マクシム・ゴーリキー - ja.LinkFang.org

マクシム・ゴーリキー


マクシム・ゴーリキー
Максим Горький
ゴーリキーの署名入り肖像
誕生 アレクセイ・マクシーモヴィチ・ペシコフ
Алексей Максимович Пешков
1868年3月28日
ロシア帝国 ニジニ・ノヴゴロド
死没 1936年6月18日(68歳没)
ソビエト連邦
ロシア社会主義連邦ソビエト共和国 モスクワ
墓地 ロシア モスクワ赤の広場
職業 作家
言語 ロシア語
国籍 ソビエト連邦
活動期間 1892年 - 1936年
ジャンル 小説
戯曲

ノンフィクション
文学活動 ロマン主義
社会主義リアリズム
代表作 どん底
海燕の歌
主な受賞歴 レーニン勲章
デビュー作 マカル・チュドラ
テンプレートを表示

マクシム・ゴーリキーМакси́м Го́рький, 旧綴: Горькій, 1868年3月28日ユリウス暦3月16日) - 1936年6月18日)は、ロシア作家。本名はアレクセイ・マクシーモヴィチ・ペシコフАлексе́й Макси́мович Пешко́в)。ペンネームのゴーリキーとはロシア語で「苦い」の意味。社会主義リアリズムの手法の創始者であり、社会活動家でもあった。

目次

生涯


ニジニ・ノヴゴロドに、家具職人の子として生まれる。母ワルワラを肺結核で亡くして10歳で孤児となった後、話が上手であった祖母に育てられる。祖母の死は彼を深く動揺させた。1887年の自殺未遂事件の後、ロシアの各地を職を転々としながら放浪する。

その後、地方新聞の記者となる。1892年トビリシで、『カフカス』紙に最初の短編『マカル・チュドラ』が掲載され、はじめて筆名としてゴーリキーを名乗った。1895年、『チェルカシュ』を大衆雑誌『ロシアの富』に発表。1898年にはサンクトペテルブルクで短編集『記録と物語』を刊行し、一躍人気作家になった。1899年、散文詩『26と1』、最初の長編物語『フォマ・ゴルデーエフ』を発表。その名声はたちまちアントン・チェーホフレフ・トルストイと比されるまでになった。1902年、代表作である『どん底』を発表し、同年モスクワコンスタンチン・スタニスラフスキーの演出で上演され、翌1903年ベルリンでも上演された。

1902年には科学アカデミーの名誉会員に選ばれるが、その急進的な政治的信条を理由にニコライ2世によって取り消された。この事件に対する抗議としてアントン・チェーホフとウラジミール・コロレンコがアカデミーを辞任している[1]1905年ボリシェヴィキ組織に入り、レーニンの知遇を得る。1905年から1907年までの革命には、ゴーリキーが巨額の援助をしたとされる。

第一次世界大戦の際には、ペトログラードのゴーリキーのアパートはボリシェヴィキの事務室になった。しかし、その後、共産主義に対するゴーリキーの考えは一変し、十月革命の2週間後の手紙にはこう書いている。「レーニンもトロツキーも自由と人権についていかなる考えも持ち合わせていない。彼らは既に権力の毒に冒されている」。1919年、レーニンはゴーリキーに宛てて書いた手紙に「君に忠告する。環境とものの見方、行動を変えるべきだ。さもなくば人生は君から遠ざかってしまうだろう」と書いている。1921年結核の療養のためイタリアソレントに移り住んだ。

アレクサンドル・ソルジェニーツィンによれば、ゴーリキーのロシアへの帰還は、イタリアでの暮らしに困ってのことだった。ソレントで、ゴーリキーは貧しくみじめな暮らしを余儀なくされた。1928年以降、何度かソビエト連邦を訪れるようになり、1932年にはスターリンの個人的な求めに応じてロシアに帰った。

ファシスト政権のイタリアからゴーリキーが戻ったのは、ソビエト政府にとっては格好の宣伝材料となった。彼はレーニン勲章を受け、モスクワの邸宅(現在はゴーリキー博物館となっている)と郊外の別荘を贈られる。このとき、モスクワのトゥヴェルスカヤ通りゴーリキー通りと改められ、生地のニジニ・ノヴゴロド市もゴーリキー市と改称された(1990年まで)。ゴーリキーはソビエト作家同盟を設立し、その議長に就任する。白海・バルト海運河の工事を視察し、他の作家たちと共に『スターリン記念白海・バルト運河―1931-1934年の建設の歴史』を1934年に編纂した。ここでは、運河工事を全面的に称賛し、工事従事者を完全に犯罪者扱いするなど、完全にスターリンの盲従者としての姿勢を披露している[2]

1934年、セルゲイ・キーロフが死に、スターリンによる粛清が始まると、ゴーリキーは自宅に軟禁されるようになった。1935年、息子マクシム・ペシコフを亡くした翌年、1936年にモスクワで没する。両者とも毒殺された疑いがあるが、確実なことは分かっていない。

ソ連崩壊後は、上記の運河建設礼賛などスターリンへ盲従した点を厳しく批判されている[2]

作品


小説
戯曲
叙事詩

脚注


  1. ^ 「チェーホフ」(ガリマール新評伝シリーズ 世界の傑物5)p339-340 ヴィリジル・タナズ著 谷口きみ子・清水珠代訳 祥伝社 2010年12月20日初版第1刷発行
  2. ^ a b 勝野金政のゴーリキー批判 藤井一行
  3. ^ J・アンネンコフ『同時代人の肖像 上』現代思潮社、1971年、P.38。

関連項目


外部リンク











カテゴリ: マクシム・ゴーリキー | ソビエト連邦作家同盟の人物 | ソビエト連邦の小説家 | ロシアの小説家 | 19世紀の小説家 | 20世紀の小説家 | ソビエト連邦の劇作家 | ロシアの劇作家 | ソビエト連邦の詩人 | ロシアの詩人 | 19世紀の詩人 | 20世紀の詩人 | 社会主義リアリズムの著作家 | レーニン勲章受章者 | 大粛清犠牲者 | ニジニ・ノヴゴロド県出身の人物 | ニジニ・ノヴゴロド出身の人物 | 結核に罹患した人物 | 1868年生 | 1936年没




データム: 15.03.2021 05:43:11 CET

出典: Wikipedia (著作者 [歴史表示])    ライセンスの: CC-by-sa-3.0

変化する: すべての写真とそれらに関連するほとんどのデザイン要素が削除されました。 一部のアイコンは画像に置き換えられました。 一部のテンプレートが削除された(「記事の拡張が必要」など)か、割り当てられました(「ハットノート」など)。 スタイルクラスは削除または調和されました。
記事やカテゴリにつながらないウィキペディア固有のリンク(「レッドリンク」、「編集ページへのリンク」、「ポータルへのリンク」など)は削除されました。 すべての外部リンクには追加の画像があります。 デザインのいくつかの小さな変更に加えて、メディアコンテナ、マップ、ナビゲーションボックス、および音声バージョンが削除されました。

ご注意ください: 指定されたコンテンツは指定された時点でウィキペディアから自動的に取得されるため、手動による検証は不可能でした。 したがって、jpwiki は、取得したコンテンツの正確性と現実性を保証するものではありません。現時点で間違っている情報や表示が不正確な情報がある場合は、お気軽に お問い合わせ: Eメール.
を見てみましょう: 法的通知 & 個人情報保護方針.