ハードル


ハードル(hurdle)は、陸上競技障害走において使用される道具

競技用のハードルは、10kg以上の重さがあり、3.6kg以上の力で押されると倒れる仕組みになっている。ハードルの幅は1,180 - 1,200mm、基底の長さは700mm以下で、基底には位置の調節が可能なおもりがついている。バーは高さ70mm、厚さ10 - 25mm[1]

教育用のハードルは、高さの変更が可能なものや、バーが柔軟な素材でできているものもある[2]

目次

ハードル競走


ハードルはハードル競走の際、 競技レーンに一定の間隔をおいて設置される。選手は競技の際にこれらのハードルを跳躍しながらゴールを目指すこととなる。競技規則第168条(7),(8)により、故意にハードルを倒したと審判長が判断した場合は失格になるが、跳躍の流れの中でハードルが倒れた場合は失格にならず、記録も認められる[1]。ただしハードルに当たりながら進んだ場合は反動で走行スピードが低下するため、選手は極力ハードルを倒さないようにして走行するのが一般的である。また選手がハードルの横を通り抜けたりくぐったり、あるいは隣のレーンのハードルを倒すことも失格である。

ハードルを飛び越えながらの走行となるため、ハードル跳躍のない他のトラック競技とはストライドや走行フォームなどのノウハウが大きく異なる。

使用される種目と高さ


このように、ハードルの高さは、元来イギリスの単位であるインチフィートヤードに基づいて作られているため、現在使われているメートル法において半端な数字となる[3]。なお、これは、ハードルの高さにおいてだけでなく、ハードル競走の長さ(110mHのインターバル、110mHのスタート~1台目)、テニスのネットの高さなどにおいても同様である。

日常的な用法


日常会話においては、「集客の難しさがハードルとなっている。」など、物事の達成の障害となる要素の意で用いられる。

また、競技において高さが異なるハードルがあることから、「この機械は初心者にはハードルが高い。」など、ハードルの高さを物事の達成の難易度に比喩する[4]

また、物事の許容水準あるいは評価水準を高くすることを「ハードルを上げる」などと表現することもある[5]。英語でも同様に"raise the hurdles"という表現が用いられることがある[6]

脚注


[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 日本陸上競技連盟競技規則/第3部トラック競技 (PDF)”. 日本陸上競技連盟. 2021年2月26日時点のオリジナル よりアーカイブ。2021年5月14日閲覧。
  2. ^ ハードル走では、体格やスピードの個人差に対応できる場の一工夫を! - 学級づくりにいかす!体育授業 ”. 教育zine. 明治図書. 2020年9月29日時点のオリジナル よりアーカイブ。2021年5月14日閲覧。
  3. ^ 陸上競技ガイド ”. 日本陸上競技連盟. 2021年4月28日時点のオリジナル よりアーカイブ。2021年5月14日閲覧。
  4. ^ “高齢者ワクチン国目標の7月末、知事「ハードル高い」 [新型コロナウイルス ”]. 朝日新聞. (2021年5月11日). オリジナル の2021年5月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210514064325/https://www.asahi.com/articles/ASP5B7KW2P5BUTPB006.html 
  5. ^ “ハードル、自分で上げてない? 先延ばしぐせの原因にも” . 朝日新聞. (2020年9月11日). オリジナル の2020年9月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200911020524/https://www.asahi.com/articles/ASN9373TSN93UBQU008.html 
  6. ^ “Supreme Court Expands Grounds for Mandatory Deportations” . The Wall Street Journal. (2021年3月4日). オリジナル の2021年3月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210304225144/https://www.wsj.com/articles/supreme-court-eases-deportation-of-noncitizens-with-criminal-records-11614896181 









カテゴリ: 陸上競技用具




データム: 20.01.2022 09:59:07 CET

出典: Wikipedia (著作者 [歴史表示])    ライセンスの: CC-BY-SA-3.0

変化する: すべての写真とそれらに関連するほとんどのデザイン要素が削除されました。 一部のアイコンは画像に置き換えられました。 一部のテンプレートが削除された(「記事の拡張が必要」など)か、割り当てられました(「ハットノート」など)。 スタイルクラスは削除または調和されました。
記事やカテゴリにつながらないウィキペディア固有のリンク(「レッドリンク」、「編集ページへのリンク」、「ポータルへのリンク」など)は削除されました。 すべての外部リンクには追加の画像があります。 デザインのいくつかの小さな変更に加えて、メディアコンテナ、マップ、ナビゲーションボックス、および音声バージョンが削除されました。

ご注意ください: 指定されたコンテンツは指定された時点でウィキペディアから自動的に取得されるため、手動による検証は不可能でした。 したがって、jpwiki は、取得したコンテンツの正確性と現実性を保証するものではありません。現時点で間違っている情報や表示が不正確な情報がある場合は、お気軽に お問い合わせ: Eメール.
を見てみましょう: 法的通知 & 個人情報保護方針.