イリヤ・エレンブルグ - ja.LinkFang.org

イリヤ・エレンブルグ


この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。 (過去の議論)
  • イリヤ・エレンブルグ
  • イリヤ・エレンブルク

イリヤ・グリゴーリエヴィチ・エレンブルグ[注釈 1]ロシア語:Илья Григорьевич Эренбург イリヤー・グリゴーリイェヴィチュ・エリンブールク1891年1月26日 - 1967年8月31日)は、ソ連作家

目次

略歴


ユダヤ人技師の子としてロシア帝国時代のウクライナキエフで生まれた。モスクワの第1中学に入学するが、1906年に15歳でボリシェヴィキの地下運動に参加し、中学から放校処分を受ける。1909年フランスに亡命して神秘主義耽美主義の影響を受ける。1917年の革命に際して帰国し、各地を放浪ののち演劇の仕事や文学の講義をしていたが、1921年に芸術派遣員として国外に去り、作品を書いてソ連邦の出版物に掲載しはじめた。

大祖国戦争においては対独宣伝活動の一端を担い、赤軍に従軍した。これについては回想録に詳しい。1941年の長編『パリ陥落』(Падение Парижа)と1947年の対独協力者アンドレイ・ウラソフ将軍を題材とした大作『嵐』(Буря)はいずれもスターリン賞を受けた。世界平和のために活動し、スターリン平和賞も受けている。

1967年、前立腺と膀胱の癌により死去。モスクワノヴォデヴィチ女子修道院の墓地に埋葬されている。墓石には友人であったパブロ・ピカソによる肖像画の複製が刻まれている。

作風


1920年代までのエレンブルグの作風はモダニズムの傾向が著しいが、ソ連で五カ年計画が始まった1930年代には国策である工業化を「肯定的に」あつかった作品が主となる。ドイツ・フランス・スペインで人生最良の時を過ごしたエレンブルグは、ソ連ではほとんど亡命者のように感じながらも、時代に順応し生きのびることに成功した[注釈 2]

スターリン批判後に書かれた『雪どけ』(Оттепель)(1954年)において、エレンブルグはスターリン時代における芸術家の悲劇を描き、のちのパステルナークソルジェニーツィンなどと同じくスターリニストたちの攻撃の的となった。1964年に発表された『回想録』[2]は、自己弁護とソ連邦の政策を正当化する傾向を免れていないとしても、20世紀ロシアの歴史に手がかりを与えた。

作品


邦訳

(「雪どけ」以外)

注釈


[脚注の使い方]
  1. ^ より原音に近いエレンブル表記を採る資料も見られるが、本項の項目名としては彼の訳書の大半における表記エレンブルグに準拠した。
  2. ^ エレンブルクの順応性について、作家のゴーリキーは「ピンハネ野郎」と形容したという[1]

脚注


  1. ^ J・アンネンコフ『同時代人の肖像 上』現代思潮社、1971年、P.62。
  2. ^ 『わが回想 人間・歳月・生活』木村浩(訳)、朝日新聞社、1969年

外部リンク











カテゴリ: 19世紀ロシアの著作家 | 20世紀ロシアの著作家 | ウクライナの著作家 | ソビエト連邦作家同盟の人物 | ソビエト連邦の小説家 | 20世紀の小説家 | スターリン平和賞受賞者 | スターリン賞受賞者 | レーニン勲章受章者 | 労働赤旗勲章受章者 | 赤星勲章受章者 | 第3回ソビエト連邦最高会議の代議員 | 第4回ソビエト連邦最高会議の代議員 | 第5回ソビエト連邦最高会議の代議員 | 第6回ソビエト連邦最高会議の代議員 | 第7回ソビエト連邦最高会議の代議員 | スペイン内戦の人物 | ユダヤ人の社会主義者 | ユダヤ人の政治家 | ユダヤ人の革命家 | ソビエト連邦のユダヤ人 | ロシア帝国のユダヤ人 | ユダヤ人の著作家 | キエフ県出身の人物 | キエフ出身の人物 | ロシアの翻訳家 | ロシア帝国からの亡命者 | オールド・ボリシェヴィキ | 前立腺癌で亡くなった人物 | 1891年生 | 1967年没




データム: 15.03.2021 03:43:39 CET

出典: Wikipedia (著作者 [歴史表示])    ライセンスの: CC-by-sa-3.0

変化する: すべての写真とそれらに関連するほとんどのデザイン要素が削除されました。 一部のアイコンは画像に置き換えられました。 一部のテンプレートが削除された(「記事の拡張が必要」など)か、割り当てられました(「ハットノート」など)。 スタイルクラスは削除または調和されました。
記事やカテゴリにつながらないウィキペディア固有のリンク(「レッドリンク」、「編集ページへのリンク」、「ポータルへのリンク」など)は削除されました。 すべての外部リンクには追加の画像があります。 デザインのいくつかの小さな変更に加えて、メディアコンテナ、マップ、ナビゲーションボックス、および音声バージョンが削除されました。

ご注意ください: 指定されたコンテンツは指定された時点でウィキペディアから自動的に取得されるため、手動による検証は不可能でした。 したがって、jpwiki は、取得したコンテンツの正確性と現実性を保証するものではありません。現時点で間違っている情報や表示が不正確な情報がある場合は、お気軽に お問い合わせ: Eメール.
を見てみましょう: 法的通知 & 個人情報保護方針.