加藤博一


加藤 博一
基本情報
国籍 日本
出身地 佐賀県多久市
生年月日 1951年10月9日
没年月日 2008年1月21日(56歳没)
身長
体重
178 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1969年 ドラフト外
初出場 1972年9月19日
最終出場 1990年10月13日(引退試合)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

加藤 博一(かとう ひろかず、1951年10月9日 - 2008年1月21日)は、佐賀県多久市[1]出身のプロ野球選手外野手、右投両打)、野球解説者

目次

経歴


プロ入り前

多久工業高時代は足の速さを買われ、地元の駅伝大会に陸上部の助っ人として出場した事がある。打撃練習時には隣接する多久警察署に打球が何度も飛んでいったためにネットが増設され、通称「加藤ネット」といわれた。高校の2年後輩に、マラソン選手で現在は天満屋陸上競技部監督を務める武冨豊や、大相撲幕内力士の天ノ山静雄がいた。

国士舘大学社会人野球チームからも勧誘されていたが、1969年西鉄ライオンズドラフト外で入団[1]

プロ入り後

伊藤光四郎二軍打撃コーチに「お前のバッティングでは飯が食えん、左で打て!」と言われ、スイッチヒッターに転向。自分の物にするために日常でも左利きの人のように左手を使うなど必死に努力した。後に加藤はこの頃を振り返り「右手にスプーンでカレーライス、左手に箸でラーメンを同時に食べられるようになった」と語っている[2]。また、当時の給料は5万円であったため、オフシーズンになると靴の配送・飲食店の厨房・鮮魚店勤務などアルバイトをして生計を立てた。

1974年には打率.359でウエスタン・リーグの首位打者となったが、公式戦出場は1972年の3試合にとどまり、6年間でわずか1打席しかチャンスを貰えなかった。

1976年鈴木照雄五月女豊(後述する大洋時代に同僚となる)との2対2の交換トレードで、片岡新之介と共に阪神タイガースへ移籍[1]。ライオンズ時代はファームに甘んじていたが、ファームの阪神戦(甲子園球場)での活躍を見た吉田義男監督が獲得に動いた。移籍後も二軍暮らしが続いたが、1976年・1977年と2年連続でウエスタン・リーグの盗塁王を獲得した。

1979年からは「つちのこバット」を使用するようになり、阪神と因縁のある江川卓に強い男として売り出した。プロ入り後の初本塁打も甲子園初登板の江川から打ったものであり、1980年も含めて江川から3本の本塁打を放っている。この年より就任したドン・ブレイザー監督にそのガッツを買われた。1980年にレギュラーに定着し、打率.314で打率ベストテンの5位に入る[1]と共に、高橋慶彦広島)と盗塁王争いを演じ、阪神から1956年(吉田義男)以来の盗塁王誕生かと思われたが、高橋の38盗塁に及ばず34盗塁でタイトルを逃した(阪神の盗塁王はその後世紀を超えて赤星憲広が出現するまで誕生しなかった。また、当時の甲子園の土は盗塁に不利と言われていた)。1981年オフのファン感謝デーでは福間納や似鳥功(打撃投手)と共にイモ欽トリオの形態模写を披露し、阪神ファンの人気を獲得した。

1983年野村収との交換トレードで横浜大洋ホエールズへ移籍[1]。移籍は当時の安藤統男監督からゴルフ場で告げられたという。「ダメでも、いずれ阪神に戻す」と言われたが、「その時にはもう(安藤が)監督でないかもしれないからその保証はないでしょう」と反論した。大洋では2番打者に定着し、1985年には近藤貞雄監督の下、高木豊屋鋪要と「スーパーカートリオ」を結成して売り出され、3人で3ケタの148盗塁を記録し、個人では48盗塁とリーグトップの39犠打を記録した。

1986年には17年目で初のオールスター出場[1]。この頃に左打ち一本に絞った。1990年に引退を決意。引退試合は10月13日の広島戦(横浜)で行われた[3]。自身は8回裏に代打で登場。佐々岡真司と対戦し、空振り三振に終わった。9回表はそのまま右翼の守備に就いた。試合後はチームメイトから胴上げされた。21年間の現役生活を送ったが、所属したチームの成績に恵まれず、現役時代にリーグ優勝を一度も経験できなかった。大洋時代のチームメイトであった高木豊や若菜嘉晴も同じ境遇を味わっている(若菜は引退後、ダイエーのコーチ時代に優勝を初経験)。また、タイトル獲得は無かったが、その明るくひょうきんなキャラクターでファンや選手に親しまれた。大洋時代の打席での応援歌は「蒲田行進曲」。加藤が代打に告げられた際にはスタンドから「ひろかずコール」がなされた[4]。加藤は、スタンドのファンがきっちり3回コールするのを待って打席に入っていた。

現役引退後

フジテレビの野球解説者を務めた。2006年肺ガンと診断されてからは治療のため入退院を繰り返し、2007年2月には左肺を摘出していた。一旦回復し、『すぽると!』や『CSプロ野球ニュース』などで再びキャスターなどとして活躍していたが、左足大腿骨にガンが転移。その後容態が悪化し、2008年1月21日午後0時54分、肺ガンのため横須賀市の病院で死去。56歳没[5]法名は釋博仁。

2008年4月12日の横浜対阪神戦(横浜スタジアム)は「加藤博一氏追悼試合」として開催され、試合前に追悼セレモニーが行われた。セレモニーでは、加藤の家族とスーパーカートリオのメンバー高木豊、屋鋪要がグラウンドで見守る中、レフトスタンドから阪神時代の応援歌が、ライトスタンドからは大洋時代のひろかずコールに続き、応援歌「蒲田行進曲」が鳴り響いた[6]。試合では、横浜応援団が石井琢朗に対し、加藤の応援歌を演奏した。

選手としての特徴


俊足巧打の韋駄天[5]。高い盗塁技術を誇り、小技が得意な選手であった。大洋時代の1985年は、主に2番打者を務め、1番・高木豊、3番・屋鋪要との俊足三人組は「スーパーカートリオ」と呼ばれた[7]

高木豊は加藤との思い出を振り返り、「加藤さんにはとても助けられた。盗塁にしても、たくさんフォローしてもらったし。足のスランプで、調子が悪くて盗塁できない時は、加藤さんにヒットエンドランを頼んだりしていた。屋鋪に対しては、打席で粘ってくれたと思う。加藤さんは屋鋪が初球から打ちにいける態勢を作ってくれた」と語っている。屋鋪は「加藤さんは色々な技術を持っていた。打席で犠打の構えをして、捕手と同じ目線で球を見て、バットをサッと引いてパスボールを誘ったり。これぞプロの技だと思った」と語っている[7]

人物・交友関係


現役時代から「面白いキャラクターの野球選手」として有名で、プロ野球界オフの主役として『プロ野球ニュース』『プロ野球珍プレー・好プレー大賞』などにたびたび登場していた。

大洋時代に同じ阪神OBである江本孟紀も出演するテレビ番組で「第2の江本孟紀を目指す」と繰り返し、江本がテレて苦笑する中で、阪神時代から旧知の島田紳助に「加藤さんの場合は、江本さんではなく第2の板東(英二)さん!」とツッコミを受けたことがある。また、紳助からは「世界の福本(豊)に対し、町内の加藤」とよく言われていた。

詳細情報


年度別打撃成績

















































O
P
S
1972 西鉄 3 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1976 阪神 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1977 7 7 6 2 2 0 1 0 4 0 1 0 0 0 1 0 0 2 0 .333 .429 .667 1.095
1978 31 29 27 7 6 1 0 0 7 1 3 3 0 0 1 0 1 4 0 .222 .276 .259 .535
1979 91 174 160 37 37 5 2 2 52 7 6 4 2 0 9 0 3 26 3 .231 .285 .325 .610
1980 112 413 379 63 119 18 3 7 164 21 34 14 7 0 22 0 5 46 2 .314 .360 .433 .792
1981 57 196 180 22 40 6 3 1 55 4 14 3 3 0 12 0 1 30 6 .222 .275 .306 .580
1982 60 84 79 10 13 0 0 0 13 1 6 3 0 0 5 0 0 17 1 .165 .214 .165 .379
1983 大洋 80 80 72 13 10 3 1 1 18 2 8 0 2 0 6 0 0 19 0 .139 .205 .250 .455
1984 109 343 304 39 84 13 1 2 105 25 14 4 17 1 21 0 0 42 3 .276 .322 .345 .667
1985 129 522 436 63 122 16 5 4 160 35 48 18 39 0 44 0 3 60 6 .280 .350 .367 .717
1986 75 299 268 33 85 8 5 3 112 30 22 8 15 1 13 1 2 43 1 .317 .352 .418 .770
1987 97 231 198 26 53 10 1 1 68 15 7 7 9 1 22 1 1 30 2 .268 .342 .343 .686
1988 72 89 80 13 20 6 0 0 26 10 2 0 1 1 7 3 0 16 7 .250 .307 .325 .632
1989 76 90 76 6 20 6 0 1 29 21 3 1 0 3 10 2 1 16 3 .263 .344 .382 .726
1990 63 60 54 7 17 1 0 1 21 4 1 1 0 0 6 0 0 10 2 .315 .383 .389 .772
通算:16年 1063 2619 2321 342 628 93 22 23 834 176 169 67 95 7 179 7 17 361 36 .271 .326 .359 .686

表彰

記録

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号

[注 1]

関連情報


著書

出演番組

連載コラム

いずれも野球コラム

CM

テレビ

ラジオ

ゲーム

脚注


[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 入団時から75番という(首脳陣が着けるような)大きい背番号を背負ったことや、入団時に「背番号8をつけるまで辞めない」と語った経緯もあり、阪神時代に一桁の背番号8を着けたことには感激したという。前任の島野育夫コーチからは「(阪神の背番号8は)故障に泣かされる番号だから(やめた方がいい)」と言われ、加藤と親交の深かった掛布雅之からは、「32番で結果が出たんですから、加藤さんにとって32番が良い番号なんじゃないですか?変えない方が良いと思いますよ」と忠告されたが、8番を着けたいという夢を諦めきれず、加藤は8番に変更してしまった。しかしその後、やはりケガに見舞われてしまったため、「あの時、掛布の言うことを聞いておけばよかった」と語っている。[8]

出典

  1. ^ a b c d e f プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、151ページ
  2. ^ 「右手でカレー、左手でラーメン」……若き加藤博一の“首の皮一枚”/プロ野球20世紀・不屈の物語【1969〜75年】 | 野球コラム ” (日本語). 週刊ベースボールONLINE. 2021年7月10日閲覧。
  3. ^ “[https://storys.jp/story/23773 https://bunshun.jp/articles/-/39929?page=1 横浜大洋ホエールズとともに生きていく 【其の四・さようならホエールズ&こんにちはベイスターズ】]”. 山口寛之. 2021年7月11日閲覧。
  4. ^ 野球解説者の加藤博一さんが肺がんで死去、病床でもコラム執筆。 | Narinari.com ” (日本語). www.narinari.com. 2021年7月10日閲覧。
  5. ^ a b 野球解説者、加藤博一氏が肺がんで死去 - 野球ニュース : nikkansports.com ”. www.nikkansports.com. 2021年7月10日閲覧。
  6. ^ 創, 黒田. “改めて「親父、すげえな」って思った…“56歳で他界”元大洋・加藤博一さんと最愛の息子の物語 page2 ”. 文春オンライン. 2021年7月10日閲覧。
  7. ^ a b 加藤博一 ひょうきんで職人肌、スーパーカー・トリオの“2号車”/プロ野球1980年代の名選手 | 野球コラム ” (日本語). 週刊ベースボールONLINE. 2021年7月10日閲覧。
  8. ^ ベースボールマガジン』1993年夏号「背番号は生きている」、ベースボール・マガジン社、1993年。関本四十四との対談より。
  9. ^ 『スーパーファミコン パーフェクトカタログ』、ジーウォーク、2019年9月28日、 91頁、 ISBN 9784862979131。

関連項目


外部リンク











カテゴリ: 日本の野球選手 | 埼玉西武ライオンズ及びその前身球団の選手 | 阪神タイガース及びその前身球団の選手 | 横浜DeNAベイスターズ及びその前身球団の選手 | NPBオールスターゲーム選出選手 | 野球解説者 | 佐賀県出身の人物 | 肺癌で亡くなった人物 | 1951年生 | 2008年没




データム: 29.07.2021 07:40:17 CEST

出典: Wikipedia (著作者 [歴史表示])    ライセンスの: CC-BY-SA-3.0

変化する: すべての写真とそれらに関連するほとんどのデザイン要素が削除されました。 一部のアイコンは画像に置き換えられました。 一部のテンプレートが削除された(「記事の拡張が必要」など)か、割り当てられました(「ハットノート」など)。 スタイルクラスは削除または調和されました。
記事やカテゴリにつながらないウィキペディア固有のリンク(「レッドリンク」、「編集ページへのリンク」、「ポータルへのリンク」など)は削除されました。 すべての外部リンクには追加の画像があります。 デザインのいくつかの小さな変更に加えて、メディアコンテナ、マップ、ナビゲーションボックス、および音声バージョンが削除されました。

ご注意ください: 指定されたコンテンツは指定された時点でウィキペディアから自動的に取得されるため、手動による検証は不可能でした。 したがって、jpwiki は、取得したコンテンツの正確性と現実性を保証するものではありません。現時点で間違っている情報や表示が不正確な情報がある場合は、お気軽に お問い合わせ: Eメール.
を見てみましょう: 法的通知 & 個人情報保護方針.