曲している。

20世紀に入ってからはアメリカ、イギリスを中心に多くの作品が発表され、ホルストグレインジャーウィリアムズシュミットなどの作曲家が吹奏楽曲を発表した。

大規模の管楽アンサンブルやオーケストラの管打楽器セクションを想定して書かれた曲も広義の吹奏楽曲として扱う場合がある。モーツァルトのセレナーデ、ストラヴィンスキーの「管楽器のシンフォニーズ」、シュワントナーの曲群、ペンデレツキの「ピッツバーグ序曲」、黛敏郎の「トーンプレロマス'55」などが挙げられる。

かつて管弦楽曲が多く演奏されていたものの、現在は吹奏楽曲も多く演奏されるようになっている。曲種としては、交響曲、交響詩、組曲、序曲、現代音楽などと多岐に亘っている。

重要な曲種である行進曲においては、アメリカのスーザ、イギリスのアルフォード、ドイツのタイケなどが作品を数多く残しており、この3人を筆頭として多くの行進曲が現在も演奏されている。

作曲家・作品

  1. 課題曲は全日本吹奏楽コンクールにおける課題曲とする。
  2. 下谷賞作品は下谷賞選考会で選出された優秀賞とする。
  3. 編曲作品は非掲載とする。ただし、作曲者自身または作曲者の指示・指導を得た第三者による吹奏楽版は掲載とする。

楽団


特に厳密な編成は定められていない。

吹奏楽団

各国ごとに特徴がある形態。フランスイタリアでは、木管楽器の音色を重視した編成が採られている。オーストリアドイツでは、金管楽器を多くして全体に硬く重々しい音色を持つ編成が採られており、ロータリー・バルブのフリューゲルホルンテノールホルンを使用する点が特徴である。イギリスでは、民族楽器のバグパイプを主体とした編成が発生し、現在でも軍楽隊などで見ることができるものの、産業革命に伴い金管楽器の製造が盛んになるにつれ、娯楽として金管楽器を中心とした英国式ブラスバンドが編み出され、現在ではジャンルを確立している。アメリカでは、アメリカ吹奏楽指導者協会(ABA)が編成基準を定めており、それに従った編成が進められている。例えばテノールホルンの代わりにユーフォニアムを用いる。日本では、軍楽隊創立当時、陸軍はフランスから、海軍はイギリスから指導者を招いたため、楽器編成・用語・音色などが二通りあって一定しなかったものの、公益社団法人日本吹奏楽指導者協会により標準編成案が発表され、これを基準とする場合が多い。

ウインド・アンサンブル

管弦楽管楽器セクションと同様に各楽器は1パート1人編成を原則とする形態[5]フェネルイーストマン音楽学校において提唱した概念で、前述の吹奏楽団における形態の一つである。杓子定規に守られるのではなく、一つのパートを複数の奏者で演奏する。常にメンバー全員であらゆる楽曲を演奏するのではなく、楽曲ごとに作曲者が指定した編成に従い奏者数が増減する。

英国式ブラスバンド(British brass band)

サクソルン属の金管楽器を中心とするブラスバンドの形態。四声に分かれたB管のソロコルネットと三声に分かれたコルネットを中心に、高音域をEs管のソプラノコルネットで補う。フリューゲルホルンがコルネットの音色に幅をもたせ、テナーホルントロンボーンが和声部を受け持つ。ユーフォニアムが旋律を助け、バスが低音域を支える。さらに打楽器が加わる。輝きのある響きを持ち、オルガンのそれを思わせるものもあれば、超絶技巧もある。金管楽器主体の編成であることから、指導が比較的容易であるため、アマチュアが取り組み易いといった側面もある。また、救世軍では世界各地にスタッフバンドと称したブラスバンドを置いており、独自の豊富なレパートリーを有している。

一般的な吹奏楽編成で知られる曲も、初めは英国式ブラスバンド編成で書かれた曲の場合があり、フィリップ・スパークの『宇宙の音楽』やピーター・グレーアムの『ハリソンの夢』などが挙げられる。作曲者自身の手によって英国式ブラスバンド編成から吹奏楽編成へ編曲する手法は、ヨーロッパの作曲家を中心に多く見られる。

ファンファーレ・バンド(fanfare band)

金管楽器サクソフォーンおよび打楽器による形態。オランダベルギーを中心に普及している。3声のBフリューゲルホルンを中心に、高音域をEsフリューゲルホルンが補うものの、現在ではこの楽器は、EsトランペットもしくはEsコルネットで代用される。サクソフォーンは1声のソプラノ、2声のアルト、1声のテナー、1声のバリトンで構成されるが、オプションとしてバスサクソフォーンなどが使用されることもある。このほか、3声のトランペット、4声のフレンチホルン、バリトン、2声のユーフォニアム、EsもしくはFチューバ、BもしくはCチューバ、そして打楽器による編成が一般的である。英国式ブラスバンドと響きが似ているものの、サクソフォーンとフリューゲルホルンの豊かな響きと細かい動きの特徴を生かした作品が多い。オランダにおいてはファンファーレ・オルケスト(: fanfareorkest)、ファンファーレ・バンド(: fanfare Band)という名称の楽団も存在し、日本でも洗足学園音楽大学がオランダ語に基づくファンファーレ・オルケストの名称を使用している[6]

ポザウネンコア(Posaunenchor)

ドイツにおけるブラスバンドの形態。直訳は「トロンボーン(喇叭)の合唱隊」であるものの、実際にはそれ以外の楽器も含むプロテスタント教会専属のアマチュア金管合奏団、つまり金管聖歌隊である。礼拝などで基本的に賛美歌などを演奏する。

賛美歌の演奏には、会衆やオルガニストと同じソプラノアルトテノールバスの4声コラールによる実音のスコア(in C)をそのまま用いる(調を用いる吹奏楽譜のような移調によるパート譜は作成しない)。

実際には会衆のコラールの伴奏のほかに、オルガンとの掛け合いや、前奏にファンファーレ序曲、後奏にはフーガや歌なしのコラール、行進曲などが奏される。またクリスマス近くになると、街の広場でクリスマスの賛美歌なども演奏する。

レパートリーとしてはバッハカンタータなどから取ったコラールが多い。ルネサンス音楽メンデルスゾーンによる無言歌の編曲、ハイドンによるディヴェルティメントの編曲などもある。

オリジナル曲では以下の曲がある。

ハルモニームジーク

室内楽による形態。管楽器で構成される。

楽器


特に厳密な編成は定められていない。各パートにおける人数も、厳密に規定されていない楽曲が大多数である。吹奏楽で使われる楽器は、フラット系の調性を持つ移調楽器が多い。ここでは、現在用いられている楽譜にある最大公約数的な編成を示す。

木管楽器

金管楽器

弦楽器・特殊楽器

打楽器

日本の吹奏楽


日本における吹奏楽の歴史

日本における吹奏楽の歴史は、1869年薩摩藩が藩士の選抜を経たイギリスジョン・ウィリアム・フェントンの指導により薩摩バンド(薩摩藩軍楽隊)を結成した時に始まる。軍隊の西洋化を目指す薩摩藩主島津久光がイギリスの軍楽隊に倣った。そのメンバーが廃藩置県を経て陸軍・海軍に創設された軍楽隊の中核となった。なお、軍楽隊の響きが初めて鳴り響いたのは1853年マシュー・ペリーが浦賀に来た際と言われる。

当時、演奏会は軍楽隊が行っており、それによって多くの曲を紹介してきた。大正時代には学校音楽にも吹奏楽が取り入れられ、そのほか百貨店・遊園地などに少年音楽隊が生まれ、また民間吹奏楽団が組織されて一般市民に広まった。

1939年には、大日本吹奏樂聯盟(現在の一般社団法人全日本吹奏楽連盟)が発足した[7][8]1935年には、全日本吹奏楽コンクールが毎年開かれ、演奏会も多く行われるようになった[7]第二次世界大戦が始まる頃から、吹奏楽は戦意高揚や国威発揚のために利用されるようになり、盛んになった[7]

第二次世界大戦後、演奏する機会を失っていたものの、青少年教育にとって音楽の持つ意義が見直されたことから、再び学校で採用され、新しい学校音楽教育が唱歌教育から器楽教育に移ったこともあって、数も増え、演奏技術も向上した。1961年11月には、フランスのギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団が初来日し、演奏会を開催して当時の聴衆に大きな影響を与えた。1967年には、公益社団法人日本吹奏楽指導者協会が設立された。

レパートリー

レパートリーの特徴として、編曲された楽曲が依然として重要な位置を占めていることが挙げられる。

クラシックからの編曲は、編曲の品質が高い。楽団に共通点を持つジャズからの編曲も、レパートリーの拡充に至った。

ポピュラー音楽からの編曲にもスタンダードなレパートリーとして定着しているものが多く、演奏会で採用される機会も多い。ニュー・サウンズ・イン・ブラスは、J-POPなどの音楽を編曲したシリーズである。

当初から吹奏楽編成で作曲された演奏会用の楽曲も多く存在する。これらは前述の編曲作品との対比から「オリジナル(楽曲)」と呼ばれる。アメリカではスクールバンドの活動が盛んなので、スクールバンド向けの楽曲が多く作られており、日本でもよく取り上げられる。その中には演奏会におけるスタンダードなレパートリーとして定着したものも多い。

近年の傾向としては、ヨーロッパの作品も多く紹介されるようになり、レパートリーとして定着している。また、ヨーロッパの作品は、もともとブラスバンド用に書かれ、作曲者自身の手によって吹奏楽版が作られ、重要なレパートリーとして定着している曲もある。

コンクール

演奏コンクール

日本では、アマチュア吹奏楽団体を対象にした演奏コンクールがいくつか開催されている。

演奏コンクールでは以下の問題がある。

作曲コンクール

日本では、吹奏楽編成の曲を公募する作曲コンクールがいくつかある。

演奏団体

日本では、自衛隊、消防音楽隊、警察音楽隊、海上保安庁音楽隊など治安系の公務員組織による吹奏楽団が多数存在し、中央団体と呼ばれるものの、多くは団員を音楽大学から採用、ほぼ演奏業務に専念する事実上のプロミュージシャンである。現在日本には国立、公立直営で専属雇用する交響楽団や合唱団が存在しないため、ドイツなど欧州大陸には多数見られる公務員身分の音楽家は、大部分これらの吹奏楽団員に集約されている。

軍楽隊(自衛隊音楽隊)

日本では、軍楽隊(自衛隊音楽隊)は、陸軍海軍空軍などの軍隊に属する。通常は木管楽器金管楽器打楽器による編成が主となっているものの、隊によっては管弦楽の編成のところもある。軍隊の行事である儀式行進、レクリエーションなどの音楽を演奏することを任務とし、編成については各国ごとに伝統を持っていて、それぞれに特徴がある。

軍楽の歴史は古く、古代エジプトアッシリアなどで記録が残されているものの、充実した形となったのはローマ時代からと言われている[5]。15世紀の頃から定着し、17、18世紀には軍楽隊の作品も多く作られている。ヨーロッパの吹奏楽は軍楽隊の演奏によって代表されている。

日本では、明治以降の陸海軍に軍楽隊が置かれていた。現代においては、儀式・広報および自衛官士気高揚を目的として、陸上海上航空の3自衛隊にそれぞれ複数の音楽隊が置かれている。各音楽隊の中でも陸上自衛隊中央音楽隊は、国賓に対する栄誉礼の奏楽を行う日本で唯一の音楽隊であり、「日本を代表する吹奏楽団」を自ら称する[13]

防衛大学校においては、学生は必ず運動部に参加する規則があり、文化部は運動部との掛け持ちでしか参加できない。しかし、吹奏楽部は学校行事や各種式典においての学校の顔となる役割を持つため、例外的に運動部と同様に活動時間が確保される。

消防音楽隊

日本では、消防音楽隊は、各自治体の消防本部あるいは消防団によって運営される。吹奏楽編成のものが多い。ほかに信号ラッパのみ、あるいは打楽器を加えた編成も数多い。

音楽隊員の身分は、消防職員のみ、また消防団員のみ、あるいは混成、さらに一般人をも含んだりと多岐に亘る。

活動内容は、吹奏楽を通じた防火・防災の啓蒙・広報活動を目的とし、消防関係の式典や行事(出初式など)における演奏や、地域からの依頼演奏のほか、定期演奏会などの自主的な演奏がある。

個人負担金は団体ごとの規定によるものの、ないところが多い。

警察音楽隊

日本では、警察音楽隊は、警視庁(東京)をはじめ各道府県警ごとに音楽隊が運営される。ほかにカラーガード隊が配備されているところもある。

音楽隊員の身分は、警察官もしくは警察職員である。音楽隊と警察の通常業務を兼ねている隊を兼務隊、音楽隊の業務のみに従事している隊を専務隊と呼ぶ。

皇宮警察海上保安庁にも兼務隊の音楽隊が設置されている。

外国においては、ロンドン警視庁音楽隊やパリ警視庁音楽隊などの吹奏楽編成による活動が知られる。

学校吹奏楽部

日本では、学校吹奏楽部は、クラブ活動部活動として行われる課外活動の一形態となる。一部の高等学校では、吹奏楽局や吹奏楽委員会が設置されるケースがある。吹奏楽編成が多いものの、マーチングバンドも存在する。

活動内容は、各種コンクール、文化祭での発表、運動会での行進演奏、式典演奏などにおける諸行事での演奏、地域の音楽祭、慰問演奏、定期演奏会など。

負担金は部費という形で集められ、額については校外から専門の講師を呼ぶ場合は高くなる。団体の収入としては、その他にも学校や地方公共団体から補助が入る。楽器を購入する代金は備品、楽譜を購入する代金は消耗品と予算科目が異なる。

応援団吹奏楽部

日本では、応援団吹奏楽部は、スポーツ応援の鳴り物要員が多い。中学・高校などでは文化部として設立された吹奏楽部が学校行事として応援に協力することが多いものの、大学などでは応援活動を行うために応援団の傘下に常設団体として設立された吹奏楽部が応援を行っていることもある。

当初は応援団の鳴り物部隊として設立された吹奏楽部が成長し、応援活動だけではなく、学内吹奏楽団体として幅広く音楽活動を行うようになった団体も多い。

応援団吹奏楽部とは別にサークルや文化会所属団体が音楽活動を担っている例がある。応援団から独立した団体の場合、歴史的な経緯から文化会に所属する団体として活動するのではなく、文化会や体育会ではない学生会学友会)の団体として活動している例もある。

また、応援団吹奏楽部として活動している団体においても、応援活動と音楽活動のバランス配分については、応援団本部と学内吹奏楽団体の力関係や意思選択などの要因で、応援活動を吹奏楽部の主要活動目的として活動している団体から、吹奏楽部の主要活動目的は音楽活動という団体まで、かなりの温度差がある。

このような団体は、体育会連合に加えて文化会連合も所属するという立場にある場合が多い。

企業吹奏楽団

日本では、企業吹奏楽団は、楽器を趣味とする社員有志のクラブが多い。社内で従業員による吹奏楽団体を結成しようとした場合、数十人単位の人数が必要となるため、自ずと会社規模の大きい企業が多い。一例として、楽器メーカーのヤマハにより自社製品の宣伝とヤマハ硬式野球部の応援団を兼ねるヤマハ吹奏楽団浜松がある。ほかに、NTT西日本中国吹奏楽クラブNTT西日本-中国を経てNTTビジネスソリューションズ)、ブリヂストン吹奏楽団久留米(ブリヂストン)、阪急百貨店吹奏楽団(阪急百貨店)、NEC玉川吹奏楽団(日本電気)といったバンドが全日本吹奏楽コンクール全日本アンサンブルコンテストなどへの出場を通じて広く知られる。

市民吹奏楽団

日本では、一般には学校や企業といった特定の組織に依存せず、「○○市民吹奏楽団」のような呼称で市民吹奏楽団として活動するサークルを指すことが多いものの、厳密な言葉の定義が存在しないため、特定校の卒業生しか入団できないOB吹奏楽団(OG吹奏楽団)なども含め、全日本吹奏楽連盟に一般の部として加盟登録される団体がここに分類される。

楽団の構成員は、社会人が中心となることが多いものの、学生が参加する例も見受けられ、中には楽団員の大半が学生という市民吹奏楽団も存在する。

活動内容は、市民吹奏楽団の活動方針によって様々であるものの、各種演奏会の開催、全日本吹奏楽コンクールへの出場、地域における音楽祭への参加(明石市における吹奏楽の夕べなど)、慰問演奏などである。

市民吹奏楽団の多くは、楽器の調達費や日々の活動資金の大半を所属楽団員から徴収する団費で賄っているものの、市町村などの地方公共団体や各種民間団体などから支援を受けて活動している市民吹奏楽団も存在する。

楽器編成は、楽器を持つ者が自由意志で参加しているという性質上、アンバランスになることが多い。そのため、足りないパートを補うために賛助出演者(通称は助っ人)・エキストラ(通称はトラ)を呼ぶことがあるものの、楽器編成に厳密性が求められていないと解釈されることが多い現状から、他の楽器で代用されることもある。

メディアミックス


書籍

評論

小説

ノンフィクション

漫画

雑誌

現行
休刊・廃刊

映画

テレビ

ドラマ

アニメ

ドキュメンタリー

バラエティ

番組

ラジオ

ゲーム

著名な吹奏楽経験者


フルート

オーボエ

クラリネット

サクソフォーン

ファゴット

トランペット

ホルン

トロンボーン

ユーフォニアム

チューバ

打楽器

担当楽器不明

脚注


[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 最後に当該コンクールでエレキベースが使用されたのは、2005年NTT西日本中国吹奏楽クラブによる「トリビュート・トゥ・カウント・ベイシー・オーケストラ」(真島俊夫編曲)。
  2. ^ 全日本アンサンブルコンテスト実施規定 (PDF)
    第6条 各グループの編成は3名以上8名までとする。
    第9条 2 同一パートを2名以上の奏者で演奏することは認めない。

出典

  1. ^ 吉村 2001、156-157頁。
  2. ^ 上尾 2000、152-183頁。
  3. ^ 社会史 2001、59-63頁。
  4. ^ 社会史 2001、38-43頁。
  5. ^ a b バンドスタディ 2005、88-89頁。
  6. ^ 洗足学園音楽大学 コース紹介
  7. ^ a b c 社会史 2001、113-120頁。
  8. ^ 全日本吹奏楽連盟
  9. ^ Band Power
  10. ^ 「爆音系」が減る? 聖地「普門館」消えた影響
  11. ^ Band Journal 2015年4月号
  12. ^ 事典 2017、67-69頁。
  13. ^ 平成27年度一般幹部候補生(陸上自衛隊(大卒程度試験)音楽要員)採用のご案内
  14. ^ Band Journal 『バンドジャーナル』
  15. ^ Pipers|管楽器専門月刊誌パイパーズのサイト
  16. ^ 吹奏楽マガジン Band Power(BP)

参考文献


関連項目


外部リンク











カテゴリ: 吹奏楽




データム: 28.07.2021 01:59:19 CEST

出典: Wikipedia (著作者 [歴史表示])    ライセンスの: CC-BY-SA-3.0

変化する: すべての写真とそれらに関連するほとんどのデザイン要素が削除されました。 一部のアイコンは画像に置き換えられました。 一部のテンプレートが削除された(「記事の拡張が必要」など)か、割り当てられました(「ハットノート」など)。 スタイルクラスは削除または調和されました。
記事やカテゴリにつながらないウィキペディア固有のリンク(「レッドリンク」、「編集ページへのリンク」、「ポータルへのリンク」など)は削除されました。 すべての外部リンクには追加の画像があります。 デザインのいくつかの小さな変更に加えて、メディアコンテナ、マップ、ナビゲーションボックス、および音声バージョンが削除されました。

ご注意ください: 指定されたコンテンツは指定された時点でウィキペディアから自動的に取得されるため、手動による検証は不可能でした。 したがって、jpwiki は、取得したコンテンツの正確性と現実性を保証するものではありません。現時点で間違っている情報や表示が不正確な情報がある場合は、お気軽に お問い合わせ: Eメール.
を見てみましょう: 法的通知 & 個人情報保護方針.