今夜も生でさだまさし


今夜も生でさだまさし
ジャンル 深夜番組
出演者 さだまさし ほか
出演者を参照)
オープニング さだまさし「あなたが好きです」
(2021年5月 - )
エンディング さだまさし「純のテーマ(チェロ・バージョン)」
製作
プロデューサー 飯塚英寿[1]
制作 NHK
放送
映像形式文字多重放送(2021年4月 - )
音声形式ステレオ放送
放送国・地域 日本
放送期間2006年1月1日 -
放送時間主に毎月最終土曜日の深夜
23:50 - 1:20
放送分90分
公式サイト

特記事項:
上記タイトルは、2009年度より使用。それ以前および毎年年始に関してはこちらを参照。
毎年1月1日未明は放送時間が異なる。
テンプレートを表示

今夜も生でさだまさし』(こんやもなまでさだまさし)は、季節の節目ごと(2010年代からはほぼ毎月)にNHK総合テレビジョン未明(・早朝)に生放送されているバラエティ番組[注 1]さだまさし冠番組でもある。略称は「生さだ[注 2]こんなま[注 3]」。

2006年元日から放送開始。2009年4月以降『今夜も生でさだまさし』の通しタイトル(シリーズ名)が用いられるようになった。本稿では、毎年年始の『年の初めはさだまさし』(としのはじめはさだまさし)や、通しタイトルが定められる以前の内容についても記す。

海外向けのNHKワールド・プレミアムでも放送されているが、第34弾までは番組編成の関係上、撮って出し形式による録画での放送(数日遅れ)がほとんどであった。その後、2011年5月1日放送の第35弾以降は日本国内とサイマル放送されるようになった(新春の放送はそれ以前から日本国内と同時放送されている)。2009年の第14弾以降はNHKオンデマンドでも放送後10日間(後に2週間に延長)、インターネットを通じて随時見ることができたが、2013年度からは配信が一旦終了。2020年3月からはNHKプラスで配信されている[注 4]

目次

概要


番組の構成はさだが視聴者から寄せられたはがきを紹介し、1、2曲程度を生演奏(ほとんどの場合、伴奏はさだのギターだけ)で歌う。以下の基本コンセプトを変えずに続けられてきた。

このうち、歌と投稿はさだがかつてパーソナリティを務めていた文化放送の深夜番組『さだまさしのセイ!ヤング』(1981 - 1994年)と同じスタンスである。また、ホワイトボードは初期はすべてさだ自身で書いていた。

このほか、頻繁に番組内で行われる事柄としては、以下のようなものがある。

歴史


年の初めはさだまさし(2006 - )

NHKは2001年8月5日(長崎)と2002年6月5日(宇都宮)に実験的に放送された『さだまさしの見るラジオ・聴くテレビ』を「定番」化することとして、2006年元日未明にシリーズの始まりとなる『新春いきなり生放送!年の初めはさだまさし』を放送した[4](上記の表の通り、本項ではこの回を『今夜も生でさだまさし』の第1回放送とカウントする)。この日が選ばれた理由は『NHK紅白歌合戦』の常連となっていたさだが紅白からそのままの流れで出演できること、またそれに絡んで紅白明けの歌手を飛び入りゲストに呼べることなどが理由である。

この『新春いきなり生放送!』が関東地区で5%、関西地区で6.2%という、深夜の時間帯にもかかわらず高い視聴率を記録し、反響も大きかったことから年に数回のペースで続編を制作した。次回の放送日は番組内もしくは公式ホームページで発表。放送時期は視聴者が夜ふかしできるような連休が優先されるが、さだのコンサートスケジュールと勘案して決定する。放送時間は深夜で元日放送の回のみ120分、それ以外は90分で放送。

開始当初は正式なシリーズ名などが付けられていなかったが、シリーズ第10弾の『真夜中なのに生放送 桜咲いてもさだまさし』で過去の放送リストを表示した時には「○○もさだまさし」という表記になっていた。また、「さだまさしの深夜にやっているあれ」[注 6]と呼ばれたことをさだが気に入っていた。

また、2007年から2010年までは、「多滝鱒造の人生レッスン」などのコントコーナーがあった。

番組タイトル決定(2009 - )

2009年度はほぼ月1回の放送になり、「今夜も生でさだまさし」とタイトルで固定し、ロケ地にちなんだサブタイトルがつくことになった[5]。さだの誕生日でもあった2009年4月10日には「番組タイトル ついに決定!!!」と題したさだによる予告動画が掲載され、そこでタイトル「今夜も生でさだまさし」と告知。レギュラーコーナー「まっさんぽ」を開始。スケッチブックに写真を貼り合わせ、麺類を何か食べるシーンを入れる。2011年度は、地元キャスターやアナウンサーが県の現状について報告する「まさしのふるさと通信」、2012年度にはそれを発展・改題した「まさしのふるさと3分通信」と題したコーナーが行われている。

総合テレビの番組編成で、第5金曜・土曜の翌日未明には当該曜日のレギュラー深夜番組が放送されないため、代替として第5週の週末に放送するようになる。土曜未明(金曜深夜)は0時10分、日曜未明は0時5分から放送。2009年5月から2011年度までの日曜未明は中断してニュースを放送した。このセオリー以外で放送するのは正月以外に4月・11月の回がある。

2010年度より日曜0時05分から放送。『着信御礼!ケータイ大喜利』が月3回放送され、生さだは原則毎月最終週に放送される(第1週の場合もある)。ただし、1月に関しては今まで通り元日の放送、8月に関しては最終ではなく『24時間テレビ「愛は地球を救う」』(日本テレビ)の真裏に当たる第4土曜に放送される事が多い[注 7]

2018年度より日曜0時台(土曜深夜)が週替わり枠となる(他の3週は『シブヤノオト』『テンゴちゃん』『おやすみ日本 眠いいね!』)。

2019年度より『シブヤノオト』の毎週放送化に伴い放送開始を30分繰り下げ日曜0時35分の放送となる[6]

なお、タイトルを固定するにあたり、最初は「月に一度はさだまさし」というタイトルにしようと思っていたが、放送できない月があるので取りやめたと、さだがタイトル固定の第1回で触れている[7]

2020年春の新型コロナウイルス感染症拡大以降は東京・渋谷のNHK放送センターのスタジオから非公開形式で行っていた。密にならないようにスタジオでは背後の絵を3枚に切り離して、3つのホワイトボードに張り付けたうえで距離を取って座ったさだ・井上・住吉を映した3台のカメラ映像をワイプで繋いで従来と同じような座り方に見せている(机上の小道具や住吉のパソコンなどもワイプで切れないように置き方が配慮されている)。その期間中の2021年1月1日放送分ではさだが番組史上初めて遅刻をし、番組開始時はクマぬいぐるみが定位置に置かれる事態となった。

2021年度からは放送開始を45分繰り上げ、土曜23:50 - 翌1:20の放送となる。それと同時に、字幕放送を開始した。

出演者


キャスター(メインパーソナリティ)
スタッフ
その他の出演者

使用音楽


関連書籍


番組の公式本が2冊刊行されている。「今夜も生でさだまさし」のタイトルとなった2009年4月の長野の回以降の放送内容について、視聴者からのハガキ(活字に書き起こしたものではなく、ハガキそのものの複写)と、それに対するさだのコメントなどで構成されている。NHK出版のWEBサイトまたは電話による通信販売でのみ扱っており、一般の書店等での流通はない(このためISBNコードが存在しない)。参考文献の項を参照。

脚注


[脚注の使い方]

注記

  1. ^ 開始当初は音楽番組の位置付けであった。
  2. ^ 番組公式サイトには「番組公式生さだ本詳細はこちら!」「生さだ放送日をメールでお知らせ!」と書かれている。
  3. ^ 『こんにゃ ぐんまで くにさだまさし』の際のはがきに由来する。
  4. ^ 『今夜も生でさだまさし』はNHKプラスの配信休止時間に放送しているため、同サービスでの同時配信は行っていないが、見逃し配信については同時配信の時間外である深夜から早朝帯に総合テレビやEテレで放送した番組も対象となるため、見逃し配信番組の一つとして番組終了後に配信されている[2]
  5. ^ ためしてガッテン』や『MUSIC JAPAN』などで使用したフリップボードを横長にカットし、裏の白地部分を使用している。なお、各フリップは後述の「意見には・・・」含め代えがなく、2017年11月の放送では展示してたものを拝借するなど対応しなければならなかった。
  6. ^ 『広島から生放送』の際のはがきに由来する。
  7. ^ 当日の放送内でも同番組を意識した発言をしたり、さだ・井上・住吉で「サライ」を歌う場面がある。
  8. ^ 2021年の放送は、さだが番組に遅刻したため、さだが到着するまでの繋ぎで出演した。
  9. ^ 2018年9月限りで文化放送を定年退職。

出典

  1. ^ a b c d フジテレビから中継、引退撤回… 『生さだ』事件の舞台裏 ”. NEWSポストセブン (2018年9月29日). 2020年3月28日閲覧。
  2. ^ NHK「同時配信」などの新サービス、試行スタート ”. 読売新聞(2020年3月1日作成). 2020年3月7日閲覧。
  3. ^ 2016年1月には、「受信料納付のお願い」部分を流用したスポットが作られ、放送された。
  4. ^ 新春いきなり生放送! 年の初めはさだまさし ”. NHK番組表ヒストリー (2006年1月1日). 2020年8月5日閲覧。
  5. ^ 今夜も生でさだまさし - 長野の春はただいま御開帳 - ”. NHK番組表ヒストリー (2009年4月29日). 2020年8月5日閲覧。
  6. ^ 今夜も生でさだまさし 「〜山口だ!まさし歌えばフグきたる〜」 ”. NHK番組表ヒストリー (2019年4月28日). 2020年8月5日閲覧。
  7. ^ さだまさし 2010, p. 31.

参考文献


関連項目


外部リンク











カテゴリ: 2006年のテレビ番組 (日本) | NHK総合テレビジョンの特別番組 | NHK総合テレビジョンの深夜番組 | NHK総合テレビジョンのバラエティ番組 | NHK総合テレビジョンの音楽番組 | NHK総合テレビジョンのトーク番組 | NHK東日本大震災プロジェクト | 未来へ 17アクション | さだまさし | 継続中の作品




データム: 27.07.2021 05:45:47 CEST

出典: Wikipedia (著作者 [歴史表示])    ライセンスの: CC-BY-SA-3.0

変化する: すべての写真とそれらに関連するほとんどのデザイン要素が削除されました。 一部のアイコンは画像に置き換えられました。 一部のテンプレートが削除された(「記事の拡張が必要」など)か、割り当てられました(「ハットノート」など)。 スタイルクラスは削除または調和されました。
記事やカテゴリにつながらないウィキペディア固有のリンク(「レッドリンク」、「編集ページへのリンク」、「ポータルへのリンク」など)は削除されました。 すべての外部リンクには追加の画像があります。 デザインのいくつかの小さな変更に加えて、メディアコンテナ、マップ、ナビゲーションボックス、および音声バージョンが削除されました。

ご注意ください: 指定されたコンテンツは指定された時点でウィキペディアから自動的に取得されるため、手動による検証は不可能でした。 したがって、jpwiki は、取得したコンテンツの正確性と現実性を保証するものではありません。現時点で間違っている情報や表示が不正確な情報がある場合は、お気軽に お問い合わせ: Eメール.
を見てみましょう: 法的通知 & 個人情報保護方針.