スポーツ振興くじ


スポーツ振興くじ(スポーツしんこうくじ)は、サッカー[1] の指定された試合の結果あるいは各チームの得点数を予想して投票し、的中すると当せん金を受けることができる。正式名称はスポーツ振興投票。一般的にはサッカーくじと呼ばれ、toto(トト、トトカルチョから)の愛称がついている。根拠法はスポーツ振興投票の実施等に関する法律1998年5月10日法律第63号、以下法)。

文部科学省の指導監督のもと独立行政法人日本スポーツ振興センターにより運営・発売が行われている。

目次

概要


スポーツ」とついているが、実際には男子サッカーの試合のみが対象となっている[注 1]。2013年までは、日本プロサッカーリーグJリーグ)の試合(J1・J2リーグ戦、Jリーグカップ天皇杯(Jリーグ加盟チーム同士の対戦に限る))のみが対象となっていた。2013年10月18日に法改正があり、「指定組織に所属する者が編成するサッカーチーム相互間において行われるサッカーの試合であること」の基準に合致すれば、海外サッカーも対象とすることが可能となった。現在、くじの対象とできる試合を主催する団体、及び各団体が運営する試合は以下の通りである。太字は2014年5月時点でのくじ対象試合。

※日本プロサッカーリーグ以外は、平成25年文部科学省告示第141号にて指定[4]

2005年12月まではりそな銀行 (開始当初は大和銀行であったが、あさひ銀行との合併により2003年3月に行名改称)に販売業務を委託する形で運営されていた。大和銀行からノウハウ[何の?]を学ぶためである。[要出典]実際の売りさばき管理業務は日本スポーツ振興くじ株式会社に再委託されていた。

設定できる当せん金の上限額は、当初は1口あたりの発売額の100万倍(キャリーオーバー発生時は200万倍)であった。2013年10月の法改正により発売額の250万倍(キャリーオーバー発生時は500万倍)まで引き上げられた[5]。2015年より、(賭式としての)totoについて最高当せん金額が上限いっぱいに引き上げられる。

法案成立までの反対運動


青少年の健全な成長やスポーツのあり方をゆがめるものとして、日本共産党をはじめ、日本弁護士連合会日本PTA全国協議会大田堯東大名誉教授、長嶋茂雄巨人監督(当時)、三段跳びでオリンピック金メダリストとなった南部忠平プロ野球開発協議会などが反対、国会への法案提出も3回延期された[6][7][8][9][10]

totoの歴史


目的


toto(サッカーくじ)は、以下のスポーツ振興に必要な財源確保のため、宝くじのように広く小口の寄付を募るという考えのもと導入された。

発売スケジュール


当初はJリーグ公式戦においてtotoが発売された。

2005年度からはリーグカップ(ルヴァン杯)準々決勝のtoto GOAL3の発売を皮切りに、天皇杯の試合(Jクラブ同士出場の試合)を対象にしたものも発売されている。また、2006年からは、対象試合が2試合となる、toto GOAL2の発売も開始されている。

2013年11月より、ランダム系くじにおいて、ドイツブンデスリーガイングランドプレミアリーグフットボールリーグ・チャンピオンシップFAカップを対象とする商品が発売され、これまで国内サッカーのオフシーズンである期間は中断していたくじの販売が通年となる。

また2014年6月には、2014 FIFAワールドカップ・ブラジル大会を対象としたtoto「ワールドカップtoto」を発売する。対象となるのは予選リーグの特定の試合によるtoto、mini toto、toto GOAL3、BIG、BIG1000、mini BIGと、決勝トーナメントを対象としたtoto GOAL3である[14]。なお、国際サッカー連盟 (FIFA) が主催する国際大会を賭けの対象とするのは今回がtoto導入以来史上初である。

2015年からは「海外toto」として、上記国外2か国・3大会の試合を賭けの対象とした選択式くじの商品の発売も開始された[17]。これによりtotoの全賭け式が通年発売となった。

発売期間

発売窓口など


2021年4月現在、totoチケットを購入できる場所は以下の通りとなっている。

スポーツ振興投票の実施等に関する法律第9条の規定により、19歳未満の者のくじ購入および譲受、当せん金の受け取りは禁止されている。また、プロサッカーリーグに関わる選手、監督、役員も禁止となっている。

発売チャネル別売上シェア

日本スポーツ振興センター「toto、スポーツ振興基金と助成事業(ホーム > スポーツ振興助成 > 関連情報 > 資料)」 より作成(「約」付の数値は推計)。

年度 toto売り場
(toto特約店)
コンビニエンス
ストア
インターネット 備考
2001年 100% - -
2002年 100% - -
2003年 [注 2] 100% - 会員限定でのコンビニ販売開始(ローソン)
2004年[注 3] 約91.0% 約9.0% - 会員限定でのコンビニ販売開始(ファミリーマート)
2005年[注 4] 約85.7% 11.4% [注 5] 2.9% インターネット販売開始(イーバンク銀行)
2006年 51.8% 25.4% 22.9% コンビニでの一般販売開始
2007年 42.1% 29.6% 28.3%
2008年 30.4% 35.2% 34.4% インターネット販売開始(ジャパンネット銀行、ヤフー)
2009年 25.7% 27.9% 46.4% コンビニ販売開始(サークルK、サンクス)
2010年 22.4% 26.1% 51.5% コンビニ販売開始(セブン-イレブン)・インターネット販売開始(楽天)
2011年 19.5% 22.4% 58.1% インターネット販売開始(三井住友銀行、au)
2012年 18.5% 21.7% 59.8%
2013年 16.2% 19.6% 64.2% コンビニ販売開始(ミニストップ)
2014年 15.7% 16.6% 67.7% インターネット販売開始(住信SBIネット銀行)
2015年 14.1% 14.1% 71.8%
2016年 13.4% 12.9% 73.7% インターネット販売開始(じぶん銀行)
2017年 13.1% 11.9% 75.0%
2018年 12.2% 10.7% 77.1%
2019年 12.1% 9.8% 78.1%
2020年 % % % インターネット販売開始(常陽銀行、十六銀行、北海道銀行、福岡銀行、北陸銀行)
2021年 % % % インターネット販売開始(十八親和銀行)

くじの種類


くじの種類を予想方法で分けると、購入者が自分で予想する「選択式」が4種類、コンピューターがランダムに選択する「ランダム式」が3種類の計7種類あり、選択式については、コンピューターがランダムに選択する方法(クイックピック)も選択できる。(ランダムチャンス楽当の項も参照)

選択式

toto(トト)

当せん金の配分割合

※配分元の金額は、発売金額の50%(2005年までは初期費用回収のため47%)である。

1等 2等 3等 備考
2001年〜 50% 20% 30%
2006年 80% 20% - 3等を廃止
2007年〜 70% 15% 15% 3等を復活

mini toto(ミニトト)

当せん金の配分割合

※配分元の金額は、発売金額の50%(2005年までは初期費用回収のため47%)である。

1等 備考
2016年 100%

toto GOAL3(トトゴール・スリー)

※初期は5試合が対象のtoto GOALとして発売されたが、2005年4月30日発売分をもって廃止され、代わって上記のtoto GOAL3が導入された。詳しくは後述
当せん金の配分割合

※配分元の金額は、発売金額の50%(2005年までは初期費用回収のため47%)である。

1等 2等 備考
2016年 60% 40%

toto GOAL2(トトゴール・ツー)

当せん金の配分割合

※配分元の金額は、発売金額の50%(2005年までは初期費用回収のため47%)である。

1等 備考
2016年 100%

ランダム式

以下の4つの形式は、購入者の予想にかかわらず、ホームチームの90分間での勝ち=「1」、その他(引き分け・延長)=「0」、負け=「2」をコンピュータが自動的に選択する。(完全クイックピック方式)

このランダム方式は、戦前に発売されていたガラ馬券と同じ考え方である。

BIG(ビッグ)

当せん金の配分割合

※配分元の金額は、発売金額の50%である。

1等 2等 3等 4等 5等 6等 備考
2006年〜 80% 10% 5% 5% - -
2010年〜 78% 10% 4% 4% 4% - 5等を新設
2013年〜 76% 9% 2% 4% 4% 5% 6等を新設
2019年〜 80% 7% 2% 3% 3% 5% 1等当せん金の魅力を高めるため

mini BIG(ミニビッグ)

当せん金の配分割合

※配分元の金額は、発売金額の50%である。

1等 2等 3等 備考
2016年 50% 20% 30%

BIG 1000(ビッグ・せん)

当せん金の配分割合

※配分元の金額は、発売金額の50%である。

1等 2等 3等 4等 備考
2016年 60% 15% 15% 10%

100円 BIG (ひゃくえん・ビッグ)

当せん金の配分割合

※配分元の金額は、発売金額の50%である。

1等 2等 3等 4等 5等 備考
2016年 76% 10% 4% 4% 6%

また、次の形式は購入者の予想にかかわらず、各試合毎の総得点が1点以下=「1」、2点=「2」、3点=「3」、4点以上=「4」をコンピュータが自動的に選択する。(完全クイックピック方式)

MEGA BIG(メガビッグ)

当せん金の配分割合

※配分元の金額は、発売金額の50%である。

1等 2等 3等 4等 5等 6等 備考
2020年〜 70% 14% 2% 3% 5% 6%

マークシート


ランダムチャンス(シングルシートのみ)

楽当(らくあて)

会員制度


インターネット(クレジットカード)での購入

(従来の特別会員相当)

コンビニ(デビットカード)での購入

(従来のデビット会員相当)

現金での購入

(従来の一般会員相当)

当せん金(賞金)


方式 対象試合数 成立に必要な試合数
toto 13試合 9試合以上
mini toto 5試合 3試合以上
toto GOAL3 3試合 2試合以上
toto GOAL2 2試合 2試合(全試合)
BIG 14試合 10試合以上
BIG1000 11試合 8試合以上
mini BIG 9試合 6試合以上
100円 BIG 14試合 10試合以上

当せん金を受けるまでの過程

事業の推移


売上規模の予測見込の甘さにより、2006年度までは大幅に赤字を計上していたが、

等により黒字化され、2008年度には過去の損失すべてが解消された。

2004年度〜2005年度

2006年度

2007年度

2008年度

2009年度

2010年度

2011年度

2012年度

2013年度

2015年度

2016年度

2017年度

2018年度

2019年度

売上・助成金額


コマーシャル


脚注


[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ スポーツ振興くじの対象はスポーツ振興投票法第2条では「サッカーの複数の試合」と規定によりサッカーに限定されており、法24条で「サッカーチーム相互間におけるサッカーの試合を計画的かつ安定的に開催する」と規定されているが、男子プロサッカーに限定する文言にはなっていない。そのため、法律上は日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)も対象にすることが可能である。しかし、法23条で「文部科学大臣は、サッカーの試合を通じてスポーツの振興を図ることを目的とする一般社団法人を、その申請により、全国を通じて一に限り、スポーツ振興投票対象試合開催機構として指定することができる」との規定があり、既に「スポーツ振興投票の実施等に関する法律第23条第1項のスポーツ振興投票対象試合開催機構を指定する件」(平成12年3月31日文部省告示第56号)で社団法人日本プロサッカーリーグJリーグ)がスポーツ振興投票対象試合開催機構に指定されているため、スポーツ振興投票対象試合開催機構の数を増やす法改正をするか、社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)がスポーツ振興投票対象試合開催機構の指定を取り消されない限り、社団法人日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)をスポーツ振興投票の対象とすることはできない。なお、後の法改正でJリーグ以外の試合も対象とすることが可能となり、なでしこリーグの試合を対象とすることが法的には可能となっている(スポーツ振興投票の実施等に関する法律施行規則第1条の2により、「指定組織に所属する者が編成するサッカーチーム又は保有するサッカーチーム相互間において行われるサッカーの試合であること」と、海外男子サッカーのみを対象とした物であり、省令を改正しない限りはなでしこリーグは対象外のままである)。
  2. ^ 2003年コンビニ販売シェアは、toto特約店・コンビニが合算して発表されている為、公式な個別数値は未発表。ただし、公式発表データ中の販売店本部別売上シェアランキングで、5位(1位~5位にコンビニ各社はランクインしていない)のシェアが4.2%であることから、コンビニのシェアは多くとも4.2%以下と推計される。
  3. ^ 2004年toto特約店販売シェア・コンビニ販売シェアは、toto特約店・コンビニが合算して発表されている為、公式な個別数値は未発表。ただし、公式発表データ中の販売店本部別売上シェアランキングで、ローソンのシェアが6.2%・ファミリーマートのシェアが2.8%であることから、コンビニのシェアは9.0%と推計され、9.0%を減じた91.0%がtoto特約店のシェアと推計される。
  4. ^ 2005年toto特約店販売シェア・コンビニ販売シェアは、toto特約店・コンビニが合算して発表されている為、公式な個別数値は未発表。ただし、公式発表データ中の販売店本部別売上シェアランキングで、ローソンのシェアが7.2%・ファミリーマートのシェアが4.2%であることから、コンビニのシェアは11.4%と推計(その後2007年発表の資料で、2005年コンビニ販売シェアが11.4%だったと公式発表されている)され、11.4%と2.9%(ネット販売シェア)を減じた85.7%がtoto特約店のシェアと推計される。
  5. ^ 2005年インターネット販売シェア2.9%は年間シェアであり、インターネット販売開始回(180回)以降のみのシェアは、8.6%
  6. ^ 第751回の1等当せん金額は336,224,442円であった。
  7. ^ スポーツ振興投票の実施等に関する法律第8条により、BIGは100円の投票券を3枚1組で発売している。当せん金は投票券1枚(100円)あたり1円単位(BIGは3等以下10円単位)で決定されるため、加算金を含めて投票券1枚あたり3億3333万3334円を上限に設定(キャリーオーバーなし時は2億円)。したがって300円あたりの当せん金上限は10億0000万0002円になる(キャリーオーバーなし時は6億円)。
  8. ^ キャリーオーバーを考慮すると理論値はさらに高くなるが、最終的な理論値の額はキャリーオーバー額と当回売り上げ額により変動することとなる。
  9. ^ BIGは1口300円なので、当せん金は3円単位。BIG1000及びminiBIGは200円なので2円単位である

出典

  1. ^ a b バスケットボールB.LEAGUE)を対象に加える改正スポーツ振興投票法2020年12月2日成立し、2022年販売見通し。
  2. ^ 改正スポーツ振興投票法が成立:時事ドットコム (2020.12.2 時事ドットコム)
  3. ^ Bリーグもスポーツ振興くじの対象に 改正法 成立 (2020.12.2 日本放送協会
  4. ^ スポーツ振興投票の実施等に関する法律第5条の2の組織を指定する告示 ”. 2014年5月27日閲覧。
  5. ^ a b totoBIG最高15億円に!1等当選金引き上げ決定 サンケイスポーツ、2013年10月12日
  6. ^ スポーツ振興くじ(通称「サッカーくじ」)法案の提出の動向に対する会長声明 1997年(平成9年)3月28日 日本弁護士連合会
  7. ^ 「スポーツ振興くじ」(通称「サッカーくじ」)法案に対する会長声明 1998年(平成10年)3月18日 日本弁護士連合会
  8. ^ 「スポーツ振興くじ」(通称「サッカーくじ」)法成立に関する会長声明 1998年(平成10年)5月12日 日本弁護士連合会
  9. ^ サッカーくじに関する会長声明 2001(平成13年)2月13日 日本弁護士連合会
  10. ^ 諏訪益一 (1995年6月29日). “平成7年第202回定例会(第6号)本文 ”. 青森県議会議事録. 2013年8月24日閲覧。
  11. ^ “第1回スポーツ振興くじ toto(トト)の売上金額等ついて” (PDF) (プレスリリース), 日本体育・学校健康センター, (2000年11月4日), https://www.jpnsport.go.jp/sinko/Portals/0/sinko/sinko/pdf/happyou121104.pdf 2018年8月4日閲覧。 
  12. ^ “第2回スポーツ振興くじ toto(トト)の売上金額等ついて” (PDF) (プレスリリース), 日本体育・学校健康センター, (2000年11月18日), https://www.jpnsport.go.jp/sinko/Portals/0/sinko/sinko/pdf/happyou121118.pdf 2018年8月4日閲覧。 
  13. ^ “BIG、海外リーグを活用し販売を通年化へ” (PDF) (プレスリリース), 日本スポーツ振興センター, (2013年10月18日), http://www.jpnsport.go.jp/sinko/Portals/0/sinko/sinko/pdf/happyou251018.pdf 2014年5月27日閲覧。 
  14. ^ a b “スポーツ振興くじ初! 「ワールドカップ toto」 販売決定!” (PDF) (プレスリリース), 日本スポーツ振興センター, (2014年5月7日), http://www.jpnsport.go.jp/sinko/Portals/0/sinko/sinko/pdf/happyou260507.pdf 2014年5月8日閲覧。 日本代表の結果を予想!「ワールドカップ toto」31日販売開始 (スポーツニッポン2014年5月7日 5月8日閲覧)
  15. ^ “第1031回スポーツ振興くじ ご購入代金の返還について” (PDF) (プレスリリース), 独立行政法人日本スポーツ振興センター, (2018年7月30日), https://www.jpnsport.go.jp/sinko/Portals/0/sinko/sinko/pdf/happyou300730.pdf 2018年8月4日閲覧。 
  16. ^ 【くじ史上最高額 毎週12億のチャンス】MEGA BIG(メガビッグ)がまもなく登場!
  17. ^ 今年からtotoは1年中買えます!
  18. ^ イオングループとローソンのエンタテイメント分野における協業について イオン・ローソン 2012年6月8日
  19. ^ 2013年シーズン スポーツ振興くじtotoの販売について 日本スポーツ振興センター 2013年2月19日
  20. ^ 第21回は1等賞金が9759円だった。
  21. ^ toto1等最高当せん金大幅アップ 「2億円」→「5億円」 日本スポーツ振興センター 2015年2月17日
  22. ^ MEGABIGに初めて1等が誕生!当せん金は12億円で、日本くじ史上最高額!!1等当せんくじ販売場所は「東京都のくじ売り場」 ”. 独立行政法人日本スポーツ振興センタースポーツ振興事業部 (2020年12月8日). 2020年12月11日閲覧。
  23. ^ 本日6月25日(火)からtotoケータイサイトで利用可能なクレジットカードが大幅に追加! - 独立行政法人日本スポーツ振興センター
  24. ^ toto クラブタイアップ - toto 公式サイト
  25. ^ 平成18事業年度財務諸表(平成18年4月1日 0平成19年3月31日)附属明細書 . http://www.naash.go.jp/corp/pdf/18touhyou_fuzoku.pdf 
  26. ^ しんぶん赤旗 (2005). サッカーくじ 100億-300億円投資へ 直営方式導入で借金拡大 . http://www.google.com/search?q=cache:YdIoy5jn93UJ:www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-11-29/2005112901_03_2.html+%22%E5%80%9F%E9%87%91%E6%8B%A1%E5%A4%A7%22&hl=ja&ct=clnk&cd=2&gl=jp 
  27. ^ 読売新聞2005年9月29日付朝刊 「トト」154億債務隠し?検査院が訂正要求
  28. ^ 毎日新聞2006年4月19日付朝刊
  29. ^ 朝日新聞』 2007年5月27日 朝刊20面 「サッカーくじビッグ、売り上げ激減
  30. ^ 日刊スポーツ』 2007年5月27日 ビッグ売り上げ急減、前回の10分の1
  31. ^ 毎日新聞2006年9月29日
  32. ^ 株式会社みずほ銀行を幹事銀行とする18金融機関等からの長期借入金の償還(完済)について . http://naash.go.jp/sinko/Portals/0/sinko/sinko/pdf/happyou200916.pdf 
  33. ^ 【スポーツ振興くじtoto】平成20年度売上金額(速報値)のお知らせ . http://naash.go.jp/sinko/Portals/0/sinko/sinko/pdf/happyou210330.pdf 
  34. ^ 【スポーツ振興くじtoto】平成21年度売上金額のお知らせ . http://naash.go.jp/sinko/Portals/0/sinko/sinko/pdf/happyou220401.pdf 
  35. ^ 販売終了とシーズン売上金額(速報値)のお知らせ . http://naash.go.jp/sinko/Portals/0/sinko/sinko/pdf/happyou221229.pdf 
  36. ^ 【スポーツ振興くじtoto】平成23年度売上は過去5番目となる約826億円 . http://naash.go.jp/sinko/Portals/0/sinko/sinko/pdf/happyou240403.pdf 
  37. ^ 【スポーツ振興くじtoto】平成24年度の売上は、過去2番目となる約861億円 . http://www.jpnsport.go.jp/sinko/Portals/0/sinko/sinko/pdf/happyou250401.pdf 
  38. ^ 独立行政法人日本スポーツ振興センター>スポーツ振興事業部>NEWS RELEASE>「平成25年度スポーツ振興くじtoto売上が1000億円を突破」
  39. ^ スポニチ2011年2月17日

関連項目


外部リンク











カテゴリ: スポーツくじ | サッカーの文化 | 日本スポーツ振興センター




データム: 27.07.2021 06:04:26 CEST

出典: Wikipedia (著作者 [歴史表示])    ライセンスの: CC-BY-SA-3.0

変化する: すべての写真とそれらに関連するほとんどのデザイン要素が削除されました。 一部のアイコンは画像に置き換えられました。 一部のテンプレートが削除された(「記事の拡張が必要」など)か、割り当てられました(「ハットノート」など)。 スタイルクラスは削除または調和されました。
記事やカテゴリにつながらないウィキペディア固有のリンク(「レッドリンク」、「編集ページへのリンク」、「ポータルへのリンク」など)は削除されました。 すべての外部リンクには追加の画像があります。 デザインのいくつかの小さな変更に加えて、メディアコンテナ、マップ、ナビゲーションボックス、および音声バージョンが削除されました。

ご注意ください: 指定されたコンテンツは指定された時点でウィキペディアから自動的に取得されるため、手動による検証は不可能でした。 したがって、jpwiki は、取得したコンテンツの正確性と現実性を保証するものではありません。現時点で間違っている情報や表示が不正確な情報がある場合は、お気軽に お問い合わせ: Eメール.
を見てみましょう: 法的通知 & 個人情報保護方針.