名古屋大学大学院理学研究科・理学部 - ja.LinkFang.org

名古屋大学大学院理学研究科・理学部


名古屋大学 > 名古屋大学大学院理学研究科・理学部

名古屋大学大学院理学研究科(なごやだいがくだいがくいんりがくけんきゅうか、英称:Graduate School of Science)は、名古屋大学大学院に設置される研究科の一つである。また、名古屋大学理学部(なごやだいがくりがくぶ、英称:Faculty of Science)は、名古屋大学に設置される学部の一つである。

目次

概要


1939年の名古屋帝国大学発足時に理工学部が設立され、1942年に理工学部から理学部が独立する。1953年に大学院理学研究科を設置[1][2]自然科学の基礎となる学問の研究・教育を行っている[3]。附属研究施設として名古屋大学大学院理学研究科附属臨海実験所などを設置している[4]

2001年に野依良治教授がノーベル化学賞を受賞したほか、2008年には名古屋大学理学部出身の益川敏英京都大学名誉教授および小林誠高エネルギー加速器研究機構名誉教授がノーベル物理学賞を、理学部研究生として理学博士号を取得した下村脩ボストン大学名誉教授がノーベル化学賞を、それぞれ受賞している[5]

沿革


学科


著名な出身者


政治

行政

経済

研究

文化、芸能

その他

博士号取得者


関連項目


脚注


[脚注の使い方]

外部リンク











カテゴリ: 名古屋大学大学院 | 1942年設立の教育機関 | 理学




データム: 16.03.2021 06:56:57 CET

出典: Wikipedia (著作者 [歴史表示])    ライセンスの: CC-by-sa-3.0

変化する: すべての写真とそれらに関連するほとんどのデザイン要素が削除されました。 一部のアイコンは画像に置き換えられました。 一部のテンプレートが削除された(「記事の拡張が必要」など)か、割り当てられました(「ハットノート」など)。 スタイルクラスは削除または調和されました。
記事やカテゴリにつながらないウィキペディア固有のリンク(「レッドリンク」、「編集ページへのリンク」、「ポータルへのリンク」など)は削除されました。 すべての外部リンクには追加の画像があります。 デザインのいくつかの小さな変更に加えて、メディアコンテナ、マップ、ナビゲーションボックス、および音声バージョンが削除されました。

ご注意ください: 指定されたコンテンツは指定された時点でウィキペディアから自動的に取得されるため、手動による検証は不可能でした。 したがって、jpwiki は、取得したコンテンツの正確性と現実性を保証するものではありません。現時点で間違っている情報や表示が不正確な情報がある場合は、お気軽に お問い合わせ: Eメール.
を見てみましょう: 法的通知 & 個人情報保護方針.