イヴァン・ブーニン - ja.LinkFang.org

イヴァン・ブーニン


Ivan Bunin
イヴァン・ブーニン
現地語名 Ива́н Алексе́евич Бу́нин
誕生 1870年10月22日
ロシア帝国ヴォロネジ
死没 1953年11月8日(83歳)
フランスパリ
国籍 ロシア
主な受賞歴 ノーベル文学賞(1933)
サイン
Ivan Bunin's voice
Ivan Bunin is reading his poem "Jericho". Recorded in 1908
ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者
受賞年:1933年
受賞部門:ノーベル文学賞
受賞理由:散文によって古典的なロシアの伝統を継承した厳格な芸術に対して

イヴァン・アレクセーエヴィチ・ブーニンロシア語: Иван Алексеевич Бунин, ラテン文字転写: Ivan Alekseevich Bunin, 1870年10月22日ユリウス暦10月10日) - 1953年11月8日)は、ロシア帝国出身の作家である。ロシア革命後、フランスへ亡命。ロシア人小説家としては初のノーベル文学賞を受賞している。

目次

経歴


ヴォロネジの地主の家に生まれる。父親の放蕩のため家は没落。17歳で詩人としてデビューののち、新聞記者、図書館司書などの職に就きながら短編小説を発表、アントン・チェーホフレフ・トルストイマクシム・ゴーリキーなどの知遇を得る。翻訳家としても評価され、ロングフェローの詩の訳により1903年プーシキン賞を受賞、1909年にアカデミー会員となる。また長編小説でも名声は高まり、1912年から1914年までカプリ島にゴーリキーを訪ねて滞在した。革命によりオデッサに二年滞在したのち、フランスへ亡命し、ロシア語で作品を書き続け、1933年ノーベル賞を受賞。第二次世界大戦中はナチスに抵抗し、ユダヤ人を自宅に匿ったという。

トルストイを尊敬し、フョードル・ドストエフスキーを評価しなかった。仏教を研究し、最古の仏典スッタニパータオルデンベルクの『ブッダ』を座右の書とした。

2014年、ニキータ・ミハルコフがその「日射病」を「サンストローク」として映画化した。

主要作品


日本語訳


外部リンク











カテゴリ: ロシアの小説家 | 19世紀の小説家 | 20世紀の小説家 | ウクライナ文学 | ノーベル文学賞受賞者 | ロシアの亡命者 | ヴォロネジ出身の人物 | ヴォロネジ県出身の人物 | 1870年生 | 1953年没




データム: 14.03.2021 05:52:12 CET

出典: Wikipedia (著作者 [歴史表示])    ライセンスの: CC-by-sa-3.0

変化する: すべての写真とそれらに関連するほとんどのデザイン要素が削除されました。 一部のアイコンは画像に置き換えられました。 一部のテンプレートが削除された(「記事の拡張が必要」など)か、割り当てられました(「ハットノート」など)。 スタイルクラスは削除または調和されました。
記事やカテゴリにつながらないウィキペディア固有のリンク(「レッドリンク」、「編集ページへのリンク」、「ポータルへのリンク」など)は削除されました。 すべての外部リンクには追加の画像があります。 デザインのいくつかの小さな変更に加えて、メディアコンテナ、マップ、ナビゲーションボックス、および音声バージョンが削除されました。

ご注意ください: 指定されたコンテンツは指定された時点でウィキペディアから自動的に取得されるため、手動による検証は不可能でした。 したがって、jpwiki は、取得したコンテンツの正確性と現実性を保証するものではありません。現時点で間違っている情報や表示が不正確な情報がある場合は、お気軽に お問い合わせ: Eメール.
を見てみましょう: 法的通知 & 個人情報保護方針.