スクリーン


スクリーン: projection screen)は、映写機プロジェクターから投射される映像映画など)を映し出す平面のこと。映写幕銀幕投射スクリーンともいう。映像を映し出す平面という意味から、コンピュータの表示画面をスクリーンと呼ぶこともある。

かつての映写幕は、表面に銀皮膜を塗布していたことから「銀幕」と呼ぶことがあり、そこから映画作品のことを比喩的に「銀幕」と呼び、映画作品で著名な女優ともなると「銀幕のヒロイン」などと呼び習わすようになった。

概要


スクリーン自体は、映写方法に合わせて大きく2つのタイプに分けられる。観客席の背後からスクリーンに向けて映写する場合に用いられるのが反射式の「フロントタイプスクリーン」で、別室からスクリーンの背面(裏側)に向けて映写する場合に用いられるのが透過式の「リアタイプ(リアプロジェクションともいう)スクリーン」である。

一概に映写用スクリーンといっても、の白濁した水煙に映像を投射するものから、建物の壁へと投射するもの、室内の壁、床、天井に投射するもの、専用のスクリーンでもそれぞれの特性にも拠り、様々なタイプのスクリーンが利用される。スライド映写機や家庭用8ミリ映画が一般的に使われていた時代では、家庭内で白いシーツなどを壁に貼り付けて簡易スクリーンとするなどの行為も見られたが、映画館など専門の施設や近年のホームシアターでは、より機能的なスクリーンも登場、利用されている。

派生的な用法


一方、映画館にある「観客席を備えて、映画を投射できるスクリーンを持つ部屋(講堂)」のことを「スクリーン」と呼ぶ場合もある。また、シネマコンプレックスのような複数のスクリーンを持つ映画館では、スクリーンの数を数える単位としても使われる。用例としては「あのシネコンは8スクリーンだ」となる。さらに、シネコンにおけるスクリーン数は、同時上映される映画作品の数の最大数も指しており、一度の来館で楽しめる作品数の選択肢の目安ともなる。ただし、シネコンの各々のスクリーンにおける座席数は、旧来の大ホールの映写空間を持つ劇場型映画館ほど多くないため、人気作品の上映では一つのスクリーンに観客が集中することもあり、施設全体の大きさからすると、より混雑し易い傾向がある。

関連項目











カテゴリ: 映画 | ディスプレイ技術




データム: 14.03.2021 03:56:41 CET

出典: Wikipedia (著作者 [歴史表示])    ライセンスの: CC-BY-SA-3.0

変化する: すべての写真とそれらに関連するほとんどのデザイン要素が削除されました。 一部のアイコンは画像に置き換えられました。 一部のテンプレートが削除された(「記事の拡張が必要」など)か、割り当てられました(「ハットノート」など)。 スタイルクラスは削除または調和されました。
記事やカテゴリにつながらないウィキペディア固有のリンク(「レッドリンク」、「編集ページへのリンク」、「ポータルへのリンク」など)は削除されました。 すべての外部リンクには追加の画像があります。 デザインのいくつかの小さな変更に加えて、メディアコンテナ、マップ、ナビゲーションボックス、および音声バージョンが削除されました。

ご注意ください: 指定されたコンテンツは指定された時点でウィキペディアから自動的に取得されるため、手動による検証は不可能でした。 したがって、jpwiki は、取得したコンテンツの正確性と現実性を保証するものではありません。現時点で間違っている情報や表示が不正確な情報がある場合は、お気軽に お問い合わせ: Eメール.
を見てみましょう: 法的通知 & 個人情報保護方針.