ひたちなかインターチェンジ


ひたちなかインターチェンジ
ひたちなかインターチェンジ(料金所)
所属路線 E50 東水戸道路
IC番号 19
料金所番号 01-046(出入口)
01-047(本線)
起点からの距離 10.2 km(水戸南IC起点)
水戸大洗IC (4.7 km)
所属路線 E50 常陸那珂有料道路
料金所番号 56-047(本線)
起点からの距離 0.0 km(ひたちなかIC起点)
接続する一般道 国道245号
供用開始日 1999年7月22日
通行台数 6,875台/日(2012年度平均)[1]
所在地 311-1252
茨城県ひたちなか市部田野
テンプレートを表示

ひたちなかインターチェンジは、茨城県ひたちなか市にある、東水戸道路常陸那珂有料道路インターチェンジ (IC) である。ひたちなか市の南東部に位置している。

常陸那珂有料道路への本線料金所を併設しているため、ゴールデンウィーク国営ひたち海浜公園で野外音楽イベント「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」が開催されている際は、渋滞が発生しやすい。

なお、本線料金所および東水戸道路の出入口(東行き出口・西行き入口)ではETCが利用できるが、常陸那珂有料道路の出入口(東行き入口・西行き出口)ではETCが利用できず、自動精算機による現金か回数券での精算のみとなる。

目次

接続している道路


料金所


上り線入口

上り線出口

下り線入口

下り線出口

上り線本線

下り線本線

利用状況


通行台数(単位:台、2012年度)[1]
料金所 1日平均
ひたちなかIC 1,253,168 1,230,046 2,483,214 6,874.7
ひたちなかTB 486,964 623,038 1,110,002 3,032.8
1,740,132 1,853,084 3,593,216 9,817.5

歴史


周辺



E50 東水戸道路
(18) 水戸大洗IC - (19) ひたちなかIC
E50 常陸那珂有料道路
(19) ひたちなかIC - (20) ひたち海浜公園IC

脚注


[脚注の使い方]
  1. ^ a b 50.有料道路の交通量 ”. 統計ひたちなか. ひたちなか市企画調整課. 2014年11月5日時点のオリジナル [リンク切れ]よりアーカイブ。2014年11月5日閲覧。
  2. ^ ひたちなか本線料金所(常陸那珂有料道路・東水戸道路)でもETCがご利用できます ”. 茨城県道路公社 東日本高速道路(株)関東支社 (2007年4月11日). 2021年3月16日閲覧。

関連項目


外部リンク











カテゴリ: 日本のインターチェンジ ひ | 茨城県のインターチェンジ | ひたちなか市の交通




データム: 26.07.2021 07:13:57 CEST

出典: Wikipedia (著作者 [歴史表示])    ライセンスの: CC-BY-SA-3.0

変化する: すべての写真とそれらに関連するほとんどのデザイン要素が削除されました。 一部のアイコンは画像に置き換えられました。 一部のテンプレートが削除された(「記事の拡張が必要」など)か、割り当てられました(「ハットノート」など)。 スタイルクラスは削除または調和されました。
記事やカテゴリにつながらないウィキペディア固有のリンク(「レッドリンク」、「編集ページへのリンク」、「ポータルへのリンク」など)は削除されました。 すべての外部リンクには追加の画像があります。 デザインのいくつかの小さな変更に加えて、メディアコンテナ、マップ、ナビゲーションボックス、および音声バージョンが削除されました。

ご注意ください: 指定されたコンテンツは指定された時点でウィキペディアから自動的に取得されるため、手動による検証は不可能でした。 したがって、jpwiki は、取得したコンテンツの正確性と現実性を保証するものではありません。現時点で間違っている情報や表示が不正確な情報がある場合は、お気軽に お問い合わせ: Eメール.
を見てみましょう: 法的通知 & 個人情報保護方針.